安倍政権下では有識者会議の座長を務め、政権運営の一助となった(写真は2016年/共同通信社)

安倍政権下では有識者会議の座長を務めたことも(写真は2016年/共同通信社)

 渡辺氏が入院するのは病棟の高層階にある1泊7万円超の特別室。入室にはカードキーが必要で、主室に加え台所や応接室、テレビ、冷蔵庫、トイレにシャワーまで完備する。

 入院患者には食材を厳選した専用メニューや老舗の和菓子が振る舞われ、病室の窓からは都心の夜景を一望できる。

「芸能人や政財界の大物が入る部屋で、医療だけでなく食事や就寝など生活面のサービスが充実しています。渡辺さんの入院費用はすでに1000万円近いと聞く。

 昨今は新型コロナの感染拡大で面会が制限されているので、渡辺さんに会いに来る方も限られていた。だからこそ、入院の事実が漏れなかった部分もあります」(前出・病院関係者)

 年齢を感じさせない矍鑠ぶりを見せてきた渡辺氏だが、振り返れば数々の病気と闘ってきた。

 1998年に前立腺がんの摘出手術を受け、2014年には自宅で酔って転倒し、腕を骨折して1か月ほど入院した。

 健康不安説がピークに達したのは2018年8月。全国紙政治部記者が語る。

「2014年と同じく、自宅で酒を飲んで転び、頸椎の一部を骨折しました。この時は都内大学病院のICU(集中治療室)に担ぎ込まれ、一時的に回復したものの、容態が急変して再度ICUに入った。幸い脊髄に損傷はなく、1か月ほどで復帰しましたが、一時は死亡説まで流れて訃報の予定稿を準備したメディアもあったほどです」

 同年12月、渡辺氏は巨人の原辰徳監督の野球殿堂入りを祝う会に出席し、入院後初めて公の場に現われた。

 新型コロナの感染拡大が始まった2020年4月には読売新聞社の入社式で登壇し、新入社員に向けてタンカを切った。

「経営があまり安定していない社もありますが(中略)あなた方は読売新聞に入った以上、一生苦労はしません!」

 病に倒れるたびに不死鳥のごとく復活した渡辺氏。既往症に加え、90代後半での入院生活はどう体に影響するか。

 くぼたクリニック松戸五香の窪田徹矢医師が解説する。

「90を超えて自立歩行ができなくなると、足腰の筋肉が一層弱まり、廃用症候群といって寝たきりになるケースもある。特に骨折した部位は高齢になるほどフレイル(虚弱状態)になりやすい」

後編に続く

※週刊ポスト2022年9月30日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン