「壊してやろうみたいな気持ちはないんです」(高野さん)

「壊してやろうみたいな気持ちはないんです」(高野さん)

掟破りな脚本になった背景

『キングオージャー』は、それまで当たり前にあった巨大ロボの戦闘がない回があったり、1人しか変身しない回があったりと、スーパー戦隊のフォーマットを崩している部分もある。

「僕一人の一存でそうなったわけではありません。戦隊にあまり触れてこなかったからこそ、壊してやろうみたいな気持ちはないんです。やっぱり同じことをやっていては立ち行かなくなっている状態なんですよ。

 少子化が進んで人口も減っているということは、ファンの厚みがただ減っているってことです。特撮はとてもリッチな番組なので、ファン層を広げなければ、もう放送自体ができなくなってしまう。時代に合わせ、ファンを広げるための試行錯誤で進化と革新をしてきたのが、スーパー戦隊やライダーが長年続いてきた理由だと思います」

「スーパー戦隊」シリーズは歴史が長い。その中で“新しい”ことをやろうとするのは、傍から見ると難しいのではないかと感じる。

「ロボット戦を担当している特撮監督の佛田洋さんは、この道35年以上の大ベテランなんですけど、こちらがアイデアを出しても『もう、全部やっちゃっているんだよねえ』ってニコニコしてるんですよ。『新しい人が来るとね、これは新しいだろうって思って(アイデアを)出してくれるんだよ。でも、あ、それは◯◯でやった、それは××でやったって言うと、段々声が小さくなるんだよね』って(笑)。

 佛田さんに限らず、全員が“飽きている”んです。だから逆に新しいものを作りたいと思っているんですよ。歴史があるものだから、逆にルーティーンのように作っている人は誰もいなくて、『これは前にやったな』『じゃあ、こうするか』とかブツブツ言いながら考えている。

 飽きているからこそ妥協しない。マンネリしやすいからこそ新しいものを生み出すという姿勢が、新鮮ですごく刺激になりましたね。どんどんアイデアを加えていって、少しでも面白くしようっていう、こんなにモチベーションが高い現場なかなかないですよ(笑)」

 熱烈な『キングオージャー』ファンが多い中、誰よりも『キングオージャー』ファンを公言しているのが高野水登自身だ。

「僕の中での『キングオージャー』の唯一の欠点は僕が脚本を書いていることなんですよ(笑)。書いているせいで、内容を全部知っているから。本当は知らないで見たかった!

 毎回、必ず自分の想像を超えたものが出てくる。監督一人ひとり個性があって撮り方も違うから、本当にバリエーションに富んでいて毎回新鮮に面白い。そういう人たちと一緒に作っていくのがすごく楽しかったですね」

後編に続く)

【プロフィール】高野水登(たかの・みなと)/脚本家。1993年生まれ。主な担当作品は『真犯人フラグ』(日本テレビ)、『TIGER&BUNNY2』(Netflix)、『映像研には手を出すな!』(MBS・TBS)、『賭ケグルイ』(MBS・TBS)、『仮面ライダーゼロワン』(テレビ朝日)など。

◆取材・文 てれびのスキマ/1978年生まれ。ライター。戸部田誠の名義での著書に『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『タモリ学』(イーストプレス)、『芸能界誕生』(新潮新書)、『史上最大の木曜日 クイズっ子たちの青春記1980-1989』(双葉社)など。

撮影/槇野翔太

『王様戦隊キングオージャー』の最終回は 2月25日(日)午前9:30から(テレビ朝日系)にて放送

関連記事

トピックス

快進撃が続く大の里(時事通信フォト)
《史上最速Vへ》大の里、来場所で“特例の大関獲り”の可能性 「三役で3場所33勝」は満たさずも、“3場所前は平幕”で昇進した照ノ富士の前例あり
週刊ポスト
家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
女性セブン
歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン