スポーツ

渋野日向子、原英莉花、稲見萌寧、山下美夢有…2023年注目女子プロゴルファー24人の“ウラ話”

注目女子プロゴルファーの“ウラ話”(左から原英莉花、山下美夢有、稲見萌寧/時事通信フォト)

注目女子プロゴルファーの“ウラ話”(左から原英莉花、山下美夢有、稲見萌寧/時事通信フォト)

 新たなヒロインが続々登場している女子プロゴルフの世界。そのなかでも人気と実力を兼ね備えた24人の知られざる「裏ネタ」を取材! 趣味、恋人、愛車……毎週の中継が100倍楽しくなる情報を紹介しよう。

 データは、所属企業/出身/身長/メルセデスランキング(5月7日時点)/通算優勝回数/平均ドライビングディスタンス(順位)/○○世代は生まれた年代の呼称。日本ツアーに出場していない勝、笹生、渋野、西村、畑岡、古江は米国ツアーのデータ。

■渋野日向子【浮いた噂はないが、コーチは“元サヤ”と復縁】
サントリー/岡山/167cm/36位(米)/6勝(海外1勝)/255.29y(米107位)/黄金世代
「テレ東アナと破局、石川遼と噂になった程度で男関係はなし」(ツアー関係者)。スイング改造してきたが、昨年オフに青木翔コーチと“復縁”。

渋野日向子(時事通信フォト)

黄金世代・渋野日向子(時事通信フォト)

■原英莉花【ヤクルト村上と熱愛報道もジャンボ尾崎からは苦言】
日本通運/神奈川/173cm/32位/4勝/251.05y(9位)/黄金世代
 高身長に美脚・金髪、ヤクルト・村上宗隆との熱愛報道で注目の的。ただ師匠のジャンボは「ゴルフでも主役になってもらいたい」と苦言。来季からは米国ツアーに挑戦の意向を表明している。

黄金世代・原英莉花(時事通信フォト)

黄金世代・原英莉花(時事通信フォト)

■山下美夢有【昨年の「年間女王」は新人時代から“巨額投資”していた】
加賀電子/大阪/150cm/4位/7勝/233.26y(72位)/新世紀世代
 昨年、最年少で年間女王に輝いた。「名前の由来は“美しい夢の有る子”。病院で“アラビア語みたいやな”と言われた」(ゴルフ担当記者)。新人の時に300万円のトラックマンに先行投資。

新世紀世代・山下美夢有

新世紀世代・山下美夢有(時事通信フォト)

■穴井詩【米国生活で「ノバ・サウスイースタン大学」に在籍】
GOLF5/愛知/165cm/2位/5勝/259.21y(1位)
 今シーズン2勝を挙げた飛ばし屋。教師をしていた父親の関係で米国生活が長く、1年で中退したが「ノバ・サウスイースタン大学」に在籍。

穴井詩

穴井詩(時事通信フォト)

■稲見萌寧【女王奪還に向けて「腰痛対策の新フォーム」に取組中】
楽天/東京/166cm/23位/12勝/235.25y(60位)/はざま世代
 コロナ禍シーズンで9勝、東京五輪銀メダルなど年間女王に。今季は「腰痛に悩まされ、負担を減らすスイングに改造中」(ゴルフ担当記者)。

はざま世代・稲見萌寧

はざま世代・稲見萌寧(時事通信フォト)

関連記事

トピックス

水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン