今年3月、「日常を取り戻す」とコロナ禍からの出口戦略に意欲的だった岸田首相だが、あまり変化はない(時事通信フォト)

今年3月、「日常を取り戻す」とコロナ禍からの出口戦略に意欲的だった岸田首相だが、あまり変化はない(時事通信フォト)

「グリフォン(XBB系統)はアジアを中心に、ケルベロス(BQ.1.1)は欧米で感染が拡大しています。2つのウイルスの共通点は、『免疫回避』、つまりワクチンが効かない可能性があるということ。それだけ感染力は強いといえますが、致死率や重症化率が高くなるという報告はありません」(一石さん)

 上さんも、この2種はオミクロン株の派生のため、さほど恐れる必要はないと話す。どうやら「グリフォン」「ケルベロス」が日本にまん延したとしても、深刻な状況を招く可能性は低そうだ。

 新たな安心材料もある。横浜市立大学附属病院化学療法センターの研究チームの分析によると、新型コロナによる感染者の致死率はパンデミック当初に比べて30分の1以下に低下したというのだ。具体的には、2020年冬から2022年夏にかけて、全世界での新型コロナ致死率は96.8%も低下。日本での致死率は98.4%低下し、季節性インフルエンザの致死率に近づいている。

インフルエンザワクチンを打っておけば大丈夫

 ただし、別の懸念がある。今夏に南半球のオーストラリアでインフルエンザが大流行したことから、今冬には日本でコロナとインフルエンザのW流行が起こる可能性が指摘されている。そうなれば、コロナとインフルエンザに「同時感染」する恐れもある。

 実際に同時感染した40代男性によると、最初、体の冷えを感じて震えが止まらなくなり、やがて発熱。熱は最高で39.8℃に達したそうだ。先に体調を崩していた妻と小学生の子供とともにPCR検査を受けたところ、全員が新型コロナ「陽性」だった。しかし、家族のうち、男性だけがインフルエンザにも同時感染していた。ほかの2人はすでにインフルエンザワクチンを接種済みだったが、男性はまだ接種していなかったのだ。

 一般的に使える新型コロナの治療薬はまだなかったため、男性はインフルエンザ薬の「タミフル」を処方された。インフルエンザの流行は例年12月後半から1月にかけて起こる。同時感染を避けるためには、やはり年末年始の旅行や帰省は自粛する方がいいのか──上さんはこう話す。

「同じ北半球のアメリカでインフルエンザが流行し始めているので、日本でも感染者が増える可能性はあります。その場合、インフルエンザは過去2年間流行していないので、大流行を起こすかもしれない。

 インフルエンザワクチンはコロナワクチンと同じで、重症化予防効果は長期間続き、感染予防効果は短期間しかもたない。ただ、インフルエンザは5類感染症なので隔離措置はありません。重症化を防げればいいので、早めに打っておくことをおすすめします。とはいえ、大流行するかもしれないからといって、旅行を自粛するまでではありません」

 インフルエンザワクチンを打っておけば、同時流行をさほど恐れることはない。そもそもコロナ禍前は、インフルエンザが流行っていても、年末年始に帰省や旅行を自粛する人は少なかった。

「不安を感じる人や、帰省先で高齢者に会う予定のある人は、いまのうちにオミクロン株対応ワクチンとインフルエンザワクチンを打っておくといい。旅行前にPCR検査で陰性を確認しておくのもひとつの方法です」(一石さん)

 コロナ禍で迎える3回目の年末年始は、ただ自粛するだけとは違う、“シン・ウィズコロナ”になりそうだ。

※女性セブン2022年12月1日号

関連記事

トピックス

大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
華々しい復帰を飾った石原さとみ
【俳優活動再開】石原さとみ 大学生から“肌荒れした母親”まで、映画&連ドラ復帰作で見せた“激しい振り幅”
週刊ポスト
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
学歴詐称疑惑が再燃し、苦境に立つ小池百合子・東京都知事(写真左/時事通信フォト)
小池百合子・東京都知事、学歴詐称問題再燃も馬耳東風 国政復帰を念頭に“小池政治塾”2期生を募集し準備に余念なし
週刊ポスト
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
ホワイトのロングドレスで初めて明治神宮を参拝された(4月、東京・渋谷区。写真/JMPA)
宮内庁インスタグラムがもたらす愛子さまと悠仁さまの“分断” 「いいね」の数が人気投票化、女性天皇を巡る議論に影響も
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン