国内

五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係

特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)

特捜部の事情聴取を受けたという竹田恒和前JOC会長(時事通信フォト)

 止まることを知らない五輪汚職事件。いったい東京地検特捜部が目指す“本丸”はどこなのか。新たな大物の名前が浮上した。ノンフィクション作家・森功氏がレポートする。(文中敬称略)

 * * *
 森喜朗(85)に加え、日本オリンピック委員会(JOC)前会長の竹田恒和(74)が、東京地検特捜部の任意聴取を受けていたという。特捜部に逮捕された大会組織委員会元理事の高橋治之(78)の受託収賄容疑に関しては、すでに贈賄側としてAOKIとKADOKAWAの2ルートが摘発された。うちKADOKAWAルートについては、9月27日が最初の元専務芳原世幸と五輪担当室長だった馬庭教二の勾留期限であり、捜査はそこでいったん節目を迎える。つまり、ここから特捜部の捜査は次のステージへと向かう。

 特捜部のさらなるターゲットは2つの広告代理店ルートだとされる。一つは高橋が1400万円を手にしてきた中堅の「大広」ルート、そして電通、博報堂に次ぐ3番手の大手「ADKホールディングス」(旧アサツーディ・ケイ)ルートである。捜査関係者がこう指摘する。

「大広は大阪発祥なので、大阪地検特捜部で調べが進んでいるようです。この先捜査が広がりそうなのは、むしろADKルートでしょう。こちらにはJOCの竹田前会長や政界の大物の影がずい分ちらつきますからね」

 旧皇族である竹田と高橋の交友は、改めて紹介するまでもない。高橋、竹田ともに兄弟そろって慶大卒の坊ちゃん育ちだ。高橋にとって竹田は4歳下の後輩にあたり、竹田の実兄は慶大法学部の同級生である。

 高橋兄弟をよく知る元労相の山口敏夫は、高橋治之のことを「ハチ」、弟の治則(元イ・アイ・イ・インターナショナル社長。故人)を「ノリ」と呼んできた。山口に尋ねてもハチの由来は判然としないが、親しい友人たちは治之をハチではなく「タコ」とアダ名してきた。友人の一人はこう笑った。

「顔が何となくタコに似ているからだと思いますが、ハチはタコの足から来ているのかも」

 高橋の古い友人であるJOC前会長の竹田は、今も日本馬術連盟の副会長だ。今回の五輪汚職では、連盟が選手強化費として高橋経由でAOKIマネーの数千万円を受けていることが早くから明るみに出た。さらにここへ来て、駐車場経営の「パーク24」の大会スポンサー契約が注目されている。それがADKルートだ。

 パーク24は総監督の吉田秀彦率いる柔道部が活躍し、竹田自身、会社の社外取締役になっている。東京五輪では高橋の古巣である電通がほとんどのスポンサー契約の窓口となってきたが、ことパーク24のスポンサー契約に関しては高橋がADKを使うよう、電通や組織委にねじ込んだという。

 ADKは高橋に対してひと月50万円のコンサルタント料を支払ってきた。それが贈賄にあたるかどうか。結果、組織委から手数料として3500万円を得たADKは、特捜部の家宅捜索を受けている。

 旧皇族の竹田と元電通の高橋、さらに元首相にして五輪大会組織委員会会長の森を加えた3者は、切っても切れない関係がある。それだけに特捜部が関心を示すのは無理もないのである。

関連キーワード

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
イノシシと格闘した秦野市役所の岩田雅弘氏
凶暴イノシシと戦った秦野市役所・課長代理が激白 「槍」で突いて駆除するまで
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン