芸能

深田恭子、激ヤセからメリハリ美ボディが復活 破局危機乗り越え本格女優復帰へ

今年はスケボーに挑戦したい、とも

今年はスケボーに挑戦したい、とも

 7月上旬、東京の繁華街に、白×ブルーのボーダーワンピースを着た美女の姿があった。厚底サンダルと右手にさげたエルメスのミニバッグは白で統一されており、夏らしい爽やかな装いだ。サラサラのロングヘアをふわりと揺らし、ノースリーブから引き締まった両腕をのぞかせていたのは、深田恭子(39才)だった。

 最近の彼女は、メディアでも“美ボディー”を披露することが続いている。5月下旬から放映されている「キリン 午後の紅茶」のCMではタンクトップ姿でトレーニングをしているほか、6月16日から全国放映されている「横浜ゴム」のCMでも、白いワンピースから程よく引き締まったふくらはぎを披露している。アラフォーとは思えない美貌をつくっているものの1つが、30代に入ってから始めたサーフィンだ。

「サーフィンで体幹が鍛えられたそうです。波に揉まれながら必死に泳いでいると素の自分になれるそうで、『前世はイルカだったのかも』と笑っていました」(芸能関係者)

 人気トレーナー・樫木裕実氏のパーソナルトレーニングも体づくりに欠かせない。

「樫木さんは寺島しのぶさんや仲間由紀恵さんをはじめ、数多くの芸能人を担当するカリスマトレーナーです。深田さんは彼女に、次の仕事の内容を伝え、役を演じるために必要な体をつくるメニューを考えてもらうのだとか」(ファッション誌編集者)

 深田は激ヤセが心配された時期もあった。2021年5月に適応障害による活動休止を発表。その後、9月2日に青いドレス姿で活動再開を報告したが、顔まわりや体全体が以前よりもほっそりとし、多くのファンが体調を心配したのだ。さらに、復帰後のテレビ出演でも、全快とは言いがたい姿を見せた。

「昨年10月に放送された『2021 FNS歌謡祭 秋』(フジテレビ系)に出演した際、頬がこけてずいぶんほっそりした印象でした。健康的な美しさが深田さんのトレードマークだっただけに、あのやせ細った姿は衝撃的で……。しゃべり方も、ろれつが回っていないようで、『復帰して大丈夫なのか?』と心配する関係者も多かった」(テレビ局関係者)

 激ヤセの裏には、彼女が人知れず抱えていた悩みがあったという。

「恭子ちゃんは本当に真面目な性格で、“ザ・仕事人間”なんです。忙しすぎて心身のバランスを崩し休養したのですが、休養して仕事がない状態がかえって彼女を追いつめたようです。食欲がない日が続き、体形が変わったと誰の目にもわかるほどやせてしまいました」(深田の知人)

 休養中には、仕事とは別の悩みも加わった。交際開始から約3年半になる不動産会社「シーラホールディングス」会長の杉本宏之氏(45才)との関係についてだ。

「恭子ちゃんが適応障害で倒れてから、杉本さんは身の回りの世話をするなど、献身的に彼女を支えていました。でも、彼の仕事が急に忙しくなり、一緒に過ごせる時間が減ってしまった。それも、彼女の不安につながったのでしょう」(前出・深田の知人)

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン