スポーツ

巨人・岡本和真、秋広優人 令和のOAコンビの台頭で感じる「松井秀喜の現役時代を知らない強み」

岡本和真(右)と秋広優人の「令和のOAコンビ」が台頭している

岡本和真(右)と秋広優人の「令和のOAコンビ」が台頭している

 この2人がいれば、巨人のクリーンアップは数年先まで安泰か──。今季、巨人は3年目の秋広優人が台頭。松井秀喜の背番号55を受け継いだ男は5月下旬から3番に固定され、7月28日からはセ・リーグの二冠王をひた走る4番・岡本和真の後ろを打つ5番を任されている。

「秋広も岡本も“巨人・松井秀喜の凄さをリアルタイムで見ていない”という共通点があります。松井さんは1992年の夏の甲子園で5打席連続敬遠され、翌年に巨人に入団。1年目の後半には3番を打ち、3年目の1996年には38本塁打を放って、11.5ゲーム差を逆転する“メークドラマ”の立役者になりました。1998年、2000年、2002年は本塁打と打点の二冠王に輝いた巨人の4番です。そして翌年はヤンキースに移籍した。

 秋広は2002年生まれですから、記憶には全くない。岡本は1996年生まれですから、巨人時代の姿は幼少時の記憶が少しある程度でしょう。これが今、巨人でプレーする2人にとってプラスになっている側面もあるのでは」(プロ野球担当記者。以下同)

ONの全盛期を知っていた原辰徳の重圧

 初代の永沢富士雄から数え、2018年に4番に座った岡本は89代となる。現在、中田翔まで91人の4番打者が誕生している。巨人の4番には打撃の神様・川上哲治、ミスタープロ野球・長嶋茂雄、世界のホームラン王・王貞治と、プロ野球を発展させた打者が名を連ねている。

「現在の原辰徳監督は、現役時代ONと比較され続け、チャンスに弱いと言われました。しかし、通算打率2割7分9厘、382本塁打、1079打点と立派な成績を残した。それでも、評価が数字に比例しなかったのは、ファンがONの残像に囚われていたからでしょう。まして、原本人が長嶋茂雄に憧れて野球を始め、ONの全盛期を知っている。その重圧は大きかったでしょう。

 一方、原の次に生え抜きとして4番に定着した松井は長嶋茂雄の引退した1974年に生まれている。1980年に引退した王貞治の現役時代もほとんど見ていないはず。もちろん、その成績や逸話から2人の凄さは知っていたでしょうが、その凄すぎる全盛期をリアルタイムで見ていない。ONと比べられるプレッシャーを必要以上に感じることなく、師匠・長嶋監督と二人三脚で、自分のバッティングの成長に邁進できたのでしょう」

関連記事

トピックス

大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
藤井聡太八冠の今後は
【八冠制覇から8か月】絶対王者・藤井聡太を倒すのは誰か 現在の将棋界は史上空前の層の厚さ“ライバルの本命”は伊藤匠七段
女性セブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
佳子さまを取り上げない「宮内庁の公式インスタグラム」 今後の予定はあるのか?聞いてみた
週刊ポスト
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
《路上で性的暴行》逮捕の「都寿司」店主がわいせつ5日後に「ごちそうさま」SNSアップ 2年前の先代逝去から「人が変わった」
NEWSポストセブン
加工した自撮り写真や動画をSNSにアップしていた内田容疑者(写真は内田容疑者のTikTokより)
【旭川・女子高生殺害事件】SNSに投稿された“盛れていない写真”でトラブルか 容疑者のスマホには被害者を映した痛々しい動画
女性セブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
20代女性に「1杯どう?」ナンパし性暴行…創業137年『都寿司』若大将の乱倫の夜 妻の女将が語った“店のこれから”
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン