芸能

【寺田理恵子×中井美穂×河野景子】「女子アナ」という言葉すらなかった“フジテレビ黄金期”を振り返る

1980~1990年代のフジテレビを振り返る(左から河野景子、中井美穂、寺田理恵子)

1980~1990年代のフジテレビを振り返る(左から河野景子氏、中井美穂氏、寺田理恵子氏)

 テレビが最も輝いていた1980~1990年代、その中心にいたのはフジテレビだった。画面を彩ったフジの女性アナウンサーはアイドル顔負けの人気を誇ったものだ。そんな当時を知るレジェンドアナ3人(寺田理恵子・中井美穂・河野景子)が再会。いまだから話せる舞台裏を赤裸々に明かした(司会・構成/放送作家・山田美保子)。【全3回の第1回】

 * * *
──いちばん先輩はどなたなんでしたっけ?

寺田:私なんですよ。そう見えませんよね(笑)。

中井:入社年次でいうと寺田さんが私より3年先輩で、景子ちゃんとは1年違い。八木亜希子ちゃんと有賀さつきちゃんの3人揃って入ってきた時は本当に華やかで局外でも目立っていましたね。

河野:いやいや、中井先輩が“アナドル”第一号じゃないですか? 月9(『同・級・生』)にメインキャストで出演されたのは後にも先にも美穂さんだけだと思います。

寺田:アナドル……懐かしい! 私たちの時代は「女子アナ」という言葉さえなかったんですよ。いまもこのワードに対しては不快感を抱く先輩方がいらっしゃるけれど、フジテレビは女性アナウンサーに色々な番組を持たせてくれたし、売り出し方も上手だったのかなぁと、振り返れば思いますね。

河野:『オレたちひょうきん族』、見てました! 大勢の芸人さんに寺田さんが囲まれている「ひょうきんベストテン」は、こんな上品なお嬢様が大丈夫かしらと心配でした。

寺田:全く大丈夫ではありませんでした(笑)。実は私、初代ひょうきんアナウンサーの山村美智先輩が新婚旅行のため休まれた時のピンチヒッターとして呼ばれたんです。だからまだ気持ちの準備ができていませんでした。美智さんは毎週このプレッシャーに耐えているんだって尊敬すると同時に、未熟な私はプロ意識に欠けるな……って。

河野:そんなことがあったなんて。

寺田:でもその後、正式に2代目ひょうきんアナウンサーになったり、桂三枝(現・文枝)さんや愛川欽也さんのアシスタントをさせていただいたり、チャンスをもらいました。あの頃は局アナがアシスタントをするのが当たり前の時代だったんですよ。

中井:私の頃もそれは同じでしたね。いまって、お笑い芸人さんやタレントさんが司会をなさったり、アイドルの方がニュースキャスターをしたりしていますよね。でも、あの頃はごくわずかのタレントさんが司会に就いて、その隣に必ず女性アナウンサーがいるという……。

──中井さんは、ビートたけしさん、タモリさん、明石家さんまさんという「お笑いBIG3」の隣にいても堂々としていらした。「猛獣使い」とも言われていましたよね?

中井:そうでした(苦笑)。でも、入社2年目で『プロ野球ニュース』を担当した時には野球を全く知らないし、前任のみのもんたさんに花束をお渡しする日、CMが終わるギリギリまでみのさんが番組に関係ないおしゃべりをなさっていることに衝撃を受けました。え~!? 生放送って、こんなカンジなの~? って。まぁ私は社員だったので、ここで失敗して躓いたとしても辞めさせられることはないだろうと思って、やっていましたね(笑)。

関連記事

トピックス

大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
大谷翔平、始球式サプライズに「なんてナイスガイなんだ」と全米絶賛 幻となった“真美子夫人の始球式”は7月以降に実現の可能性
女性セブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
【ネットは見なければ平和】大ヒットエッセイ『九十歳。何がめでたい』が映画化、佐藤愛子さんのかっこよすぎる生き方と考え方
【ネットは見なければ平和】大ヒットエッセイ『九十歳。何がめでたい』が映画化、佐藤愛子さんのかっこよすぎる生き方と考え方
女性セブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
スキャンダル写真で芸能界を震撼させた『BUBKA』
《90年代アイドルを震撼させた月刊誌『BUBKA(ブブカ)』》の創刊編集長が急死していた スキャンダル写真で物議「スクープ100万円」「複数訴訟」の全盛期
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
新しいヘアースタイルの大谷翔平
《大谷翔平の新ヘアスタイル》“切ってもらうと成績が向上する”と評判の美容師が担当 ソウルで水原被告と一緒にカット、料金は大谷が支払う
女性セブン
全国赤十字大会ではスピーチに目を潤ませる場面もあった(4月、東京・千代田区。写真/JMPA)
『虎に翼』を楽しんでいらっしゃる雅子さまと愛子さま 女性天皇への期待高まるなか、揺れるお立場に「日本初の女性弁護士の物語」を重ねられて
女性セブン
女子ゴルフ界の新星として注目を集める清本美波
【プロテストでトップ合格】女子ゴルフ界の新星・清本美波、女子大生と二足のわらじを履く18歳「目標はタイガー・ウッズ」
週刊ポスト
詐取の疑いで逮捕された元宝塚“大滝子”こと光原エミカ(HPより)
《『水ダウ』ざます企画に出演》元宝塚・月組トップスターが現金1000万円詐取の疑いで逮捕「ディナーショーが8万円に値上がり」ファンが察知した違和感
NEWSポストセブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン