国内

小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か

小室圭さんが投資家になりビザ取得をする可能性は

小室圭さんが投資家になりビザ取得をする可能性が浮上

 昨年11月、秋篠宮家長女の眞子さんと共にニューヨークに渡った小室圭さん。2度にわたってニューヨーク州の司法試験に失敗するも、現地の法律事務所への勤務は続けている。しかし、小室さんに、どうしても一時帰国しなければならない事情ができたようだ──いま、米ニューヨークの日本人コミュニティーでは、そんな話題がもちあがっている。

 現在、夫婦が暮らすニューヨークは未曽有のインフレに襲われ、物価は上がる一方だ。昨年11月に海を渡った夫婦の新生活のスタートは何かと物入りだったことだろう。ニューヨークで留学生活をしていた小室さんに対して、少なくとも眞子さんは、季節が一回りする間は生活に必要なものを買いそろえていかなければならない。眞子さんにとって初めてのニューヨークの夏が間近に迫り、夫婦の懐への影響は小さくない。

「法律事務所に法務助手として勤務する小室さんの収入だけでは、もともと物価の高いニューヨークで生活するのには心許ない。加えて、最近のインフレです。夫婦は眞子さんの貯金を取り崩しながら生活しているようです」(皇室記者)

 小室さんが2度目の司法試験に落ちてから1か月。最大の懸案はビザの問題だ。

「現在、小室さんは学生ビザの延長措置の『OPTプログラム』を利用して、眞子さんはその配偶者ビザで滞在しているとみられています。しかし、小室さんのビザは早ければ5月中にも失効する。そうなれば、強制帰国の憂き目にあうことは免れません」(前出・皇室記者)

 冒頭の“事情”とは、「ビザ切れ強制帰国」を避けるためのもののようだ。

「小室さんは、通称『投資家ビザ』と呼ばれるビザを取得しようとしているそうです。申請はオンラインでできますが、取得には面接というハードルがある。そのために一時帰国しなければならないのです」(外務省関係者)

 帰国の際には、小室さんは「気鋭の若手投資家」になっているかもしれない──。

眞子さんの就労問題も一挙に解決

 前述したように、小室さんは現在、法務助手として勤務し家計を支えている。

「最近では、法律事務所のホームページに公表された、アメリカの証券取引に関する文書の共同執筆者になるなど、活躍の場を広げています」(別の皇室記者)

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン