スポーツ

《韓国到着でフィーバー》大谷翔平が2ショット公開 27才結婚相手・田中真美子さんは元有望バスケ選手でモデルも務めた“二刀流”

(写真/時事通信フォト)

韓国に到着した大谷と真美子さん(写真/時事通信フォト)

 2月29日に結婚を発表したロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平(29才)が3月15日、自身のInstagramのストーリーズで、妻・田中真美子さん(27才)の写真を公開した。パドレスとの開幕シリーズの舞台になる韓国・ソウルへ向かう飛行機の前で撮影したもの。

 田中さんは、193cmの大谷と並んでも見劣りしない長身で、2人ともウェアは「ナイキ」、スニーカーは「ニューバランス」。シンプルなファッションをおしゃれに着こなしている。写真には水原一平通訳と水原氏の妻とみられる女性、山本由伸(25才)と園田芳大通訳も並んでいる。

 その後、大谷らを乗せた飛行機は韓国・仁川国際空港に到着。空港には日韓メディア、熱心なファンたち約600人が詰めかけた。到着ゲートが開くと大谷が先頭で登場。その後ろを田中さんが笑みを浮かべながら歩いた。

 気になるのが田中さんの素顔だ。「BARSTOOL SPORTS」「ESPN」などアメリカの複数のスポーツメディアは公式Xなどで田中さんの情報を投稿。ESPNは、バスケットボール選手として活躍したことについて触れ、「富士通レッドウェーブで4シーズン過ごした」、身長は「5フィート11インチ」(約180cm)、「田中は昨季28試合でゴール成功率47.7%」などと紹介し、反響を呼んでいる。

中学時代からバスケ漬けの日々を送る

“元同僚”バスケットボール日本代表の馬瓜エブリンは15日、「おめでとう」と自身のXで結婚を祝福した。周囲から「“ザ・いい人”とも言うべき愛されキャラ」と評される田中さん。その素顔とは--。
 
 東京都出身の田中さんは小学校では空手を習い、中学からバスケットボール部に入部。強豪校ではなかったがチーム一丸となって練習に励み、3年時には都大会に出場し、ベスト16まで勝ち進んだ。

 その頃、すでに身長が177cmに達していた田中さんは実績を引っ提げ、高校は関東屈指の女子バスケ名門校に進み、さらなるハードワークに明け暮れた。

「“努力”をモットーとするチーム方針のもと、高校時代は朝練に出るため早朝5時台の電車で1時間かけて通学し、帰宅は夜9時過ぎ。学校が休みの日も一日中、厳しい練習をこなしました」(田中さんの知人)

 高校卒業後は、最難関の早稲田大学に進学。在学中にU-24日本代表として出場したユニバーシアード(大学生の国際大会)で活躍し、50年ぶりの銀メダル獲得に貢献した。そして大学卒業後は強豪実業団の「富士通レッドウェーブ」に入団、という輝かしい経歴を持つ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

米東部ペンシルベニア州バトラーで、警護官に囲まれるトランプ前大統領(EPA=時事)
《トランプ前大統領銃撃事件で使用》「全米で広く出回る」AR-15ライフル、日本の暴力団が「使わない」理由
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
日本競泳界の新エースとして期待される本多灯
【パリ五輪・競泳】日本のエース・本多灯の直前練習に密着 自称“無邪気な永遠の4歳児”は「勝つ自信はあります」と凛々しい表情
週刊ポスト
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン