芸能

町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々

熱愛が発覚した玄理と町田啓太

熱愛が発覚した玄理と町田啓太

「劇団EXILE」のメンバーで俳優の町田啓太(32)の初ロマンスを9月29日の『女性セブン』が報じた。お相手は年上女優・玄理(ヒョンリ・35)。日本語、韓国語、英語を操るトライリンガルの国際派女優として知られるが、実は町田ファンの間ではかねて“うわさ”になっていた人物でもある。

 2人は2017年公開の町田主演の映画『終着の場所』で初共演し、翌2018年のドラマ『女子的生活』(NHK)で2度目の共演。その後、交際に発展したという。同誌は9月中旬、2人が俳優仲間とともに東京・銀座の割烹料理店で食事を楽しむ姿をキャッチ。2人が寄り添って歩く仲睦まじい姿や、仲間たちと別れてから一緒にタクシーに乗り込む場面もとらえている。また、町田が抱いていたトイプードルを別の日に玄理が散歩させている写真からは、2人が同棲している様子もうかがえる。

「今回の写真でファンの間で話題となっているのは、町田さんがタンクトップ姿でトイプードルを抱いて歩く写真。鍛え上げられた腕で小さな愛犬を抱くミスマッチ感から『かわいい』と評判ですが、それだけではなく、注目されているのは町田さんが被っている帽子です。以前、同じ帽子を被った玄理さんの写真が、レギュラーを務めるラジオ番組のSNSにアップされていたんです」(芸能関係者)

 “一致”はそれだけではなかった。

「実は2人の交際はかねてファンの間でうわさになっていました。町田さんが出演する番組で着ていた服や帽子と同じものを玄理さんが身につけた写真や、同じステッカーの貼られたスマホケースを持って撮影した写真もSNSなどにアップされていました。そうした写真が相次いで見つかっていたので、ファンは『もしや』と。

 玄理さんは交際相手のものを身に着けて幸せを感じるタイプなのかもしれませんが、町田さんのファンからすると、モヤモヤする出来事だったのかもしれません」(同前)

 しかし、町田と玄理の“お揃い写真”が発覚したのは数年前のこと。今回、あらためて2人の交際報道が出たことに、町田ファンの心境にも変化があったようだ。

「写真を知った当初は、『単なる偶然であってほしい』と祈るような気持ちでいっぱいでした。玄理さんのことは町田さん出演のドラマで共演していた女優さんとしてしか知りませんでした。でも、今回の報道では、年上の玄理さんが町田さんを支えてきたといいますし、長くまじめに交際してきたんだとわかってスッキリしたところはあります」(町田ファンの女性)

 ネット上でも祝福するファンの声は少なくない。ファンも2人の幸せと今後の活躍に期待しているようだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン