ライフ

江本孟紀氏、弘兼憲史氏、大和田伸也氏が述懐する団塊あるある「1クラスは50人以上」

団塊の世代では、1クラス50人以上は当たり前だった(写真/共同通信社)

団塊の世代では、1クラス50人以上は当たり前だった(写真/共同通信社)

 1947~1949年生まれの団塊の世代が、「後期高齢者」となる。社会保障費の負担増などを懸念する声が多いが、“当事者”はどう捉えているのか。今年、75歳を迎える江本孟紀氏(野球解説者)、弘兼憲史氏(漫画家)、大和田伸也氏(俳優)の3人が集い、若き日によくあった「団塊の世代」ならではのトークを展開する──。【全3回2回目。第1回から読む

 * * *
江本:僕は(がんの摘出手術で)胃と脾臓がないのに、なぜかモノを食べられる。手術後にようやく普通の人の2倍くらいの食事量に減ったんです。もともと人の何倍食ってたんだと(苦笑)。

大和田:僕らの世代は“食いしん坊”が多いですよね。常に人が多くて、とにかくしっかり食べておく習性が身についた。

弘兼:小学校の時、何クラスありました?

大和田:校舎を建て増しして7クラスから一気に15クラスに増えました。1クラスは50人以上。地元は福井県敦賀市で、当時の人口が5万人くらいでしたが、学校では教室にすし詰めですよ。

弘兼:僕は山口の岩国で、50人8クラスでしたね。どこ行っても競争。覚えてます? 大学受験の時に私大は軒並み倍率30倍ですよ。先生が“現役で入らないと来年はもっと受験生がいるぞ。死ぬ気でやれ”と言われて、必死で現役合格しました。江本さんはプロになるまで、凄い競争ですよね?

江本:高知商業は16クラスあって、1クラス58人でした。それでも野球部はひとつだし、監督も1人。何かを教わる機会なんてないので、とにかく隣の奴に勝つしかない。

──皆さんは高校まで地方で、大学から上京したという点も共通項です。

大和田:東京に出て最初に住んだのが田無。田んぼのそばに新築のアパートがズラッと並んでいましたね。どの部屋も2畳で、全部埋まっていた。

弘兼:地方から来た学生は3畳1間が多かったですよね。2畳は狭いな。

江本:僕は野球部の合宿所で6畳1間に4人でした。“牢名主”の4年生がいて、布団がびっちり。メシは老夫婦が作ってくれるんですが、最高のご馳走の時でさえ、薄い薄いカツフライが1枚だけ。

弘兼:いわゆる紙カツだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン