芸能

滝藤賢一は“過剰な演技”が個性として確立した俳優、その演技を解説  

広瀬アリス

W主演する広瀬アリス

 四話では和装の八卦見おじさんになって虫眼鏡を振り回し、清掃スタッフおばさん姿で一華の同僚の動きをチェック。隠れたいんだか、目立ちたいんだか、いつ衣装を用意してんだよ!ともはや誰も突っ込まなくなっている。

 だが、考えてみると滝藤賢一は日本では珍しい「ちょっと過剰」が個性として確立した俳優なのである。ターニングポイントになったのは、『半沢直樹』でブレイクした翌2014年ころだ。この年、『俺のダンディズム』に初主演しおしゃれアイテムに毎回興奮。「一見、普通の財布に見えて、開けたらアリゲーター!!」などと叫びながら、両腕をパカパカとワニの口のように動かしたりした。

 同年、『ひとつ星の恋~天才漫才師横山やすしと妻』で横山やすし役を演じたときは、しゃべくり、怒り、嘆く姿があまりにそっくり!!とびっくり。その後、CMでは女装してシンクを磨きながら「あなた、シャンプーで全身洗っちゃう人?」と問いかけてきたし。私たちはずっと、ちょっと過剰な姿を見続けてきたと言える。

 そして、今、『家電侍』(BS松竹東急)では、タイムスリップしてきたタブレット端末にさまざまな最新家電を発注し、江戸の長屋で家族で使ってみる浪人・兼梨四十郎も熱演中だ。炊飯器で飯を炊いて感激し、掃除ロボットの仕事に「神のなせる技!!」と驚愕する。先日はついに妻の美顔器や防犯カメラも設置…って、いったい電源はどうしてるのか? もちろん、四十郎が発電用自転車で蓄電してます。過剰なまでにこぎまくって。

広瀬アリス

『探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~』に出演中

関連キーワード

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン