芸能

木村拓哉、山崎静代、川口春奈、川島明…山田美保子さんが選んだ「2022年の顔」

2022年に活躍したタレントたち

2022年に活躍したタレントたち

 いよいよ2022年も大詰め。今年はどんな芸能人たちが話題になったのか。コラムニストで放送作家の山田美保子さんが振り返る。

 * * *

「2人で力を合わせて生きていきます!!」という返事が!

「ウィズコロナ時代」なる新型コロナウイルスとの共存・共生が示されてはや3年。生活様式や戦略などに多かれ少なかれ変革がもたらされたものの、それでも2022年後半は徐々に世の中が動き出した感もありました。そんな中、“主役”として輝かれたかたを表彰させていただきます。

 まず木村拓哉サン(50才)に「話題賞」を差し上げたいと思います。記憶に新しい『ぎふ信長まつり』。2023年1月27日公開の主演映画『THE LEGEND & BUTTERFLY』のPRを兼ねて木村サンが訪れた場所はすべて“聖地”となり、直筆サインを残したラーメン店『麺食 香楽』は、その後も多くの来店客で大賑わい。さらには、「織田ちん」ポチ袋や「善休寺」(各務原市)の掲示板に貼られた「俺はキムタクになれないがキムタクも俺にはなれない」なる法語もSNSで拡散されました。

 実は木村サン、三重県津市内にある専修寺の「安楽庵」や「雲幽園」でも撮影を行ったそうで、新たな“聖地”になると津市はおおいに期待。年をまたいで話題は尽きそうにありません。

 そして、木村サンを支持する層よりも下の「Z世代」で話題を独占したのは、なかやまきんに君(44才)。なんと6月までで17社ものCMに出演し、関連イベントも毎週のようにあるので、ワイドショースタッフの中には、2022年初頭から「なかやまきんに君がキテる」と、このブームを予想していらしたかたも少なくありません。ワンパターンでもあるし、「新語・流行語大賞」にノミネートされた芸人さんの末路(!)はこれまでたくさん見てきたものですが、ブームはまだまだ続きそうな気配。世の中、本当にわからないものです。

「新語・流行語〜」には間に合わなかったものの、「ブラボー」の長友佑都選手(36才)と「防衛大臣」の権田修一選手(33才)は、アスリート部門の「話題賞」ですね。千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手(21才)や、東京ヤクルトスワローズの「村神様」こと村上宗隆選手(22才)には申し訳ないのですが、“女性ウケ”はサッカー日本代表選手の方が上と言っていいでしょう。

「熱愛・結婚」部門の「話題賞」は、南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代サン(43才)に差し上げたいと思います。お相手の佐藤達サン(47才)を「佐藤健」と“空目”したかたが大勢いらしたそうですが、まさに私もそんなひとり。ネットニュースの項目を見て飛び起きてしまいました。

関連記事

トピックス

問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
『THE BET』でMCを務める池田美優と麒麟・川島明(番組公式サイトより)
《相次いで放送》ついに幼稚園でも開催、“かくれんぼ”番組はなぜ支持を集めるのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン