スポーツ

照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態

5月場所9日目、翔猿を豪快にきめ出す照ノ富士。両ヒザのサポーターが痛々しい(時事通信社)

5月場所9日目、翔猿を豪快にきめ出す照ノ富士。両ヒザのサポーターが痛々しい(時事通信社)

 5月22日に千秋楽を迎えた大相撲5月場所。3場所ぶりの優勝を目指す休場明けの横綱・照ノ富士は初日、6日目、中日に金星を配給する苦しい前半戦だったものの、後半は持ち直して優勝争いに踏みとどまり、かろうじて横綱の面目を保った。1月場所で古傷のヒザを痛め万全の状態にはほど遠いものの、「一人横綱」の重圧の中で奮闘したとはいえるだろう。

 結びの土俵を務める横綱が1人だけ、しかも深刻なケガを抱える状況は相撲協会にとって悩みのタネだが、それと並ぶ頭の痛い問題がある。横綱の土俵をさばく立行司(最高位の行司)が式守伊之助だけという「一人立行司」の状況が、すでに7年を超えていることだ。相撲担当記者が語る。

「行司には最高位の立行司、それに次ぐ三役格行司から、最下位の序ノ口行司まで8階級あり、横綱の取組をさばけるのは『木村庄之助』と『式守伊之助』の立行司2人のみ。中でも庄之助が格上とされ、力士でいえば“東の正横綱”に相当します。今は庄之助が空位なので伊之助が結びと結び前の2番を務めているが、本来は庄之助が結びの一番をさばく慣例になっています」

 現在の41代式守伊之助は2019年1月場所に就任。一方の木村庄之助は37代が2015年3月場所限りで定年(65歳)退職して以降、空位のまま。これまでも定年に伴って木村庄之助が空位になったことはあったが、いずれも数場所のうちに式守伊之助が昇格していた。最高位の行司が7年以上も不在というのは「角界の異常事態」(協会関係者)といえる。

 どうしてこんな状況が続いているのか。ある若手親方が解説する。

「異例のスピード出世を遂げた先代(40代)の伊之助が庄之助に昇格するとみられていたが、2018年に若手行司へのセクシャルハラスメント問題が発覚し、3場所の謹慎後に退職。一時的に立行司が誰もいない状況になってしまい、大急ぎで41代伊之助を就任させたが、差し違えや土俵からの転落が多く、庄之助への昇格がずっと見送られてきた。

 それでも今(41代)の伊之助もあと2年で定年を迎える。今秋には理事会の審査を経て38代庄之助への昇格を認める方向のようだ。同じタイミングで三役格行司の誰かを42代伊之助に据えるのではないか」

 37代木村庄之助を務め、7年前に退職した畠山三郎氏(72)は「長きにわたる庄之助の不在」をどう考えているのだろうか。

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン