国内

小室眞子さん、秋篠宮さまと断絶状態 紀子さまの誕生日コメントで露わになった深い溝

ひとりで買い物に出かけることも多い眞子さん(写真は6月。ABACAPRESS/時事通信フォト)

ひとりで買い物に出かけることも多い眞子さん(写真は6月。ABACAPRESS/時事通信フォト)

「親の心子知らず」というように、親の愛情や苦労は子供に通じにくく、子供は勝手なふるまいをするものである。紀子さまは9月11日、ご自身の誕生日に際して文書を発表された。長女・眞子さんと小室圭さんの結婚について問われた紀子さまは、《二人で力を合わせ、健康にも気をつけて、新しい生活を心穏やかに送れるように心から願っております。二人の幸せを祈っております》と回答された。

 だが、ニューヨークで暮らす小室さん夫婦は「心穏やか」とは言いがたい状況に置かれている。渡米当初はほとんど外出しなかった眞子さんだが、1年が経とうとしているいま、ニューヨークの街角でたびたび目撃されるようになった。

「海外メディアや現地のYouTuberらからはいまもその一挙手一投足が注目されています。“日本の皇族”は、それほど神秘的な存在と捉えられているのでしょう。眞子さんは日中にひとりで出かけることが多いようで、たとえば、日本における成城石井のような位置づけの、さまざまなオーガニック食品が揃っている高級スーパーでの買い物などが報じられました」(在米ジャーナリスト)

 だが、ひとりでの外出には不安がつきまとう。ふたりのマンションの周辺は治安が悪く、8月31日、28才男性と33才女性がナイフで相次いで刺される事件が発生。犯人は、眞子さんの通うスーパーに近い施設に住んでいたという。

 仕事においても決して心穏やかな状況にない。眞子さんは“無給のボランティア”として「メトロポリタン美術館(MET)」で働く。今年2月、METのウェブサイト上で、日本人画家の作品の解説文書を《Mako Komuro》の署名入りで執筆したことが話題になった。しかし、現地の美術関係者によると「肝心の作品がMETの展示室から消えた」という。

「眞子さんの解説文書と、展示室の解説文書の内容がまるで異なっていることが問題視されたようです」(前出・現地の美術関係者)

 昨年の誕生日会見で秋篠宮さまは、小室さんを「夫の方」と表現され、ついにその名前を呼ばれることはなかった。自分の父と夫が“険悪”ならば、その2人を取りもつのは妻の役割だろうが、眞子さんもまた、秋篠宮さまとは断絶状態であるという。

「眞子さんは、結婚をめぐって秋篠宮ご夫妻と対立し、ついにはご両親とコミュニケーションを取ることすら難しい状況になったそうです。関係が改善しないまま渡米したため、いまも没交渉だといいます」(宮内庁関係者)

関連記事

トピックス

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)
ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
MVP受賞を称える夕食会での大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、身につけるものから伝わるこだわりや信念 フォーマルファッション、愛犬の服など“私物のお値段”
週刊ポスト
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン