スポーツ

【巨人に暗雲】大勢の離脱で“ストッパー菅野智之”に現実味 阿部監督は腹を決めて抜擢できるか

阿部慎之助・新監督は菅野智之をどう起用するか

阿部慎之助・新監督は菅野智之をどう起用するか

 2年連続Bクラスからの雪辱を誓う巨人。阿部慎之助・新監督(44)が率いる春季キャンプで松井秀喜・臨時コーチ(49)を迎え、打撃陣には光明が差しているように見えるが、投手陣に生じた綻びにより暗雲が垂れ込めてきた。

 阿部新体制をいきなり襲ったのは、守護神としての完全復活に期待がかかるストッパー・大勢(24)の離脱だった。巨人番記者が語る。

「キャンプ初日の2月1日にブルペンに入り、第一クール最終日の4日にも決め球のフォークを含めて24球を投げ込んだ。ところが、その日のランニング中に軸足の右ふくらはぎを痛め、阿部監督の判断でキャンプを離脱させて一時帰京。治療を経て13日に三軍キャンプの故障班に合流したが、開幕に間に合うか目処が立っていない」

 辛口野球評論家の江本孟紀氏が指摘する。

「休めば治ると思いますが、投球時に全体重を支える軸足のケガ。癖になりやすい箇所なのが気になりますね。右投手にとって右足は土を蹴って球威をつけるために大切で、ふくらはぎにもそれだけ負担がかかる。キャンプ序盤で鍛えないといけない下半身をケガの影響で使えないとなると、開幕に間に合わない可能性も高い」

 巨人のリリーフ陣は、V逸が続く近年の“泣き所”でもあった。2022年も、当初抑えに想定していた助っ人のビエイラが定着せず、大勢が57試合登板で新人最多タイ記録となる37セーブをあげるかたちだった。ただ、2年目の昨季は6月下旬に右上肢の故障で離脱し、27登板で14セーブ。ストッパー不在となったチームはリーグ4位に低迷した。リリーフ陣の防御率は3.81で、リーグワーストの数字だった。

「今オフはトレードなどでリリーフ要員を重点的に補強しました。ソフトバンクから高橋礼(28)、泉圭輔(26)、オリックスから近藤大亮(32)をトレードで獲得。ライバル球団・阪神からカイル・ケラー(30)と馬場皐輔(28)も新加入した。ただ、それでも大勢に代わるストッパー候補というと限られる」(前出・番記者)

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン