スポーツ

「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった

本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)

本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)

 サッカーW杯カタール大会では、インターネットテレビ局『ABEMA』での本田圭佑氏の解説が大きな話題を呼んでいる。これまでサッカー日本代表戦の名物解説者と言えば、“絶叫解説”でお馴染みの松木安太郎氏を思い浮かべる人も多かっただろうが、11月27日、日本のグループリーグ2試合目のコスタリカ戦では、本田氏がABEMAで、松木氏がテレビ朝日系列でそれぞれ解説を担当し、夢の“直接対決”が実現している。

 松木安太郎研究家でライターの岡野誠氏は、「日本が初のベスト8をかけるクロアチア戦の前に、あの対決を振り返っておかなければならない」と力を込める。はたして岡野氏が、本田氏と松木氏の場面別の絶叫回数を解析した末に見えてきたものは──。

 * * *
 今大会、本田圭佑氏の解説に痺れている。彼は相手のシステム変更などピッチの現状を瞬時に察知して、改善点や打開策を提案する。指摘があまりに的確で、サッカーの面白さや魅力を余すことなく伝えている。そんな論理的な説明をする一方で、本田氏は「ファールやろ!」「PK!」と感情を剥き出しにする場面もある。

 このバランスが視聴者を惹き付けているのだろう。ならば、絶叫型の解説者として名高い松木安太郎氏と比較した場合、本田氏はどのくらい叫んでいるのか。

 コスタリカ戦で、お互いが感情的になったシーンを振り返ってみよう。

「ファール!」と叫んだ回数を検証

 まずは、2人が「ファール!」と叫んだ回数からだ。
(以下、分数は中継の画面表示。小声の場合は除く。ファールアピールが成功は○、失敗は×、既に判定済み、日本のファールへの異議は―)

■松木氏:4回
後半50分 「ファール!ファール!ファール!」
→ ― 右サイドで伊東純也が倒される。審判が笛を吹いた後に3回連呼

後半50分 「おう!ファール!」
→ × 右サイドで伊東純也が倒れるも、審判は笛吹かず。

■本田氏:7回
後半15分 「きた!きた!ファール!ファール!ファールやろ!」
→ ○ 遠藤航がペナルティエリア前で倒される。

後半34分 「ファールやろ!」
→ × 三笘薫が右サイドで倒れるも笛はならず。直後にも「いやいやいや。ファールや」と言っているが、小声なのでノーカウント。

後半48分 「何?ファールちゃうやろ」
→ ― エリア内で相手と競った三笘がファールを取られ、異議を申し立てた。

後半50分 「ファール、ファール!おしよしよし!」
→ ― 右サイドで伊東純也が倒される。審判が笛を吹いた後に2回連呼

 意外にも松木氏のほうが少ない。ファールアピールと成功回数を挙げると松木氏は1回中0回、本田氏は2回中1回になる。後半36分に先制ゴールを許した後、互いに「ファール!」と叫ぶ回数が一気に増加した。2人の合計11回のうち、6回は後半アディショナルタイムに記録されている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト