スポーツ

天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】

榊原氏がインタビューに応じ、疑問に答えた

榊原氏がインタビューに応じ、疑問に答えた

 フジテレビが生中継する日本格闘技界最大のビッグマッチをめぐり、浮上したコンプライアンス問題──『週刊ポスト』2022年5月20日号の記事〈天心vs武尊の仕掛け人RIZIN代表・榊原信行氏「反社交際音声」流出トラブル〉に当事者が反論、すべての疑問に答えた。【前後編の前編】

「申し訳ない気持ち」

“世紀の一戦”を目前に、格闘技界に激震が走った。6月19日、東京ドームで開催される那須川天心と武尊の「キックボクシング頂上対決」(THE MATCH 2022)は、約5万席の前売り券が即完売、フジテレビで生中継される予定だが、そんななか実行委員を務める格闘技団体「RIZIN」代表の榊原信行氏(58)にトラブルが起きていた。

 榊原氏が知人との会話のなかで、RIZIN関係者が暴力団と交際していることを認めたとされる音声データが流出。そのデータをめぐって、X氏というジャーナリストとの間に金銭トラブルが起き、警察沙汰になっているというのだ。『週刊ポスト』2022年5月20日号でそのことを報じると、格闘技界は騒然となり、ファンからは大会の開催やテレビ中継への影響を心配する声が上がった。

『週刊ポスト』がこの件について改めて榊原氏に取材を申し込むと、インタビューに応じるという。取材はRIZINの事務所で、約2時間にわたって行なわれた。

「当初から取材には応じるつもりでした。海外から帰国したばかりで自宅待機の期間があったため、締め切りに間に合わず記事が出てしまった。見出しに『反社交際音声』とありましたが、私自身が反社会的勢力と交際している音声があるとの誤解を与えるものだと感じ、とてもショックで残念でした。

 何より、人生をかけたビッグマッチに臨もうとしている天心と武尊に迷惑をかけ、この一戦を楽しみに待っているファンの人たちにも水を差すことになってしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。しかし、私自身には反社会的勢力との交際はない。一点の曇りもないことを、この場でしっかりお話ししたい」(以下、断わりのない限り「 」内の発言は榊原氏)

 まず榊原氏に本誌が入手した音声データを聞いてもらった。データには「2020年3月」という日付が記されているが、実際にその時期の会話であるかは不明である。

 知人は会話の中で、Y氏というRIZINの関係者について、榊原氏に尋ねている。

知人「Yさんのことやけども、あの人はそもそもね、何でRIZINの名刺を持ってないんですか」

榊原氏「そういう意味で言うと、なんて言うんですか、表立って『RIZINのYです』っていうふうに動くと、やっぱりコンプライアンス的なことも含めてよろしくないっていうことは、ご本人も分かってみえるし、そういう正式なRIZINの顔としてというか、名刺を持って動く立場じゃないところで動いてもらうっていうスタンスでここまで来てます」

 こんなやり取りもあった。

知人「Y自身が例えばですよ、稲川会の○○(音声では実名)との付き合いがあるということも、榊原さん、ご存じなんでしょう?」

榊原氏「そうです、知ってます」

関連記事

トピックス

度重なる不倫が報じられてきた歌舞伎役者の中村芝翫
【凄絶不倫】中村芝翫「アンジェリーナ・ジョリー似から熊田曜子似まで」三田寛子とは全く異なる愛人のルックス「好みは妖艶タイプ」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
自転車を取り締まる警視庁の警察官(イメージ、時事通信フォト)
自転車「逆走」が招く重大事故 ドライバーには「一時停止無視のママチャリ」も恐怖
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
黄色の旗を掲げることで安否を確かめ合う「黄色い旗運動」
迷惑を最小限に抑える「理想の孤独死」を叶えるにはどうすればいいのか? 「早く見つけてもらう」ために活用すべき官民サービス、アプリなど
女性セブン