芸能

アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否

アントニオ猪木さん

アントニオ猪木さんの四十九日法要が行われ、親族のいさかいも

 プロレスのリング上のみならず、アントニオ猪木さん(享年79)は最後まで病魔と熱闘を続けた。そんな猪木さんが亡くなってから2か月──猪木さんの遺骨をめぐる“場外乱闘”が始まっていた。

 秋晴れの空が広がった11月24日、神奈川県横浜市にある曹洞宗の大本山・總持寺では、黒いスーツに身を包んだ屈強な男性が何十人も立ち並んでいた。その日、10月1日に他界したアントニオ猪木さんの四十九日法要が行われた。参列したのは、坂口征二(80才)や藤波辰爾(68才)を筆頭に、日本のプロレス界のスターばかり総勢55人。「燃える闘魂」の愛称で親しまれた猪木さんとの別れ──しかし、法要の場に肝心の“ご遺骨”はなかった。

「四十九日法要と同時に納骨を行うのが一般的ですが、この日は法要のみでした。その背景には、親族による遺骨をめぐる確執があるのです」(スポーツ紙記者)

 猪木さんは2019年に全身の臓器に障害を引き起こす厚労省指定の難病「全身性アミロイドーシス」を発症した。

「全身の筋肉がしびれるなどして衰弱し、最後は歩くことも難しい状態でした。それでも、YouTubeなどを通じて闘病中の姿を発信し続け、人々を勇気づけました」(前出・スポーツ紙記者)

 YouTubeチャンネルに、青森県十和田市にある蔦温泉を訪れる動画がアップされたのは今年5月のことだった。旅の目的は「アントニオ猪木家の墓」の建立式を執り行うこと。2019年に亡くなった妻・田鶴子さん(享年62)の遺骨を携えての長旅だった。

「蔦温泉は猪木さん夫婦が愛した思い出の場所です。懇意にしていた温泉宿のオーナーを通じて墓の建立を依頼した。墓の傍らにはふたりが子供のように大切にしていた、亡き愛犬も寄り添うように眠っています」(温泉の関係者)

 青森へは、東京から車で向かった。新幹線や飛行機を使わなかったのは、点滴につながれ、横たわりながらの移動を余儀なくされたためだ。

「墓の建立式は、猪木さんが亡くなる半年前のことでした。最初は万が一のことを考えて反対した人もいましたが、猪木さんの決意は固く、周囲は意を酌んでサポート体制をつくった。皆で車椅子を担いで山道をのぼりました」(猪木家の知人)

 赤いマフラーが巻かれた墓石には猪木さん直筆の「道」という文字が刻まれている。「猪木家の墓」に手を合わせに訪れるファンは絶えないが、猪木さんの遺骨は、この場所にもまた納められてはいない。

 遺骨は現在、はるか海の向こうのアメリカにあるという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト