国内

《国際ロマンス詐欺》男女30人から約1.1億円詐取で「懲役10年、罰金200万円」判決 “主犯格”が独占告白「控訴を考えている」

2022年8月、日本に強制送還された森川光被告

2022年8月、日本に強制送還された森川光被告

 SNSで出会った相手に「I love you!」などのメッセージを送り、直接会ったこともない被害者から大金を奪い取る「国際ロマンス詐欺」の被害が急増している。その犯行で約4億円を騙し取ったと報じられたグループの“主犯格”として、ガーナで逮捕された日本人に判決が下された。この事件の取材、傍聴を続けるノンフィクションライターで、『ルポ 国際ロマンス詐欺』の著書がある水谷竹秀氏がレポートする。(文中敬称略)

 * * *

 12月7日午後1時半、大阪地裁第101号法廷。

 ドアが開くと、ジャケットを着たその男がゆっくりした足取りで入ってきた。弁護側の長椅子に腰を下ろし、間もなくして裁判長が現れると、職員から手錠と腰縄を外された。

「被告人は前に来てください」

 裁判長からの呼びかけに、男は証言台の椅子に座った。

「これから判決を言い渡しますが、最後に言っておきたいことはありますか」

 少し間があって、男は口を開いた。

「まあ、裁判とかわかんなかったんで、言い忘れたことは……」

 声が小さすぎて傍聴席まで聞こえないが、特に多くは語らなかった。続けて裁判長から判決が言い渡された。

「主文、被告人を懲役10年及び罰金200万円の刑に処する」

 被告人の男は、西アフリカのガーナを拠点に、国際ロマンス詐欺を繰り返した犯行グループの主犯格とされる森川光被告(60)だ。日本人男女30人から総額1.1億円を騙し取ったとして詐欺罪などに問われ、この日の判決公判を迎えた。グループには森川含め日本人の男が8人、ガーナ人の共犯者も8人ほどいて、ガーナ人の主犯格、ナナ・コフィ・ボアテイン(34)は米国へ逃亡中である。メディアでは「65人から約4億円を詐取」などと報じられたが、証拠不十分などで全てを立件できなかったものとみられる。

 判決の前日、私は大阪拘置所で森川に面会をしていた。判決が言い渡される前の心境を尋ねると、不敵な笑みを浮かべた森川から、こんな言葉が返ってきた。

「そう聞かれると思っていましたよ。はっきり言って何とも思っていません。若い検察官が公判で色々なことを言っていましたけど、こんなガキに俺のガーナでの苦労が分かってたまるかって思いました。気分悪いですね。どうせ良い判決は出やしないから、次に向けて準備をしていこうと。控訴を考えています」

 森川がガーナの首都アクラで逮捕され、日本に強制送還されたのは昨年8月上旬。以来、私は何度か面会を申請したが、共犯者がいたために接見禁止状態が続いていた。それがようやく解除され、面会が初めて実現したのは今年5月半ばのことだった。

 以来、今回で18回目の面会となり、受け取った手紙は16通に上る。それらのやり取りから、国際ロマンス詐欺の関与に至るまでの森川の半生が浮かび上がってきた。

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン