芸能

【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い

髪をまとめてリズムに乗って楽しげに歌っている

髪をまとめてリズムに乗って楽しげに歌っている(公式YouTubeより)

 突然の再始動宣言から約1年半。伝説の歌姫・中森明菜(58才)が音楽活動を再開し、完全復活に向けて大きな一歩を踏み出した。恩讐を越えて30年ぶりの“再会”を願う彼女の家族には、いまこそ伝えたいメッセージがあるという。

「歌っている姿を久しぶりに見て『よかった!』としみじみ思いました。彼女は来年、還暦を迎えますが、年齢より若く見えるし、体もよく動いている。一時はずいぶん心配しましたが、すっかり体調もよくなっているようで安心しましたよ」

 弾んだ声でそう語るのは、中森明菜の3才上の兄である。4月3日、YouTubeの公式チャンネル「AKINA NAKAMORI OFFICIAL」で、明菜が往年のヒット曲『TATTOO』のジャズバージョンを披露した。高く結んだポニーテールを小刻みに揺らし、スイングしながら楽しげに歌う姿は、伝説の歌姫の“完全復活”を予感させるに充分な映像だった。

「動画の再生回数は瞬く間に480万回を突破(4月17日時点)。翌週、セルフカバー曲の第2弾として公開された1987年のヒット曲『BLONDE-JAZZ-』も250万回以上再生され、根強い人気と世間の関心の高さを知らしめました」(芸能リポーター)

 一連の動画は5月に明菜がデビュー42周年を迎えるにあたって、5週連続でアップされる予定の特別企画。どの曲をカバーするのかは公開当日まで伏せられているため、動画の更新を心待ちにしているファンは少なくないという。

「明菜さんは、昨年12月にも『北ウイング-CLASSIC-』を歌うモノクロの動画を公開していますが、今回のように鮮明なカラー映像がメディアに流れるのは2014年のNHK『紅白歌合戦』以来、約10年ぶり。7月には都内の会場でファンミーティングを行う予定もあり、公の場に久々に姿を見せることも注目を集めています」(レコード会社関係者)

 2017年末にディナーショーを行ったのを最後に、表舞台から姿を消していた明菜が“再始動”を宣言したのは2022年8月。デビュー40周年の節目に前事務所から独立し、自ら個人事務所「HZ VILLAGE」を立ち上げての再出発だった。

「長い沈黙を破って、ホームページやSNSにメッセージを掲載し、体調と向き合いながらゆっくり歩き出していくことを宣言。同年12月にはファンクラブも開設しています」(前出・レコード会社関係者)

 前出の明菜の兄が語る。

「ありがたいことに、自分の周りでももう一度歌ってほしいと言ってくれるかたがたくさんいました。事務所が変わって、そろそろまた活動できるかなと思っていたので、こうして元気な姿を見ることができたのは本当にうれしい。まだ父には話していませんが、明菜の復活を伝えたらさぞかし喜ぶでしょうね」

 今年、90才になった明菜の父は昨年末から入院生活を送っているという。

「散歩中に転倒して肋骨と右手を骨折してしまい、いまも病院にいるんです。介護施設に入る予定もあるのですが、なかなか条件が合わなくてね。実は、父はもう自力で食事をとることができず、管を通して栄養を摂っているような状態なんです。自分も長らく明菜と会っていませんが、何とか連絡を取って父の状況を伝えたい」(明菜の兄)

 家族思いだった明菜が中森家と“絶縁”したのはいまから30年以上前のことだった。

「金銭トラブルや最愛の母の病死など、さまざまな原因が報じられてきましたが、真相は判然としていません。若い頃から事務所スタッフや恋人の裏切りに傷つけられてきた明菜さんは、一時期、極度の人間不信に陥っていました。家族が自分のお金を使い込んでいると疑っていたこともあり、1995年にお母さんが亡くなる前に自分の意志で中森家の戸籍から抜けてしまったのです」(中森家の知人)

関連キーワード

関連記事

トピックス

ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
『君の名は。』のプロデューサーだった伊藤耕一郎被告(SNSより)
《20人以上の少女が被害》不同意性交容疑の『君の名は。』プロデューサーが繰り返した買春の卑劣手口 「タワマン&スポーツカー」のド派手ライフ
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
《大好評ドラマ》『アンメット』杉咲花を歌で支える女性アーティストたち 木村カエラらのCMはドラマと“最高のコラボ”
NEWSポストセブン
綾瀬はるかが結婚に言及
綾瀬はるか 名著『愛するということ』を読み直し、「結婚って何なんでしょうね…」と呟く 思わぬ言葉に周囲ざわつく
女性セブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
食品偽装が告発された周富輝氏
『料理の鉄人』で名を馳せた中華料理店で10年以上にわたる食品偽装が発覚「蟹の玉子」には鶏卵を使い「うづらの挽肉」は豚肉を代用……元従業員が告発した調理場の実態
NEWSポストセブン
17歳差婚を発表した高橋(左、共同通信)と飯豊(右、本人instagramより)
《17歳差婚の決め手》高橋一生「浪費癖ある母親」「複雑な家庭環境」乗り越え惹かれた飯豊まりえの「自分軸の生き方」
NEWSポストセブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン
やりたいことが見つかると周りがみえなくなるほど熱中するが熱しやすく冷めやすいことも明かした河合優実
大ブレイクの河合優実、ドラマ『RoOT/ルート』主演で感じる役柄との共通点「やりたいことが見つかると周りが見えなくほどのめり込む」
NEWSポストセブン