後輩の指導にも当たっていた(田村容疑者のSNSより)

後輩の指導にも当たっていた(田村容疑者のSNSより)

 だが現在、自宅にその面影はない。

「今年に入ってから玄関周りにゴミが多く散乱するようになり、宅配の配達員が驚いていたようです。妻は家の中を見られたくなかったのか、配達員への応対では玄関の隙間をできるだけ小さく開けていたそうです」(前出・地元メディア記者)

 近隣住民が、その不穏な変化を語る。

「旦那さんはなぜか毎日のように、自宅の玄関先でカップラーメンやコンビニの弁当を立って食べていました。現役の精神科医で、あんなに立派なご自宅なのに……。また、家の前に気味が悪いほどクーラーボックスが無造作に積まれていて、物置のようになっていますが、釣りが趣味とは聞いたことがなく、ちょっと謎な感じでした。家庭菜園を楽しんでいたようですが、家庭菜園をするのにそんなにたくさんのクーラーボックスは必要ありませんよね」

 前出・捜査関係者は、こう推測する。

「事件前、被害男性が一家の住む自宅に押し掛けたことがあるそうです。父親が玄関先や自宅前の車で食事していたのは、再び彼が自宅に押し掛けてくるのを警戒しての行動だったとみられています。娘に会いにくる被害男性から、守ろうとしたのでしょう」

 別の捜査関係者は、そもそも犯行を計画したのが父親だった可能性を指摘する。

「父親は、取り調べに『被害者が一度解決していたトラブルを蒸し返して逆ギレしてきた』とも話しているそうです。犯罪を起こす意思、つまり犯意は父親が中心とみている。

 犯意は父親にあるが、実行したのは娘ということです。しかし娘は判断能力や責任能力を問うことが難しい状況で、公判請求されない可能性も十分あることから、措置入院になるかもしれません。父親が実行犯となれば、娘の生活を支えていくことが困難になると危惧して、あえて娘を実行犯にする計画を父親が考えたのではないかとみています」

 歪んだ家族愛が凶行に繋がってしまったのか。

※週刊ポスト2023年8月11日号

関連記事

トピックス

訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
上重聡さんが野球YouTubeの魅力を語る
甲子園で松坂大輔と投げ合った元日テレ・上重聡アナが語る野球YouTubeの魅力と「視聴必至のチャンネル」4選
週刊ポスト
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト