国内

後藤田正純氏、繰り返すSNSナンパ 女性が明かす「初対面で呼び捨て」「帰りに5000円」の一部始終

後藤田正純氏と水野真紀

後藤田正純氏(左)が行っていたSNSナンパの実態が明らかに(右は水野真紀)

 自民党が候補者を一本化できず、保守分裂の様相を呈する4月の徳島県知事選。「令和の阿波戦争」と呼ばれる激戦を現時点でリードしているのが「政界のプリンス」こと後藤田正純氏(53才)だ。

「カミソリといわれた後藤田正晴元副総理を大叔父に持つサラブレッドで当選8回のベテラン議員。前回(2021年)の衆院選では無敗を誇った徳島1区で敗れたものの、比例で復活してクビの皮一枚つながりました。もっとも、次の選挙で勝てる見通しが立たず、このまま議員を続けても大臣になれる保証はない。一念発起した彼は今年1月に議員辞職し、退路を断って知事選に打って出ました」(政治部記者)

 県民の事前調査では、僅差でトップにつけているが、彼は幾度となくスキャンダルを起こしてきた。東京・銀座のホステスとの不倫を報じられたのは2011年6月。東日本大震災が起きて間もない時期に、あられもないキス写真が写真週刊誌に掲載され、自民党の役職を軒並み辞任する騒動に発展した。

「(妻である)水野(真紀)さんは『いい加減にしなさい!』と叱ったものの、その後も“政治家の妻”として彼を支え続けました。後藤田さんも猛省し、心を入れ替えたはずだったのですが……」(後藤田氏の知人)

 再びスキャンダルが持ち上がったのは2018年11月。SNSのやりとりを通じて親しくなった実業家の女性から“結婚詐欺”で訴えられるという前代未聞のトラブルを『週刊文春』に報じられたのだ。

「フェイスブックのメッセンジャーを通じて面識のない女性を食事に誘い、ホテルで密会していたという耳を疑うような内容でした。『総理大臣になるから、ずっとそばにいてほしい』という言葉を真に受けた女性は、後に弄ばれたことを知って提訴。後藤田氏は事実関係を否定したものの、文春には“まさくん”“おハニー”と互いを呼び合う生々しいやりとりも掲載されました」(前出・政治部記者)

 フェイスブックを利用した“ナンパ”は彼の十八番なのか。本誌『女性セブン』が取材を進めると、同様の手口で誘い出された女性がほかにもいることがわかった。徳島で後藤田氏と関係を持った20代の女性Aさんもそのひとり。Aさんが語る。

「まさか返事が来るとは思わずダイレクトメッセージを送ったところ、あっさり連絡が来て食事に誘われました。初対面にもかかわらず、下の名前を呼び捨てされたことにはドン引きしましたが、当時は雰囲気があって格好いいと思ってしまったんです。市内のバーでカラオケをデュエットして、ワインのボトルを空けるうちに泥酔して……。気づいたときはタクシーに乗せられて、そのまま徳島駅上のホテルに連れていかれました」

関連記事

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
中森明菜は1982年10月、新宿音楽祭で審査員特別奨励賞を受賞。『少女A』でブレイクした最中の受賞だった(写真/女性セブン)
【仕掛人たちが語る聖子vs明菜の分岐点】松田聖子は新しいアイドル像を求めた聖子、アーティストへ舵を切った明菜 1984年という“特異な1年”
週刊ポスト
上司の席からなるべく離れたい(イメージ)
夏本番となり職場や電車内などで発生する「ニオイ問題」 揉めるぐらいなら我慢したほうがいいのか、解決策は「ない」という現実
NEWSポストセブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン