国内

小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”

眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)

眞子さんと小室さんの出国時にははたくさんの護衛がついた(昨年秋、撮影/JMPA)

 小室圭さんが、ニューヨーク州の司法試験に2度続けて失敗したことで、経済面での不安が囁かれている小室夫妻。さらにアメリカでは、物価が上昇を続ける急激なインフレに円安が重なり、ふたりの生活費などの負担は増えているとみられている。

 小室さんが弁護士になれば2000万円と言われた年収も、法務助手のままでは600万円程度。ここまでは眞子さんの貯金を切り崩して生活してきたものと思われるが、眞子さんの「実家」から支援があった可能性も指摘されている。

 小室さん夫婦が受けてきた支援は、皇室からの金銭的なものに留まらない。渡米前の羽田空港では、“一般人”の眞子さんを多くの警備員が取り囲んだ。空港職員に案内され「貴賓室」で過ごしたのち、ビジネスクラスに搭乗。座席は完全に横になることができるフルフラットタイプだった。運賃はふたりで片道約200万円だ。

 しかし、初めからビジネスクラスを予約していたわけではない。航空会社が気を回してエコノミークラスからアップグレードした。当然ふたりはエコノミーの運賃しか支払っていない。

 空港に降り立った際には、すでに迎えの車が待機していた。手配したのは、在ニューヨーク日本国総領事館だという。車はふたりが新生活を始めるマンションへと安全運転で送り届けた。

「総領事館はメディア対策も担いました。ニューヨークに拠点のある日本のテレビメディアとの間で、“小室さん夫婦の生活の様子などの映像を撮らない。また、海外メディアや週刊誌、個人が撮影してSNSにアップされたふたりに関する写真や映像を使用しない”という協定が結ばれました」(宮内庁関係者)

 今年4月には、秋篠宮さまと親交があった外務省の森美樹夫氏が、新たにニューヨーク総領事に着任。その前段で、秋篠宮ご夫妻は森氏を赤坂御用地に招き、面会の機会を設けられた。

「総領事館には、『小室さん夫婦担当』の職員が置かれ、生活まわりのことについて逐一相談に乗っているそうです」(皇室記者)

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン