芸能

滝藤賢一は“過剰な演技”が個性として確立した俳優、その演技を解説  

「戸愚呂兄」にキャスティングされているという滝藤

“過剰”な演技が魅力の滝藤

 滝藤賢一と広瀬アリスのW主演ドラマ『探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~』(日本テレビ系)が話題を集めている。特に滝藤の“過剰”な演技に注目しているコラムニストのペリー荻野さんがその演技について解説する。

 * * *
 名探偵の条件といえば、「推理力」、「行動力」、「分析力」、さらには事件の真相を語る「解説力」などいろいろあるが、そのキャラクターにおいては、「ちょっと過剰」なのも重要だ。

 明智小五郎は、まさかそこで老人に変装してたの?と思えるようなちょっと過剰な変装が大好きだし、金田一耕助はちょっと過剰なまでにもっさりした外見、明智・金田一と並んで日本の三大名探偵といわれる神津恭介(近藤正臣らが演じた)は、六か国語がぺらぺらでちょっと過剰なまでにスマート、平たく言えばキザである。

 そんな中、ちょっとどころかかなり過剰なのが、『探偵が早すぎる』の滝藤賢一。2000億円という巨額の遺産を相続することになった一華(広瀬アリス)を事故に見せかけて殺し、遺産を奪おうとする美津山家の四兄弟たちから守るよう依頼された探偵・千曲川(滝藤)は、どんな事件が起きるか事前に察知し、勝手に解決してしまう“史上最速の探偵”。

 第一シーズンでは毒蜘蛛を使った殺人を企てた男(マギー)の計画を阻止し、逆に男を毒蜘蛛に襲わせ、「私は事件を未然に防いだ!」と威張り散らりたりしていたが、「トリック返し!!」の声も高らかな今シーズンはさらに過剰気味。

 二話では、一華が務める化粧品会社の研究所にコネで潜り込み、なぜかお茶の水博士のような白髪ヅラに白衣、緑のジャージ姿で、フラスコで沸かしたコーヒーを堪能。ジャージ姿でさかさまにぶら下がったり、うさぎのお面をつけてローラーコースターに乗って「無視しないでぴょーん」と走り回ったり。

関連キーワード

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン