芸能

【全文公開】宝塚いじめ騒動、天海祐希も苦悩した“嫉妬の園” トップ合格、異例の出世で悪質な噂を流されたことも

天海祐希も女の園の厳しい世界を経験

天海祐希も宝塚で苦悩を経験(写真は2023年)

 100年以上の歴史を持つ宝塚歌劇団からは、これまで数多くの名優が巣立っていった。その中でも一際輝きを放っているのは、天海祐希だろう。だが、宝塚でスターダムを駆け上った彼女もまた、在籍中はさまざまな“悪意”と対峙していた。

 昨年末に配信がスタートしたNetflixオリジナルの韓国ドラマ『ザ・グローリー ~輝かしき復讐~』は、高校を舞台にした壮絶ないじめの被害者であるヒロインが、十数年後に加害者たちに復讐を果たす物語だ。

 各国のNetflix内のドラマランキングで1位に輝いた同作は、衝撃的なストーリーと血なまぐさい暴力描写で話題を呼んだ。物語の冒頭、いじめのターゲットにされたヒロインは、「温度チェック」と称して、熱したヘアアイロンを腕に押し当てられるのだ。うめき声とともに、真っ赤にただれた皮膚は画面を通しても痛々しさに満ち、苦痛が充分に伝わってくる。

 もしかしたら、彼女もそうだったのかもしれない──その“問題作”が、配信から1年近く経ったいま脚光を浴びている理由は、「いじめ」と「ヘアアイロン」が結びつく騒動が、「宝塚歌劇団」という絢爛豪華な世界でも起きていたと報じられたからだった。

 兵庫県宝塚市にある宝塚大劇場では、11月23日まで予定されていた雪組公演が中止に。10月29日には、劇場内のチケットカウンターやレストラン、物販店舗なども一部を除いて休業することが発表された。9月30日に、宙組に所属する有愛きいさん(享年25)が自死した痛ましい出来事に、現在の大劇場周辺は、近隣住民が戸惑うほどに閑散としている。

 阪急電鉄とJR福知山線が乗り入れる宝塚駅から大劇場へと続く遊歩道は通称「花のみち」と呼ばれ、その遊歩道が、公演がある日に多くのファンでごった返す背景には、宝塚独特の習慣がある。

「楽屋入りする男役トップスターを熱心なファンたちがお見送りする『入り待ち』があるんです。公演ごとにジャンパーやスカーフ、小物などを揃えて、統制の取れた動きで“行ってらっしゃい”と声をかけます。トップスターは立ち止まって、笑顔で応えるのが恒例行事。公演中の入り待ちは、開演時間の2~3時間前なので、周辺には何時間も前から人が集まるんです」(宝塚ファン)

 宝塚には、そうした独特な慣習が伝統として受け継がれてきた。もちろん、タカラジェンヌたちもそれを理解している。だからこそ、ステージを降りた後でも、タカラジェンヌとしての品格を重んじる暗黙のルール「すみれコード」が重視されてきたのだろう。だが、かつてそうした習わしに大なたを振るったトップスターがいた。天海祐希(56才)だ。天海は1993年から2年間、月組のトップスターを務めた。

「天海さんは楽屋入りの際、決まって帽子を目深にかぶり、大股でファンの間をすり抜けていきました。ファンからの歓声にも応えなかったため、ファンからは“あまりにも無愛想で、サービス精神がない”と言われたこともありました。でも、それは“劇場を離れればひとりの人間”という天海さんなりの考えがあったから。普段から、トレーナーやTシャツにジーンズというシンプルな服装を好み、すっぴんで自然体を通していたのも彼女ぐらいでした」(宝塚関係者)

「宝塚の最高傑作」と言われ、数々のステージの中央でスポットライトを浴びてきた天海。一方で、時に「異端児」とされ、「いじめ」の標的になったこともあった。しかし、天海自身は公の場で宝塚時代のことをあまり語ってこなかった。

「天海さんは、過去の苦労話をすることをあまり好まないんです。大変だったことや納得がいかなかったことでも、自分の中で整理がついていれば、わざわざ話さなくていいという考え方なんです。苦しい記憶であっても、いまとなっては自分を形作る思い出の1つだという思い。それだけ、宝塚時代を大事にしているのでしょう。だから、軽々に話したくないという気持ちが強いんだと思います」(演劇関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン