国内

逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた

山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間

山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間

 棺に眠る日本ボクシング連盟の元会長・山根明氏(享年84)は「ボルサリーノ」のハットをかぶり、オーダーで仕立てたスーツに「シャネル」のネクタイをあわせたいつもの正装だった。代名詞だったサングラスは、疎遠になっていた息子の昌守さん(59)が出棺の直前、遺品として取り出したという。

 助成金の不正流用や黒い交際などを理由に、会長職を追われたのが2018年。今も「会長」と呼ぶ28歳下の妻・智巳さんはいよいよ別れの時間が迫るとこう叫んだ。

「波瀾万丈の人生のなかで、若者をたくさん育てたあなたは日本の宝です。この国の誇りです。本当にお疲れ様でした」

 1月31日の未明、肺がんで死去した「男・山根」の最期の2か月を智巳さんが初めて明かす。

 * * *
 会長の体調に異変が起きたのは昨年11月29日の夜でした。いつものように私が経営するラウンジ『オアシス』大阪市生野区)でお客様とお酒を飲んでいた会長がトイレに行くと、大声で私を呼ぶんです。慌ててかけつけるとトイレの便器が血の色で真っ赤に染まっていた。緊急の事態にも会長は落ち着いていて、救急車を呼ぶことはなく自ら車を運転して救急病院に行きました。数日後、検査の結果が出て、腎盂ガンの「ステージ4」と宣告され、肺に転移していることも判明しました。

「こんな大変な病気になってごめんな」

 そう話した会長に対して、私は「みんな年取ったら病気になるんだから、大丈夫です」と伝えました。

 12月に入って大阪国際がんセンターに入院し、抗がん剤の投与を受けました。しかし、願っていたような結果が得られず、違う種類の抗がん剤を投与しても効果はありませんでした。今年の正月こそ自宅で迎えられましたが、1月4日に再入院。19日に私だけ主治医の先生に呼ばれて病院に行くと、「これ以上の抗がん剤を投与しても意味がない」と説明されました。先生の言いたいことを理解した私は、会長の余命を訊ねました。

「1か月……しかし、週単位で余命は変化する可能性があります」

 治療の手段がない以上、がんセンターから緩和ケア病棟に移る必要がありました。それには、会長の同意が必要なんです。しかし、「わしはどうなるの?」と訊いてくる会長に対し、私の口から「治療法がない」と伝えることなどどうしてできましょうか。代弁してくれたのが女性マネージャーです。余命は伏せて、次の治療に移るまで暫定的に別の病院に入院する必要があると嘘の説明をしました。会長は一言、「それやったら仕方ないなあ。90歳やったら諦めがつくねんけどな」と。涙ながらにそう口にしたことできっと会長も残された時間がないことを察しただろうと私たちは思っていました。

関連キーワード

関連記事

トピックス

二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン