スポーツ

九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白

土俵上で波乱が続いた九州場所だが、土俵下にも注目が集まった

土俵上で波乱が続いた九州場所だが、土俵下にも注目が集まった

 巴戦を制して阿炎が初優勝した大相撲九州場所。向正面の控え行司のすぐ右隣に座る「着物美人」が15日間皆勤したことがネットで話題となった。ネット上での注目はどんどん高まり、着物美人の周囲に座る人たちにも注目は波及した。

 そうしたなかで話題になっていたのが、12日目に着物美人の隣に“溜席の妖精”が座っていたという話だった。本誌・週刊ポストでも夢の“共演”が実現し話題となったことを報じていた。「溜席の妖精」とは一昨年の11月場所の溜席で背筋をピンと伸ばした白いドレス姿がネット上で話題になった女性のことで、今場所もNHKの大相撲中継では真っ白のドレスに白マスクの女性が着物美人の隣に座っている様子が映されていた。

 ところが、この白いドレスの女性について、「溜席の妖精ではないんですよ」という情報が寄せられた。改めて取材していくと、福岡・中洲でよく知られたニューハーフショーパブ「ギャグマンペントハウス」のスタッフのひとりである「つばささん」なのだという。改めて、つばささん本人に九州場所の12日目に溜席に座っていたかを確認してみたところ、「向正面の最前列に座らせていただきました」との答えだった。以下、ご本人とのやり取りだ。

――本誌の記事では申し訳ないことに「溜席の妖精」と間違えてしまいました。
「NHKの相撲中継を見た知人からも“桟敷美人と呼ばれる人がいるけど、似ていますね”って言われました」

――(白のドレスなどの服装は「溜席の妖精」を)意識されていたとか?
「いいえ。私は普段からあんな感じの雰囲気なので……」

――背筋をピンと伸ばしているところもそっくりでした。
「一番前だったのできちんと観戦しようと思って背筋を伸ばしていました」

――服装も似ていました。
「そうらしいですね。そういうつもりでなかったんですよ」

――ショーでモノマネされると聞きましたが、ギャグのようなことなのかと。
「とんでもないです。普段通りです」

――このインタビューをもとに、訂正記事を書こうかと思っています。
「恐れ入ります」

 たしかに、当日の溜席に座っていた人からは「溜席の妖精が周りから声を掛けられた時の返答がしゃがれ声だったと思う」という話も聞いていたが、まさかニューハーフショーパブの方とは思いも寄らないことだった。

 千秋楽も着物美人の斜め後方に白いドレス姿の観客が映っていたが、つばささんは「千秋楽は行っていない」とのこと。協会関係者はこう言う。

「よく映像を見ると、千秋楽の白いドレスの人も溜席の妖精とは拍手のやり方が違っているから別の方ですね。溜席の妖精が低い位置で小さく拍手するのに対し、千秋楽の白いドレスにマスク姿の女性は顔の前で大きなアクションで拍手をしていた。一方のつばささんは低い位置で拍手をしていたので、かなり似ているようには見えた。溜席には白いドレスにマスク姿の方が何人もいる。それは裏方の間でも話題になっているようです」

 土俵下の様子も、注意深く見なくてはならないということだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
今年の共通テスト。大学受験のためには中学受験をすべきか、高校受験がよいのか。受験事情に詳しい藤沢氏に聞いた(時事通信フォト)
かつて学歴否定派だった藤沢数希氏 1000万円かけて私立中高一貫校に通わせる効果を解説
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
東京電力も家庭向け電気料金値上げを申請(時事通信フォト)
電気代とガス代の高騰はもはや「恐怖」の水準 これで値上げが終わりなわけでもない
NEWSポストセブン