芸能

滝藤賢一は“過剰な演技”が個性として確立した俳優、その演技を解説  

「戸愚呂兄」にキャスティングされているという滝藤

“過剰”な演技が魅力の滝藤

 滝藤賢一と広瀬アリスのW主演ドラマ『探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~』(日本テレビ系)が話題を集めている。特に滝藤の“過剰”な演技に注目しているコラムニストのペリー荻野さんがその演技について解説する。

 * * *
 名探偵の条件といえば、「推理力」、「行動力」、「分析力」、さらには事件の真相を語る「解説力」などいろいろあるが、そのキャラクターにおいては、「ちょっと過剰」なのも重要だ。

 明智小五郎は、まさかそこで老人に変装してたの?と思えるようなちょっと過剰な変装が大好きだし、金田一耕助はちょっと過剰なまでにもっさりした外見、明智・金田一と並んで日本の三大名探偵といわれる神津恭介(近藤正臣らが演じた)は、六か国語がぺらぺらでちょっと過剰なまでにスマート、平たく言えばキザである。

 そんな中、ちょっとどころかかなり過剰なのが、『探偵が早すぎる』の滝藤賢一。2000億円という巨額の遺産を相続することになった一華(広瀬アリス)を事故に見せかけて殺し、遺産を奪おうとする美津山家の四兄弟たちから守るよう依頼された探偵・千曲川(滝藤)は、どんな事件が起きるか事前に察知し、勝手に解決してしまう“史上最速の探偵”。

 第一シーズンでは毒蜘蛛を使った殺人を企てた男(マギー)の計画を阻止し、逆に男を毒蜘蛛に襲わせ、「私は事件を未然に防いだ!」と威張り散らりたりしていたが、「トリック返し!!」の声も高らかな今シーズンはさらに過剰気味。

 二話では、一華が務める化粧品会社の研究所にコネで潜り込み、なぜかお茶の水博士のような白髪ヅラに白衣、緑のジャージ姿で、フラスコで沸かしたコーヒーを堪能。ジャージ姿でさかさまにぶら下がったり、うさぎのお面をつけてローラーコースターに乗って「無視しないでぴょーん」と走り回ったり。

関連キーワード

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン