国際情報

生涯前向きだったエリザベス女王 際立つ思考の柔軟性、周囲の意見も取り入れた

コロナ禍でも「また会いましょう」と希望の言葉で国民を励ましていた(写真/Getty Image)

コロナ禍でも「また会いましょう」と希望の言葉で国民を励ましていた(写真/Getty Image)

9月19日に国葬が行われ、イギリスのみならず全世界がその死を悼んだエリザベス女王(享年96)。歴史と伝統を誇るイギリスの女王としての重責は、想像もつかないほど大きかったはずだ。そして英国王室には、女王ひとりの努力では解決できないスキャンダルも山積していた。フィリップ殿下は何度も浮気が噂されたが、女王は寛容な姿勢を崩さなかった。英王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子さんが語る。

「元軍人のプライドを捨て、妻より一歩下がって歩かなければならない立場にあるフィリップ殿下の心情を酌み、女王は浮気を詮索しませんでした。夫に支えられ、助けられてきたからこそ、夫の大切さを認識していたのでしょう。昨年、フィリップ殿下が亡くなると女王はひどく落ち込んだといいます」(多賀さん)

高齢者の医療に詳しい精神科医の和田秀樹さんは、夫婦問題に対する女王の姿勢を支持する。

「一時的には怒ることもあるでしょうが、終わった後は気にしない性格ではないでしょうか。『夫はこうあるべし』『妻はこうあるべし』といった考え方は、自分にも他人にも厳しく接するから人間関係が悪化しやすい。特に日本人は『かくあるべし』とガチガチに考え、自分も他人も苦しくする傾向があります。枠にとらわれず、かつ根に持たない緩さや甘さがあった方が生きやすいと思います」(和田さん)

プレッシャーやストレスに対して、ユーモアと笑顔で「乗り越える」こともあれば、時にはしなやかに「スルーする」こともあったわけだ。

伝統ある王室が最大の危機を迎えたのが1992年だ。同年3月にアンドルー王子が妻と別居し、翌月にアン王女が離婚した。6月にはチャールズ国王と故ダイアナ元妃の関係が冷え切り、カミラ王妃との不倫に走ったことなどが赤裸々に綴られた書籍『ダイアナ妃の真実』の抄録公開が始まった。あまりに衝撃的な内容に国民の多くはチャールズ国王を厳しく批判し、王室に逆風が吹き荒れた。

追い打ちをかけるかのように、11月20日にウィンザー城で漏電による火災が発生し、大きな被害が出た。折しもその日は、女王夫妻の結婚45周年だった。4日後、ロンドン市長主催の晩餐会でエリザベス女王はこうスピーチした。

「1992年は純粋な喜びとともに思い出せる年ではなく、“ひどい年”(「アナス・ホリビリス」というラテン語表現)でした」

関連記事

トピックス

中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
別居を認めたMEGUMI
《離婚後の大活躍》MEGUMI、「ちゃんとした女優になる」を実現!「禁断愛に溺れる不倫妻」から「恐妻」まで多彩な“妻”を演じるカメレオンぶり
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン