スポーツ

大相撲「年寄株」の不透明な売買実態 「金銭等の授受」禁止なのに「売りました」と親方未亡人が証言、八角理事長も了承

公益法人としてのあり方が問われている(上写真中央が八角理事長)

公益法人としてのあり方が問われている(写真中央が八角理事長)

 横綱・照ノ富士をはじめ上位陣や注目力士が星を伸ばし、5月場所は満員御礼が続いた。しかし、盛り上がりの裏で大相撲は構造的な問題を抱えている。不透明な「年寄株」売買の実態に迫る──。

 年寄株「振分」の権利を、妙義龍関に譲渡されたようですが──という問いに“その女性”は、「はい、はい」と認める答えをした。“億単位のお金が動くと言われますが?”の質問に「いやいや、そんなことはないです」と返すも、金額を重ねて問うと、「まあまあ、通常のというか」と応じる。“通常”がいくらなのかを尋ねると、「昔みたいな(高額な)のは全然」と答えた。

 本場所中の5月22日、本誌『週刊ポスト』の直撃に答えたのは2019年12月に41歳で亡くなった元東関親方(元前頭・潮丸)の未亡人だ。その答えからは「年寄株」譲渡の実態が垣間見える。

 力士が引退後も親方として相撲協会に残るには、「八角」「陸奥」など105ある年寄株のいずれかを襲名しなくてはならない。しかし、2014年に70歳までの定年後再雇用が導入されて株が慢性的に不足する問題が生じ、「需給バランスが崩れ、譲渡に伴う金銭のやり取りの高額化が懸念されている」(協会関係者)という。結果、最近は人気力士が協会を去る例が続出している。

「元小結・松鳳山、元前頭・豊山、元小結・千代大龍、元関脇・逸ノ城らが廃業した。時津風部屋付きだった井筒親方(元関脇・豊ノ島)も、2019年に亡くなった元関脇・逆鉾の未亡人から『井筒』の権利を借りていたが、元・逆鉾の長女と結婚した現役力士の志摩ノ海の『井筒』継承が確定的となり、“椅子取りゲーム”に敗れるかたちで今年1月に退職した」(同前)

 年寄株の権利の行方は、国技の将来を支える人材が協会に残れるかを左右する重大な問題なのだ。そうしたなか、行方が注目されていた株のひとつが冒頭の「振分」だ。高砂一門の後援会関係者はこう話す。

「元・潮丸の未亡人が権利を持つ『振分』を巡っては、同じ高砂一門の九重親方(元大関・千代大海)なども千代大龍のために取得に動いたようだが、結局は一門外となる出羽海一門の境川部屋所属の妙義龍に渡ることに。廃業した元親方らはその後の5年は権利を持てるが、未亡人などの遺族では2年とも3年とも言われている期限が迫るなか、角界の慣習に沿って譲渡を急いだかたちです」

 年寄株の権利を持つ親方の未亡人が、株の譲渡に関わったとされるケースは過去にもあった。

「元前頭・隆の鶴は2013年12月に『田子ノ浦』を襲名したが、これは2012年2月に亡くなった元前頭・久島海の未亡人から取得した。もともとは師匠である元横綱・隆の里の『鳴戸』を継ぐつもりだったのが、権利を持つ元・隆の里の未亡人との関係がうまくいかなかったとされています」(若手親方)

 親方の死後などに行方が確定しない年寄株は表向き「協会預かり」になるものの、その実は協会員ではない未亡人ら遺族が権利を持つことが“公然の秘密”となってきたのだが、それを事実と認めたのが、元・潮丸未亡人の肉声というわけだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
別居を認めたMEGUMI
《離婚後の大活躍》MEGUMI、「ちゃんとした女優になる」を実現!「禁断愛に溺れる不倫妻」から「恐妻」まで多彩な“妻”を演じるカメレオンぶり
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン