芸能

『鎌倉殿の13人』鎌倉幕府の一大ミステリー「実朝暗殺」の黒幕はどう描かれるのか

猜疑心の強いダークな部分が色濃くなってきた源頼朝(大泉洋)/(C)NHK

源頼朝(大泉洋)亡き後から様々な事件が/(C)NHK

 1月にスタートした小栗旬主演のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』は、序盤の和やかなホームドラマから一転、物語は身内で謀略が行き交う緊張の中盤にさしかかる。史実では今後、「梶原景時の変」や「実朝暗殺」など、主要キャストにさらなる重大事件が待ち受ける。激動の歴史を脚本の三谷幸喜氏はどう描くのか。

景時の失脚と襲撃

 源頼朝(大泉洋)が死去し頼朝と政子(小池栄子)の嫡男・源頼家(金子大地)が家督を継ぐと、「13人」の有力御家人による政治体制が発足する。だが、それは新たな権力闘争の始まりでもあった。その皮切りが「梶原景時の変」だ。

 頼朝の厚い信頼を受け、頼家の後ろ楯ともなっていた梶原景時(中村獅童)だが、幕府内の権力闘争で御家人たちの怒りを買ってしまう。歴史研究家の河合敦氏が語る。

「失脚した景時は京都に向かう途中で武士団に襲撃されます。ドラマのキーマンだけに、上総広常(佐藤浩市)の死を超えるような衝撃的なシーンが予想される」

 その3年後には、将軍頼家の外戚として権力を握っていた比企能員(佐藤二朗)が一族もろとも滅ぼされる「比企能員の変」が起きる。

「比企能員は時政に呼び出されて、疑いもせずにのんびり時政の屋敷に向かったところを、大勢に囲まれて殺されたとされています」(同前)

 劇中の広常は、頼朝への反乱を収め楽しそうに双六に興じる最中、景時に討ち取られた。その壮絶な最期は話題を呼んだが、三谷氏は中村獅童や佐藤二朗にどんな死にざまを準備しているのか。

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン