芸能

木村拓哉、山崎静代、川口春奈、川島明…山田美保子さんが選んだ「2022年の顔」

2022年に活躍したタレントたち

2022年に活躍したタレントたち

 いよいよ2022年も大詰め。今年はどんな芸能人たちが話題になったのか。コラムニストで放送作家の山田美保子さんが振り返る。

 * * *

「2人で力を合わせて生きていきます!!」という返事が!

「ウィズコロナ時代」なる新型コロナウイルスとの共存・共生が示されてはや3年。生活様式や戦略などに多かれ少なかれ変革がもたらされたものの、それでも2022年後半は徐々に世の中が動き出した感もありました。そんな中、“主役”として輝かれたかたを表彰させていただきます。

 まず木村拓哉サン(50才)に「話題賞」を差し上げたいと思います。記憶に新しい『ぎふ信長まつり』。2023年1月27日公開の主演映画『THE LEGEND & BUTTERFLY』のPRを兼ねて木村サンが訪れた場所はすべて“聖地”となり、直筆サインを残したラーメン店『麺食 香楽』は、その後も多くの来店客で大賑わい。さらには、「織田ちん」ポチ袋や「善休寺」(各務原市)の掲示板に貼られた「俺はキムタクになれないがキムタクも俺にはなれない」なる法語もSNSで拡散されました。

 実は木村サン、三重県津市内にある専修寺の「安楽庵」や「雲幽園」でも撮影を行ったそうで、新たな“聖地”になると津市はおおいに期待。年をまたいで話題は尽きそうにありません。

 そして、木村サンを支持する層よりも下の「Z世代」で話題を独占したのは、なかやまきんに君(44才)。なんと6月までで17社ものCMに出演し、関連イベントも毎週のようにあるので、ワイドショースタッフの中には、2022年初頭から「なかやまきんに君がキテる」と、このブームを予想していらしたかたも少なくありません。ワンパターンでもあるし、「新語・流行語大賞」にノミネートされた芸人さんの末路(!)はこれまでたくさん見てきたものですが、ブームはまだまだ続きそうな気配。世の中、本当にわからないものです。

「新語・流行語〜」には間に合わなかったものの、「ブラボー」の長友佑都選手(36才)と「防衛大臣」の権田修一選手(33才)は、アスリート部門の「話題賞」ですね。千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手(21才)や、東京ヤクルトスワローズの「村神様」こと村上宗隆選手(22才)には申し訳ないのですが、“女性ウケ”はサッカー日本代表選手の方が上と言っていいでしょう。

「熱愛・結婚」部門の「話題賞」は、南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代サン(43才)に差し上げたいと思います。お相手の佐藤達サン(47才)を「佐藤健」と“空目”したかたが大勢いらしたそうですが、まさに私もそんなひとり。ネットニュースの項目を見て飛び起きてしまいました。

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン