芸能

『不適切にもほどがある』岡田将生はクドカンに直談判してゲスト出演決定 俳優からの“逆オファー”が増える理由

“逆オファー”が増加

“逆オファー”が増加(公式インスタグラムより)

「男のくせに女の腐ったやつ」「何ピリピリしてんの、更年期?」「チョメチョメしたいのに」──コンプライアンスを度外視した表現が連発されるドラマ『不適切にもほどがある!』(TBS系)、通称“ふてほど”が視聴率を伸ばしている。

「初回から第4話まで6〜7%だった視聴率が、2月23日の第5話で8.3%の同番組最高を記録すると、3月1日の第6話でも数字をキープ。見逃し無料配信動画サービス『TVer』の視聴回数ランキングでも常に上位を推移しています。昭和では許された過激なせりふや小ネタは、昭和世代には懐かしく、平成令和世代にはむしろ新鮮で、幅広い世代にウケているドラマです」(テレビ局関係者)

 本作は、クドカンこと宮藤官九郎(53才)が脚本を手がけ、ひょんなことから1986年から2024年にタイムスリップした、阿部サダヲ(53才)演じる昭和のパワハラ体育教師・小川市郎が繰り広げるドタバタコメディーだが、“笑い”だけが魅力ではない。

「昭和と令和の価値観のギャップで笑わせてくるのかと思いきや、真正面から家族愛を描いたホームドラマという一面もあり、『泣ける』と評判なんです。そのギャップにハマる人が続出しています」(前出・テレビ局関係者)

 毎回豪華かつ意外なゲストが出演するのも見どころの1つだ。第5話では、マハラジャの黒服役で錦戸亮(39才)が登場。2019年9月に旧ジャニーズ事務所を退所した錦戸にとって、5年ぶりの民放ドラマ出演となった。また、第6話では、松村雄基(60才)が本人役で出演。その内情について、前出のテレビ局関係者が明かす。

「クドカン作品はキャスティングに独特なこだわりがあり、そこもファンの楽しみの1つ。近年は過去のクドカン作品に出演していた役者たちを中心に、『出たい!』と名乗りを上げる人もいて、よりゲスト出演が“ぜいたく”になっているのです」

 3月8日放送の第7話のゲストは、岡田将生(34才)。

「岡田さんは、河合優実さん(23才)演じる市郎の娘、純子と親しくなる美容師役で出演します。宮藤さんに『ワンシーンだけでも出させてください』と直談判して出演が決まったそうです」(芸能関係者)

映画『謝罪の王様』(’13年)の出演以降、クドカン作品は4作目となる岡田

映画『謝罪の王様』(2013年)の出演以降、クドカン作品は4作目となる岡田(公式インスタグラムより)

 デリケートな領域に堂々と踏み込んだ今作は、視聴者だけでなく、表現を生業とする演者たちをも惹きつけているようだ。

「実は、最近このような“逆オファー出演”が増えているんです。今作と同じく宮藤さんが脚本を書いた『俺の家の話』(2021年、TBS系)にゲスト出演したムロツヨシさん(48才)や、昨年の大ヒットドラマ『VIVANT』(TBS系)の松坂桃李さん(35才)もそうです」(前出・芸能関係者)

 逆オファー出演が増えた理由として、俳優たちが置かれた環境の変化がある。

「近年、俳優と制作陣の結びつきがより強固になっていること。そしてもう1つは芸能事務所と俳優の関係性の変化です。ここ数年、大手事務所から独立する俳優が増えています。すべてを事務所任せにしていた頃と違い、役者本人が役を吟味し、自己プロデュースも考える時代と言えます。そんななか、いい作品には自然と“出たい”という声が集まる、ということなのでしょう」(前出・芸能関係者)

 ドラマはここからが佳境。最終話までどんなゲストが出演するのか。ストーリー展開とともに気になるところだ。

※女性セブン2024年3月21日号

関連記事

トピックス

中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
最初にペンライト文化を広めた西城秀樹さん
「ペンライト文化は韓国発祥」BTS事務所の主張で論争 専門家は「最初に広めたのは西城秀樹さん」、“ゴンドラ”“観客と同じ振り付け”も秀樹さんの功績
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
性的暴行の疑いで逮捕された佐野海舟(インスタグラムより)
「面識のない女性を3対1で…」性的暴行で逮捕・佐野海舟容疑者「社会を知らない」と危惧していた父…直前に「プライベートも楽しむ」“意味深”投稿
NEWSポストセブン
深沢の唯一のレギュラー番組は『噂の!東京マガジン』のみ
《本人を直撃》深沢邦之“ホテルデート”のお相手は元妻・田中美佐子の“20年来のファン女性”だった!ブログのコメント欄で深めていた“親密な関係”
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン