芸能

サンジャポ抜擢・TBS良原安美アナに密着「遅咲きの歩みでよかった。まだ私は蕾」

入社5年目のTBS良原安美アナに密着

入社5年目のTBS良原安美アナに密着

 日曜朝のジャーナリズム・バラエティ『サンデー・ジャポン』(TBS系)第8代アシスタントに4月から良原安美アナウンサーが抜擢された。入社5年目で初回から堂々とした進行に共演者が「面白くない」と“苦情”を漏らすほどの安定感を見せる。

「実際は緊張感で張り詰めていて、翌日くらいまで興奮状態が続いてしまうほどなんです(苦笑)。それでも落ち着いた進行と感じていただけたのは、この春まで2年間お世話になった爆笑問題さんとのラジオのおかげです。多彩なゲストを迎える4時間の生放送で度胸もつきましたし、トークスキルや進行の間の取り方など、おふたりからたくさん学びました。爆笑問題さんとの絡みでは『やめてくださいよ!』を禁句にしています。それ以上広がらなくなってしまうので。放送は必ず振り返り、“話を振られて今日はこうリアクションしたけれど、他にはどんな返しができるか”など、今後に役立つメモを書きためています」

 ニュースプレゼンターとして参加する報道番組『Nスタ』で培われた経験も、安定感に繋がっているのだろう。

「台本だけに頼らず、自分の言葉を交えてわかりやすく伝える姿勢は『Nスタ』仕込みです。もともとはエンタメ情報番組志望でしたがラブコールは届かず、1年目は本当に仕事もなくて……。焦りですごく悩みましたが、こつこつ積み重ねてきた5年目の今だからこそ、『サンジャポ』でも自分が果たせる役割があると胸を張れるようになりました。今は逆に各駅停車的な“遅咲き”の歩みでよかったなって思うんです」

 現在の開花状況は「まだまだかたい蕾」だと語る。

「この仕事が心から好きなので実力を蓄えながら開花はなるべくゆっくりと、伝え手として長い命でありたいです。置かれた場所で自分の花を咲かせ、30代を迎える頃にTBSには良原がいると安心して見られるアナウンサーになれていたら嬉しいです」

【プロフィール】
良原安美(よしはら・あみ)/1995年10月9日生まれ、神奈川県出身。立教大学卒業後、2018年にアナウンサーとしてTBS入社。紙と活字とサウナを愛し、読書とサウナ巡りが趣味。ラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』などを経て、現在の担当番組は『Nスタ』(月・火)、『サンデー・ジャポン』。

撮影/藤本和典 取材・文/渡部美也

※週刊ポスト2022年5月20日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン