芸能

小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」

小池徹平

小池徹平の怪演に注目が集まる

「あの好青年がこんなクズ男になるなんて……」「美男のベッドシーンなのに笑いしか出ない!」──。全国の女性たちが“黄色い悲鳴”を上げるのはかつて“日本一かわいいイケメン”として名をはせた男の怪演ぶり。小池徹平は、いつからこうなったのか。

 初回の見逃し配信再生数がテレビ朝日の歴代全番組史上トップに躍り出たと思えば、TVer(見逃し無料配信動画サービス)の総再生回数も2000万回超えに──伊藤淳史(40才)が演じる“妻の不倫を目撃したサレ夫”・渉があえて離婚せず娘の親権を勝ち取るために奮闘する姿を描いたブラックコメディー『離婚しない男 ─サレ夫と悪嫁の騙し愛─』(テレビ朝日系)が驚異の記録を更新し話題になっている。

 放送後はSNSでドラマの内容がトレンド入りするなど“バズり”の勢いは回を追うごとに加速中。

「地上波でこれまで見たことのないものを作って、バズらせたいと思ったんです。肩が壊れるかもしれないくらい“フルスイング”で取り組んだから、たくさんの人に楽しんでもらえてありがたい限りです」

 同作を“地上波連ドラ最後の脚本作品”と位置づけている放送作家の鈴木おさむさん(51才)がこう語る通り“鈴木おさむワールド”全開の衝撃的なせりふの応酬や、不倫妻・綾香にキャスティングされた篠田麻里子(37才)の体当たり演技など、バズりの理由はいくつもあるが、なかでも注目されているのが小池徹平(38才)演じる「間男」マサトの“クズっぷり”。

 綾香と関係を持ちながらわざと夫婦の住むマンションの隣に越してきて昼間から情事を重ね、口から出てくるのは「どこにキスしてほしい? 上か下か?」「綾香汁の味がする」と放送コードすれすれの大胆な言葉攻め──コラムニストのペリー荻野さんもそんなマサトに翻弄されているひとりだという。

「画面に向かって『イッツショータイム』と大見得を切って“嫌な男”を全力で演じている姿には惹きつけられざるを得ません。不倫相手の綾香はもちろん、夫の渉すらも惑わせるアクが強すぎる魅力がある。

 髪を染めたり服装を奇抜にして外見やイメージを変えてヒール役に挑む俳優も多い中、あの“正統派イケメン”の見た目のままであんなにも嫌〜な役ができるのは演技力の賜物。『WaT』としてアイドル的な人気を誇っていた小池くんが……と感慨深い気持ちにもなってしまいますね(笑い)」

関連キーワード

関連記事

トピックス

家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
女性セブン
歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
優勝トロフィーを手にしたガクテンソク
【THE SECOND優勝】ガクテンソクが振り返る「マシンガンズさんが自滅しはった」 昨年の“雪辱”を果たせた理由
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン