スポーツ

《話したくなかったことは…?》大谷翔平が結婚報告の囲み取材で見せた「右の耳元、顔の左側を触る」に“隠された意味”を心理士が分析

報道陣の取材に応じるドジャースの大谷翔平(時事通信フォト)

報道陣の取材に応じるドジャースの大谷翔平(時事通信フォト)

 結婚を公表した翌日、囲み取材に応じた大リーグエンゼルスの大谷翔平選手(29才)。このとき、普段の囲み取材では見せない気になる仕草を見せていた。その心理的な意味について臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが分析する。

 * * *
 米メジャーリーグ・ドジャースの大谷翔平選手が突然、結婚を発表。おめでたい話題にネットもメディアも騒然となった。発表の翌日、キャンプ地の米アリゾナ州グランデールでは練習前に囲み会見が行われ、朝の情報番組は大谷選手の話題一色。その会見の様子から、大谷選手の心の内を勝手ながら覗き見てみたい。

 会見に表れた大谷選手の表情はいつもと変わらなかった。日本で会見が行われたなら、芸能記者あたりがわんさか押し寄せたのだろうが、マイクを向けていたのは顔なじみのスポーツ記者たち。最初の質問はやはりコンディションなどについてだ。右手で右耳の上を触りながら、淡々と調子について答えていく大谷選手。

 ところが話題が結婚になると、水原一平氏の通訳を聞きながら右手で右の耳元を軽くかいた。大谷選手はさらに右手で首元をマッサージするように手を当て、撫でていく。これらの仕草は不快や不安の時によくみられるといわれ、マイナス感情をなだめるものだ。大谷選手はもともと家族を守ろうという意識が強く、家族に関する取材はNGという暗黙のルールがあると聞く。今回も「両親族を含め無許可での取材等はお控えいただきますよう」と呼び掛けている。野球については話すが、プライベートについては見せないというスタンスだ。それだけに結婚やお相手について話すことに抵抗があったのだと思う。

 この会見で彼が見せたボディランゲージには、いくつかの特徴があった。話がお相手との交際について聞かれた際のことだ。知り合ってどれくらいという質問に、「正確にはわからない」と言いながら右手で右の耳元をかいた。交際期間についても、「どれくらいなんですかね。初めて会ったのが3~4年前なので」と答えながら右の耳元をかく。この会見では、話したくない過去について聞かれると右の耳元をかくようだ。彼のクセかもしれないが、クセは気持ちが落ち着かない時や感情が揺れる時などに出やすくなるといわれる。

 大谷選手の愛犬“デコピン”を飼ったのは結婚の影響があったのかと聞かれた時は、「ぼやっと考えていたが、そこまで必ずという感じではない」と答えたが、「手術した時もずっと一人だったので、一人で見ていた」と、ここでも右の耳元をかいた。リハビリ時のことも、おそらく触れたくなかったのだろう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン