スポーツ

《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場

村上宗隆の母校・九州学院で…

村上宗隆の母校・九州学院で…

 春夏合わせて15回の甲子園出場を誇り、今夏の甲子園でベスト8になった九州学院(熊本)。史上最年少三冠王を獲得したヤクルト村上宗隆の母校として知られ、現在は弟・慶太が4番でチームを牽引。甲子園を沸かせた。

 この名門校で野球部員による未成年飲酒が複数回起きていたことが分かった。同校関係者が語る。

「1回目は6月12日夜、野球部員が近くの公園で飲酒し、寮で酔いつぶれた状態で発見されました。寮の階段には吐瀉物があったといいます。寮監が問いただすと、飲み掛けのウイスキーボトルを提出し、飲酒が発覚しました。翌日に職員会議が行なわれましたが、この野球部員は処分が確定する前に保護者の希望で転校することになりました」

 学校はそのことを公表することはなくその後も野球部は活動を続け、夏の甲子園に出場、ベスト8に輝く。

 ところがその後、甲子園から間もない9月5日の深夜に2回目の飲酒騒動が起きた。寮の一室から騒ぎ声が響いていたという。

「寮監が部屋の扉を開けると、寮生5人が酒を部屋に持ち込んで酒盛りをしていた。3人は剣道部で、1人は夏の甲子園に出場した野球部員でした」(前出・学校関係者)

 本誌・週刊ポストはこの酒盛りの写真を入手した。短パン、Tシャツ姿で丸刈りの5人がカメラ目線でポーズを決めている。左から2番目で缶酎ハイを片手にしているのが甲子園に出場した野球部員だ。机にはつまみでも食べたのか、割り箸が散乱している。

 5人が思い出として撮影したであろう未成年飲酒の証拠写真は生徒たちの間で拡散されてしまう。

「参加した1人が間違えて、全く関係ない生徒に送ってしまったことで、多くの生徒が知ることになった。寮監はこのことを『口外しないように』と生徒たちに伝えたそうです。村上(慶太)君は今回の騒動とは無関係ですが、この件についてはもちろん知っていて、心を痛めているそうです」(同前)

 学校はここでも野球部員による飲酒を公表することなく野球部は国体に出場。現在は新チームが始動している。

 高校野球の部員による不祥事には、厳しい判断が下されてきた。最近では今年8月、春夏11回甲子園に出場している酒田南高で複数の野球部員が寮で喫煙していたことが分かり、秋の山形県大会を辞退した。11月15日には今夏甲子園に出場した埼玉・聖望学園で複数の野球部員が寮で飲酒と喫煙をしていたことが発覚。日本学生野球協会から1か月の対外試合禁止が下されている。一部の部員が起こしたとはいえチーム全体で責任を取るのが通例だ。

 九州学院に話を聞くと、2件の野球部員による飲酒は熊本県高野連に報告し、いずれも「事案判明日から1か月以内に開催される公式戦の出場禁止が出されました」とのこと。学校は9月に飲酒した5人に謹慎処分を科したという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
大の里にとって思わぬ難敵?(左は河村たかし市長/時事通信フォト)
先場所Vの大の里、名古屋場所で苦しいスタート 関係者が同情する“河村たかし市長と相撲を取った力士は優勝できない”のジンクス
週刊ポスト
最初にペンライト文化を広めた西城秀樹さん
「ペンライト文化は韓国発祥」BTS事務所の主張で論争 専門家は「最初に広めたのは西城秀樹さん」、“ゴンドラ”“観客と同じ振り付け”も秀樹さんの功績
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
性的暴行の疑いで逮捕された佐野海舟(インスタグラムより)
「面識のない女性を3対1で…」性的暴行で逮捕・佐野海舟容疑者「社会を知らない」と危惧していた父…直前に「プライベートも楽しむ」“意味深”投稿
NEWSポストセブン
深沢の唯一のレギュラー番組は『噂の!東京マガジン』のみ
《本人を直撃》深沢邦之“ホテルデート”のお相手は元妻・田中美佐子の“20年来のファン女性”だった!ブログのコメント欄で深めていた“親密な関係”
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン