芸能

【全文公開】小澤征爾さん「30億円相続」でファミリーに不協和音 長男・征悦と桑子アナの結婚を巡って“分断”も

小澤征爾氏の30億円の資産を巡り(時事通信フォト)

小澤征爾氏の「30億円相続」を巡りファミリーに不協和音(時事通信フォト)

 米国の名門・ボストン交響楽団やオペラ界の頂点、ウィーン国立歌劇場の音楽監督を務めた“世界のオザワ”がこの世を去った。音楽を愛し、音楽に愛されたマエストロは、病との闘いの中で家庭内に生じた“不協和音”に何を思っていたのか──。

《生前、父・小澤征爾がお世話になりました。音楽を愛し、音楽に愛された人生でした》

 2月6日に心不全で亡くなった世界的指揮者・小澤征爾さん(享年88)の訃報を受け、長男で俳優の小澤征悦(49才)は父の信念を胸に刻んで生きていく覚悟を明かした。日本を代表する指揮者にして、海外の名だたるオーケストラで活躍したマエストロの死に世界中が涙した。

「2002年に征爾さんが日本人として初めてニューイヤーコンサートの指揮台に立ったウィーン・フィルハーモニー管弦楽団は《50年以上、信じられないほど幅広いレパートリーを演奏してきた友人であり音楽のパートナー》と追悼。ボストン交響楽団は《伝説的な指揮者であるだけでなく、次世代の音楽家たちの情熱的な指導者でもあった》と生前の功績をたたえました」(音楽担当記者)

 征爾さんが最後に表舞台に姿を見せたのは昨年9月。長野県松本市で行われた音楽祭「セイジ・オザワ松本フェスティバル」の舞台だった。車いすでステージに上がった征爾さんは観客だけでなく舞台上の演奏家からも万雷の拍手を浴び、うれしそうな表情を浮かべていたという。征爾さんにとってこの十数年は病との壮絶な闘いの日々だった。

「2005年に白内障の手術を受け、2010年には食道がんが見つかり、治療に専念するために1年近く活動を休止しました。その後も2015年に腰の骨を折る大けがを負い、2018年には大動脈弁狭窄症の手術を受けるなど満身創痍。指揮台に立つことが困難な状態が続き、楽団員やファンも征爾さんの体調を心配していたのです」(音楽関係者)

 病によって表舞台から遠ざかっている間も、征爾さんが音楽への情熱を失うことはなかった。

「療養中のベッドの上でも、常にオーケストラのことを考え、指揮棒は振れなくても現場にいることを強く望んでいたそうです。征爾さんと親しいバイオリニストが言うには『同じ空間にいるだけで、心の中に何かが触れて、ビリビリとした感覚がある』のだとか。いみじくも仏紙フィガロが征爾さんを《クラシック音楽の魔術師》と評していましたが、タクトを振らずとも演奏に命を吹き込む“魔術師”のような人でした」(前出・音楽関係者)

 征爾さんが最後に指揮を執った公演を見た別の音楽関係者が語る。

「2022年11月、征爾さんが総監督を務めたサイトウ・キネン・オーケストラ(SKO)とJAXA(宇宙航空研究開発機構)が共同で企画したコンサートが無観客で行われ、その様子が生配信されました。征爾さんが力を振り絞ってベートーヴェンの『エグモント序曲』を指揮する姿は圧巻。宇宙ステーションに滞在中の若田光一宇宙飛行士に向かって『ありがとう』と呼び掛ける場面は胸に迫るものがありました」

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン