国内

悠仁さま、高校バドミントン部の選手として初の公式戦出場 中学では卓球部、高校からバドミントンを始められる

力強いスイングを見せられた

力強いスイングを見せられた

 東京・上野公園近くの都立高校の体育館で、シャトルがビュンと風を切る。選手を応援する声は時間を追うごとに大きくなり、白熱した戦いが続く──1月7~8日、「東京都高等学校バドミントン冬季ブロック大会(団体)」の予選リーグが開催された。

「東京都高等学校体育連盟が主催する団体の公式戦です。決勝トーナメントへの出場を懸けるだけでなく、チームのいまの実力を測り、来年度に備える重要な位置づけの大会です」(大会関係者)

 この日、公式戦デビューを果たされたのは、筑波大学附属高校(以下、筑附)2年生の秋篠宮家の長男・悠仁さまだ。高校の部活の大会は会場校への入退場が自由というケースも多いなか、悠仁さまが行かれた会場校に限り、来場者名簿を受付に提出し、保護者やOB、OGは一斉に入場しなければならないというルールが設けられた。

 中学校では卓球部に所属されていた悠仁さまが、本格的にバドミントンを始められたのは高校入学後だ。

「複数の部活を見学し、体験されたうえで選ばれました。休み時間にも自主練習に励まれ、躍動感のあるプレーを見せられるとか。技術は向上中で、2年生になられてからは新入生にアドバイスをされることもあるそうです」(皇室記者)

 しかしこれまで、公式戦に出場する機会には恵まれていなかった。

「大会に出場できる部員は5-10人。筑附のバドミントン部は総勢25名ほどなので、試合に出場するには技術的に上位である必要があります。悠仁さまは、3年生の6月頃には部活を引退されるので、タイムリミットが半年後に迫るなかでの公式戦デビューとなりました」(学校関係者)

 今回はダブルス、シングルス、ダブルスの3試合で争われる団体戦が2対戦行われ、悠仁さまが出場されたのは、2対戦目のダブルスだ。

「悠仁さまは一番手として出場されました。団体戦の一番手はチームに勢いを与えるポジションで大事な役割を任されたと言えるでしょう。この日、筑附は1対戦目に負けていますから、『勝たなくては』というプレッシャーを感じられたのではないでしょうか」(前出・学校関係者)

 試合は21点先取の3ゲームマッチで、2ゲームを取ればチームに勝利をもたらすことができるが──。

「悠仁さまは床を蹴り、ラケットを振り、時折スマッシュを打って、光るプレーを見せられました。ただ、相手がブロック準優勝の強豪だったこともあり、悠仁さまのペアは12-21、9-21とストレート負け。チームとしても1勝2敗で敗北し、筑附は予選リーグ敗退となりました。ほろ苦いデビュー戦となりましたが、秋篠宮ご夫妻は健闘をたたえられたことでしょう」(前出・皇室記者)

 悠仁さまはまだ2年生で、3年生になれば春の公式戦シーズンを迎えられる。ますますの「文武両道」のご活躍が期待される。

※女性セブン2024年2月15日号

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン