スポーツ

広瀬すず、バスケの「ガチ解説」が話題 スポーツバラエティからのオファー続々か

バスケ歴8年は伊達じゃない(時事通信フォト)

バスケ歴8年は伊達じゃない(時事通信フォト)

 1次リーグで格上のフィンランドに大逆転勝利し、その後惜しくも2次ラウンド進出を逃したものの順位決定戦でベネズエラにも勝利して盛り上がるバスケW杯日本代表。世界の強豪相手に善戦する選手に称賛の声が上がるなか、コート外で注目を集めたのが女優の広瀬すず(25)だ。

 今回のW杯でテレビ朝日SPブースターを務める広瀬は、試合会場でのリポートや選手へのインタビューに全力。

「小中学校とバスケ部に所属していただけあって、W杯への熱の入れようは半端ではなかった」(スポーツ紙記者)

 そんな広瀬のバスケ愛が惜しみなく発揮されたのが、『アメトーーク土曜SP バスケW杯応援芸人』(テレ朝系 8月26日放送)だった。

 番組内で広瀬はバスケ好き芸人に交じり、「ピック&ロール」や「1-2-1-1ゾーンプレス」などの戦術を解説。選手のパネルを動かしながら「こう行けば高さで勝てる」など専門家顔負けの解説をするその姿に、〈ガチすぎる〉と驚きの声が溢れた。

「8月8日に都内で行なわれた応援イベントでは、広瀬さんが連続でフリースローを決めまくって観客がビックリしていた。本人は『辞めて10年以上経っているので……』と謙遜していましたが、それでもバスケ歴8年というのは伊達じゃないなと。知識だけじゃなく実際にプレイでも魅せられるのが彼女のすごいところです」(同前)

 試合中に大はしゃぎする広瀬の姿は、海外のSNSユーザーからも「本当に美形」「とんでもない美少女だ」などと絶賛の声が溢れたほど。広瀬の並々ならぬバスケ愛にメディアも熱視線を送る。テレビ関係者の話。

「2022年のサッカーW杯では、日向坂46の影山優佳さんがサッカーオタクキャラを活かしてマニアックな戦術解説を披露し、ブレイクしました。広瀬さんも今回のバスケ杯で、『スポーツバラティ』にも絶妙にハマることが分かった。今後は女優業だけでなく、スポーツ関連のバラエティ方面でもオファーが続々届くのではないか」

 さらに活躍の幅を広げそうだ。

※週刊ポスト2023年9月15・22日号

関連記事

トピックス

訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
上重聡さんが野球YouTubeの魅力を語る
甲子園で松坂大輔と投げ合った元日テレ・上重聡アナが語る野球YouTubeの魅力と「視聴必至のチャンネル」4選
週刊ポスト
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト