国内

12月に「第7波ピーク超え」も…年末年始は旅行はOKなのか? 専門家の見解

旅行の前にインフルエンザワクチンを早めに打っておいた方がいい

旅行の前にインフルエンザワクチンを早めに打っておいた方がいい

 街がクリスマスシーズンのイルミネーションで彩られ、あっという間に冬がやって来た。すでに年末年始の予定を立てている人も多いだろう。しかし、新型コロナウイルスの感染者数が増え、またもや不穏な空気が漂い始めてきた。冬の予定をどうするべきか──専門家らによる最終結論。

 感染者が増え始め、「第8波」の入り口に入ったとされる新型コロナウイルス。政府からは「対策強化宣言」という新しい言葉も飛び出すなど、警戒感が高まっている。国際未病ケア医学研究センター長の一石英一郎さんが説明する。

「『対策強化宣言』とは、第7波と同程度かそれを上回る感染状況になった場合に、都道府県が住民に対して感染リスクの高い場所への外出や、大人数での会食などの自粛を求められるようにするものです。厚生労働省はこのままいくと12月までに第7波のピークを超えると予想しています」

 予防策として加藤勝信厚労相はワクチン接種を盛んにすすめているが、オミクロン株対応ワクチンの接種率は全人口のわずか6%台に過ぎない。

「接種疲れもあり、若い世代を中心に、症状が軽いからかかってもいいと考えている人が多い可能性があります」(一石さん)

 感染者が増えるなか、ワクチン接種が進まないことに不安を募らせる人もいる。

「周りの人にも、警戒心が薄れている人が多い。このままでは年末年始にかけて、ひどい状況になるのではないかと心配です。年末に家族で旅行の計画を立てているのですが、キャンセルした方がいいのでしょうか……」(都内在住・40代の主婦)

 海外に目を転じると、多くの国ではとっくに日常生活を取り戻している。現在、新型コロナの感染状況が国内で話題になっているのは中国やノルウェー、オーストラリアくらいのもの。日本同様に感染が増え始めているお隣の韓国では、マスクの屋外着用は自由だ。

 日本へ旅行に来ている外国人からは「なぜ、日本人はまだマスクをしているの?」「周りに人がいない公園でマスクをしている人がいたことに驚いた」という声が上がっている。医療ガバナンス研究所理事長で、内科医の上昌広さんが言う。

「マスクはそもそも予防効果が2割程度しかないことが、臨床研究で明らかになっています。少なくとも屋外ではつける必要はない」

 それでもマスクをつけ続けるように、日本ではまだコロナ対策に世間の目は厳しく、感染拡大による自粛傾向も残る。前出の女性のように、年末年始の旅行や帰省に悩む人も多い。実のところ、この年末年始はどうすべきなのか。上さんは、旅行や帰省をしてもかまわないと言う。

「オミクロン株はそれほど怖くありません。弱毒化していて、感染しても症状は軽い。一方、感染力は強いので感染者数は増えると思われますが、持病のある高齢者以外はあまり気にする必要はないでしょう。高齢者はともかく、若年者は感染しても重症化しにくいので、重症化予防目的のワクチンを打たなくてもいいでしょう」(上さん)

 一方で気になるのはオミクロン株に続いて海外で拡大している、「グリフォン」「ケルベロス」という新変異株だ。

関連記事

トピックス

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)
ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
MVP受賞を称える夕食会での大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、身につけるものから伝わるこだわりや信念 フォーマルファッション、愛犬の服など“私物のお値段”
週刊ポスト
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン