国際情報

生涯前向きだったエリザベス女王 際立つ思考の柔軟性、周囲の意見も取り入れた

コロナ禍でも「また会いましょう」と希望の言葉で国民を励ましていた(写真/Getty Image)

コロナ禍でも「また会いましょう」と希望の言葉で国民を励ましていた(写真/Getty Image)

9月19日に国葬が行われ、イギリスのみならず全世界がその死を悼んだエリザベス女王(享年96)。歴史と伝統を誇るイギリスの女王としての重責は、想像もつかないほど大きかったはずだ。そして英国王室には、女王ひとりの努力では解決できないスキャンダルも山積していた。フィリップ殿下は何度も浮気が噂されたが、女王は寛容な姿勢を崩さなかった。英王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子さんが語る。

「元軍人のプライドを捨て、妻より一歩下がって歩かなければならない立場にあるフィリップ殿下の心情を酌み、女王は浮気を詮索しませんでした。夫に支えられ、助けられてきたからこそ、夫の大切さを認識していたのでしょう。昨年、フィリップ殿下が亡くなると女王はひどく落ち込んだといいます」(多賀さん)

高齢者の医療に詳しい精神科医の和田秀樹さんは、夫婦問題に対する女王の姿勢を支持する。

「一時的には怒ることもあるでしょうが、終わった後は気にしない性格ではないでしょうか。『夫はこうあるべし』『妻はこうあるべし』といった考え方は、自分にも他人にも厳しく接するから人間関係が悪化しやすい。特に日本人は『かくあるべし』とガチガチに考え、自分も他人も苦しくする傾向があります。枠にとらわれず、かつ根に持たない緩さや甘さがあった方が生きやすいと思います」(和田さん)

プレッシャーやストレスに対して、ユーモアと笑顔で「乗り越える」こともあれば、時にはしなやかに「スルーする」こともあったわけだ。

伝統ある王室が最大の危機を迎えたのが1992年だ。同年3月にアンドルー王子が妻と別居し、翌月にアン王女が離婚した。6月にはチャールズ国王と故ダイアナ元妃の関係が冷え切り、カミラ王妃との不倫に走ったことなどが赤裸々に綴られた書籍『ダイアナ妃の真実』の抄録公開が始まった。あまりに衝撃的な内容に国民の多くはチャールズ国王を厳しく批判し、王室に逆風が吹き荒れた。

追い打ちをかけるかのように、11月20日にウィンザー城で漏電による火災が発生し、大きな被害が出た。折しもその日は、女王夫妻の結婚45周年だった。4日後、ロンドン市長主催の晩餐会でエリザベス女王はこうスピーチした。

「1992年は純粋な喜びとともに思い出せる年ではなく、“ひどい年”(「アナス・ホリビリス」というラテン語表現)でした」

関連記事

トピックス

岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン