国内

岸田奈美さん×倉本美香さん「私たちが、障害を持つ家族について語る理由」

岸田奈美さんと母・ひろ実さんと弟・良太さん。©︎narika.k

岸田奈美さんと母・ひろ実さんと弟・良太さん。©︎narika.k

■「車いすユーザーの母がボルボを運転する話」を世界に紹介

 車いすユーザーの母、ダウン症で知的障害のある弟、認知症の祖母との日常を、ユーモアたっぷりの筆致で愛情をこめて綴った作品が大人気の作家・岸田奈美さん。

 2020年12月にnoteで配信した「全財産を使って外車買ったら、えらいことになった」では、本の印税で亡父の愛車だったボルボを買い、さまざまな困難に直面しながら関係者の協力を得て、車いすユーザーの母のため改造を達成した顛末を赤裸々に綴っている。その記事は約100万人に読まれ大きな反響を呼んだ。

―― その記事を英語ほか10言語に訳し、全世界に配信したのが、目と鼻(鼻梁)がない重度の障害を持つ長女・千璃(せり)さんをニューヨークで育てている倉本美香さん。千璃さんを育てていく体験を綴った書籍『未完の贈り物 娘には目も鼻もありません』は大きな感動を呼び、このたび新作ミュージカル化もされ、東京と大阪で上演される。

 ニューヨーク在住の倉本美香さんと京都在住の岸田奈美さん、それぞれアプローチは違っても、障害をもつ家族のことを愛し伝えていく熱量に近いものを感じる。どんな縁で翻訳へとつながっていったのか、お互いについて感じること、そしてご家族について、オンライン対談で伺った。

* * * * *

■「『岸田さんのお母さん、中国ですごいことになってるよ』って」(岸田さん)

―― そもそもなぜ岸田さんは、「全財産を使って外車買ったら、えらいことになった」というnoteを英訳したいと思ったのだろうか。

岸田(以下敬称略):きっかけは、「全財産を使って外車買ったら、えらいことになった」がバズった後にアップされた、母がボルボを運転するYouTube動画です。この動画は日本だけでなく、世界一周するぐらい、世界各国でバズったんですよ。

 最初は中国で、次がタイ、ミャンマーと東アジアから広まって、アメリカとかヨーロッパまで。たまたま中国のSNSをやっている人から、「中国のSNSで岸田さんのお母さんすごいことなってるよ」って教えてもらって。ちょっと見せてもらったら、「手だけで運転してるなんてすごい!」という反応がとても多かったんです。

 最初は、「手だけでも運転できることが、意外に知られていないんだな」くらいに思っていたんですが、さらにミャンマーの人の反応が異常なまでにすごかったんですよ。みんなが「ありえない」って驚愕していた。

 なぜかというと、私もミャンマーに行ったことがあるんですけど、宗教的に「障害のある人は前世で悪いことをした人」だっていう考え方があって、一部、日本よりも障害者差別がひどい認識をお持ちの方もいらっしゃるんですね。そういうお国柄だから「まさか障害のある人が車を運転しているなんて」と、衝撃だったらしくて。

■「あの動画が、私の生きる希望です」

岸田:その時、ミャンマーから届いたメッセージの中に、「もう絶望したまま生きていくしかないと思っていたんだけど、まさか障害のある人が車を運転できる国があるとも思わなかった」と。さらに、一緒に映っていた障害者の弟が、普通に幸せそうに暮らしている光景にも驚いたそうです。

「自殺しなくてよかった。あの動画が私の生きる希望です」というメッセージをいただいた時、「動画の元になったあのnoteを世界に発信したら、『生きていてよかった』って思える人がもっとたくさん増えるんじゃないか」って思ったんですよ。ところが私が英語が壊滅的に苦手なので(笑い)、ツイッターで「翻訳のできる人」を募集したんです。

――岸田さんのツイッターのフォロワー数は、15.8万人(*2022年9月現在)。当時、この募集には、120人以上もの応募があったという。その中の一人が、重い障害を持つ長女・千璃ちゃんと3人の子供を育てつつ、語学アカデミーの設立準備を進めていた倉本さんだった。

倉本美香さんと長女・千璃さん。2020年春、千璃さんの寮を訪れた時。

倉本美香さんと長女・千璃さん。2020年春、千璃さんの寮を訪れた時。

ニューヨーク州北部にあるスペシャルスクールに通う千璃さん。

ニューヨーク州北部にあるスペシャルスクールに通う千璃さん。

 倉本さんはなぜ、岸田さんのnoteの英訳を申し出たのだろうか。また、なぜ岸田さんは、倉本さんからのDMの申し出を見て即決したのか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
閣僚のスキャンダルが続く岸田政権(時事通信フォト)
閣僚辞任ドミノの岸田政権、第1次安倍政権末期に酷似「年内か、来年1月まで」の声も
週刊ポスト
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 「年金寿命」を30年延ばす秘策ほか
「週刊ポスト」本日発売! 「年金寿命」を30年延ばす秘策ほか
NEWSポストセブン