高級ブランドをさらりと合わせる明石家さんま

高級ブランドをさらりと合わせる明石家さんま(2020年)

 地元である京都でも大阪でも活動できなくなった小禄は、1996年、母親の生家のある岐阜県に移り住んだ。岐阜市内にスナックを開き、再びイベント会社を設立したが、やることは変わらなかった。

「2006年には地元の知人10人以上から約1億5000万円を借り、行方をくらましていました。ここでも“さんまの元相方だ”“北島三郎にツテがある”と言葉巧みに口説いていたそうです」(前出・芸能関係者)

 転落人生を送る小禄とは裏腹に、その間、さんまは『男女7人夏物語』(1986年・TBS系)などのトレンディードラマに主演し、俳優としても一世を風靡。『さんまのからくりTV』(1992年・TBS系)や『恋のから騒ぎ』(1994年・日本テレビ系)などのMC番組をスタートした。さんまはかつて「60才くらいで引退する」と宣言したこともあったが、盛衰の激しい芸能界で、66才になったいまも第一線に立っている。

警察が出勤した「夫婦げんか」

 最近まで小禄は、岐阜市内の住宅街にあるマンションで暮らしていたという。近隣住民が語る。

「60代ぐらいの奥さんらしき女性とのふたり暮らしでした。小柄で白髪交じりの短髪で、眼鏡をかけてニコニコしているおじいさん。会うと“仕事が忙しいんだよ”と言っていましたね」

“多忙”な小禄が外出する際には、女性はベランダから手を振っていたこともあった。

「去年末ぐらいに、パトカーが来て、おまわりさんもゾロゾロと集まったことがあったんです。おまわりさんに聞いたら“夫婦げんかです”と。その一件以来、おじいさんの姿は見かけなくなりました」(近隣住民)

 関西から逃げ、逃げた先で受け入れてくれた女性からも逃げたのか──その約半年後の5月、姿を消していた小禄は名古屋で御用となった。45年前に同じステージに立ち、さんまがいまの地位を築くきっかけを作った小禄。しかし2人は、天国と地獄に続く、まったく正反対の道を歩んだ。かつての相方へ、さんまはどう“ツッコむ”のだろうか。

※女性セブン2022年6月9日号

芸能界でも指折りのおしゃれという明石家さんま(2020年)

芸能界でも指折りのおしゃれという明石家さんま(2020年)

カジュアルにまとめ小脇にはゴヤールのポーチが(2020年)

カジュアルにまとめ小脇にはゴヤールのポーチが(2020年)

マツコ・デラックスとはあつい信頼関係がある明石家さんま

マツコ・デラックスとはあつい信頼関係がある明石家さんま(2020年)

さんまを挟んでなにやら話し込む3人【その2】(2020年)

さんまを挟んでなにやら話し込む今田耕司、岡村隆史(2020年)

さんまを挟んでなにやら話し込む3人(2020年)

さんまを挟んでなにやら話し込む3人(2020年)

車に乗り込むさんまを見送る今田と岡村(2020年)

車に乗り込むさんまを見送る今田と岡村(2020年)

「アローン」じゃない夜にご機嫌の様子。(左から今田、さんま、岡村)(2020年)

「アローン」じゃない夜にご機嫌の様子。(左から今田、さんま、岡村)(2020年)

(2020年)

路上で話し込む(2020年)

関連記事

トピックス

4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
利益率80%超の「オンラインパーティー」を開催していた小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
【小泉進次郎氏の“オンラインパーティー”集金術】法令のスキマをフル活用して利益1200万円 専門家は「新たな抜け道になる」と懸念
週刊ポスト
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
大谷翔平の肩がメロンのようにデカい
【ドジャース大谷翔平の筋肉トレーニング】思わず目に入る、弾けそうな“メロン肩”
女性セブン
(番組公式Xより)
『不適切にもほどがある!』での話題の河合優実、その確かな実力と経験 「朝ドラヒロイン」待望論も
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
NEWSポストセブン