芸能

弘中綾香アナ、結婚相手は「大阪出身のコテコテの関西弁を話す人」、新しい名字も局内にメールで報告

結婚を発表したばかりの弘中綾香アナ

結婚を発表したばかりの弘中綾香アナ

 テレビ朝日の弘中綾香アナウンサー(31)が9月30日、局を通じて、一般男性との結婚を発表した。

「私ごとで大変恐縮ですが、先日かねてよりお付き合いしていた方と結婚いたしました。今後も変わらず仕事は続けていく予定です。突然のご報告となりましたが、温かく見守ってくださいますと幸いです」とコメントしている。10月3日放送の『激レアさんを連れてきた。』であらためて報告するという。

 弘中アナは慶應義塾大学を卒業後、2013年4月にテレビ朝日に入社。バラエティの分野で活躍しており、『激レアさんを連れてきた。』や『あざとくて何が悪いの?』などにレギュラー出演するほか、冠番組『ノブナカなんなん?』も抱えている。オリコンが発表する「好きな女性アナウンサーランキング」を3連覇中で、押しも押されもせぬテレビ朝日のエースアナだ。

 それだけに弘中アナの恋愛事情は、かねてより注目されてきた。

「2018年6月に人気ロックバンド『ONE OK ROCK』のギタリスト兼リーダーであるToru(33)との熱愛が週刊文春に報じられましたが、まもなく破局したようです。それから弘中アナは番組でも『彼氏は今いない』と語っていました。

 しかし、昨年2月にテレビ朝日が配信した動画内で、オードリーの若林正恭(44)から『今いないの? 本当に好きな人』『誰と付き合ってんの?』と聞かれたとき、弘中アナは『なんでこんなカメラの前で言わなきゃいけないんですか』と笑顔でツッコミ。恋人の存在自体は否定せず、ネット上で『これはお相手がいる反応だ』と話題になっていました」(芸能記者)

 弘中アナのハートを射止めた男性の詳細については明かされていないが、結婚を発表するにあたって、彼女は局内にメールを送っていたという。

「新しい名字も含めて結婚の挨拶をメールで報告していました。お相手は『大阪出身のコテコテの関西弁を話すとにかく明るい人』と書いてありました。

 弘中アナもよく笑う方ですし、『お互い未熟ではありますが、何事も笑って乗り越えられるんじゃないかと期待しています』というメールにあった言葉通りの結婚生活を送るんじゃないかと思います」(テレビ朝日関係者)

 局内への結婚報告メールの最後には「結婚の発表にあたりまして、皆さんにご迷惑をおかけするようなこともあるかもしれませんが、何卒よろしくお願いします。 弘中綾香」と周囲へ気遣いをした上で、「○○になります…」(実際には新しい名字)を記した弘中アナ。

 お幸せに!

関連キーワード

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
芸能界にもギャラ飲みを活発に行う女子たちがいるという(写真はイメージ/AFLO)
国民的アイドルOBやグラドルも参加 国税が「ギャラ飲みにメス」で震える芸能人たち
NEWSポストセブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
保育園園長を刑事告発した裾野市の村田悠市長(時事通信フォト)
《園児虐待で3人逮捕》土下座の保育園園長は地元の名家出身 母親は「関係ありません」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
なぜ選手個人のアカウントに批判コメントを投稿するのか(写真前列左から2人目が吉田選手。Getty Images)
森保一監督、選手に求めた自己犠牲の精神 主張の強い海外組をまとめた「交際術」
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン