芸能

【圧巻のボディ】玉木宏の妻・木南晴夏「同僚の深キョン、綾瀬はるかに負けない」美くびれと腹筋バキバキのヴィーナスライン

2018年に電撃結婚を発表した木南晴夏と玉木宏

2018年に電撃結婚を発表した木南晴夏と玉木宏(写真は2023年4月)

 10月クールの連続ドラマの中で、遅咲きのニューヒロインが注目を浴び始めている。女優の木南晴夏(38才)が、日本テレビ系日曜午後10時30分より放送中の『セクシー田中さん』で、昼は地味な独身OL、夜はセクシー度満点のベリーダンサーという主人公“セクシー田中さん”を演じている。

 10月22日の初回放送直後から、SNSでは「木南晴夏さんの腹筋がバキバキに割れてる!」、「とても出産後のママとは思えない」、「くびれとダンスが素敵すぎ」と、驚きと絶賛のコメントで溢れていた。

 ある芸能関係者は「脇役歴が長い木南さんは、業界内でも大人しい役柄をやらせたら天下一品と評判でした。従来のイメージそのままに、メガネをかけた彼氏ナシの経理部OLを、そして、夜になると一転、ばっちりメイクのベリーダンサーとして艶めかしい踊り。背中から腰にかけての美しいヴィーナスラインを披露しています。彼女の魅力を振り幅MAXで魅せているのが、今作最大の見どころです」と話す。

 木南は、高校時代に大手芸能事務所ホリプロのオーディションでグランプリに輝き芸能界デビュー。17、18才のころは、グラビアアイドルMEGUMI(42才)らと『テレ朝エンジェルアイ2002』、事務所の同僚・あびる優(37才)らとはアイドルユニット『Licca』で活動。「その頃はビキニ姿を披露するなどグラビアアイドルとしての需要も高かったのですが、ご本人は女優志望だったようで、惜しまれつつも徐々にグラビア仕事は減っていきました」(別の芸能関係者)

 その後は、セクシーや色気とは無縁な名バイプレイヤーとして、女優歴19年で100作品以上のドラマに出演してきた。同じ事務所の同世代、深田恭子(40才)、綾瀬はるか(38才)や石原さとみ(36才)に比べると、日陰を歩いてきたと言えるかもしれない。

 そんな木南が意外な形で注目を浴びたのは、2018年6月。俳優の玉木宏(43才)と結婚したときだった。それまでに交際報道も無かったため、世間をアッと驚かせた。2020年8月には、第一子も出産。特に近年は、プライベート報道の方が世間の目に触れることが多かった。

関連記事

トピックス

結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン