国内

12月に「第7波ピーク超え」も…年末年始は旅行はOKなのか? 専門家の見解

旅行の前にインフルエンザワクチンを早めに打っておいた方がいい

旅行の前にインフルエンザワクチンを早めに打っておいた方がいい

 街がクリスマスシーズンのイルミネーションで彩られ、あっという間に冬がやって来た。すでに年末年始の予定を立てている人も多いだろう。しかし、新型コロナウイルスの感染者数が増え、またもや不穏な空気が漂い始めてきた。冬の予定をどうするべきか──専門家らによる最終結論。

 感染者が増え始め、「第8波」の入り口に入ったとされる新型コロナウイルス。政府からは「対策強化宣言」という新しい言葉も飛び出すなど、警戒感が高まっている。国際未病ケア医学研究センター長の一石英一郎さんが説明する。

「『対策強化宣言』とは、第7波と同程度かそれを上回る感染状況になった場合に、都道府県が住民に対して感染リスクの高い場所への外出や、大人数での会食などの自粛を求められるようにするものです。厚生労働省はこのままいくと12月までに第7波のピークを超えると予想しています」

 予防策として加藤勝信厚労相はワクチン接種を盛んにすすめているが、オミクロン株対応ワクチンの接種率は全人口のわずか6%台に過ぎない。

「接種疲れもあり、若い世代を中心に、症状が軽いからかかってもいいと考えている人が多い可能性があります」(一石さん)

 感染者が増えるなか、ワクチン接種が進まないことに不安を募らせる人もいる。

「周りの人にも、警戒心が薄れている人が多い。このままでは年末年始にかけて、ひどい状況になるのではないかと心配です。年末に家族で旅行の計画を立てているのですが、キャンセルした方がいいのでしょうか……」(都内在住・40代の主婦)

 海外に目を転じると、多くの国ではとっくに日常生活を取り戻している。現在、新型コロナの感染状況が国内で話題になっているのは中国やノルウェー、オーストラリアくらいのもの。日本同様に感染が増え始めているお隣の韓国では、マスクの屋外着用は自由だ。

 日本へ旅行に来ている外国人からは「なぜ、日本人はまだマスクをしているの?」「周りに人がいない公園でマスクをしている人がいたことに驚いた」という声が上がっている。医療ガバナンス研究所理事長で、内科医の上昌広さんが言う。

「マスクはそもそも予防効果が2割程度しかないことが、臨床研究で明らかになっています。少なくとも屋外ではつける必要はない」

 それでもマスクをつけ続けるように、日本ではまだコロナ対策に世間の目は厳しく、感染拡大による自粛傾向も残る。前出の女性のように、年末年始の旅行や帰省に悩む人も多い。実のところ、この年末年始はどうすべきなのか。上さんは、旅行や帰省をしてもかまわないと言う。

「オミクロン株はそれほど怖くありません。弱毒化していて、感染しても症状は軽い。一方、感染力は強いので感染者数は増えると思われますが、持病のある高齢者以外はあまり気にする必要はないでしょう。高齢者はともかく、若年者は感染しても重症化しにくいので、重症化予防目的のワクチンを打たなくてもいいでしょう」(上さん)

 一方で気になるのはオミクロン株に続いて海外で拡大している、「グリフォン」「ケルベロス」という新変異株だ。

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト