チョコボール向井一覧

【チョコボール向井】に関するニュースを集めたページです。

2017年の芸能ニュース1位は
2017年重大ニュース【芸能】上原多香子の泥沼騒動
 2017年も『NEWSポストセブン』では数多くの記事を紹介し続けてきた。その中から編集部が、ネットで反響の大きかった記事を中心に、巷の重大ニュースとは、ひと味違う2017年の「重大ニュース」を厳選した。 ここでは【芸能】編ベスト10を紹介。トップ3の記事については、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が解説する。(以下「」内は中川氏のコメント)●芸能編1~3位【1位】■上原多香子 自死した夫の遺書公開で「俳優との不倫」発覚(8月)「上原多香子が俳優・阿部力と不倫をしていた後に夫・TENNさんが亡くなった件です。とにかくすさまじいアクセス数でした。関連記事の〈上原多香子 不倫LINEで「止められなくなる」「そばにいて」〉〈上原多香子 新たな熱愛で自死した夫の籍を抜いた〉などにくわえ、2014年の記事〈故TENNさんの母 妻・上原多香子に「息子の骨渡せん」の理由〉も再度注目されることとなりました。『息子の骨渡せん』は掲載当時は美談として扱われたのですが、この不倫発覚以降はTENNさんの母がなぜ『渡せん』と言ったのかの意味も謎解きのように理解でき、TENNさんの深い悲しみに同情を禁じざるを得ません」【2位】■嵐・櫻井翔とテレ朝・小川アナに熱愛発覚 追跡11日写真(2月)「以前、嵐・二宮和也と伊藤綾子アナの熱愛を当サイトでは掲載しましたが、そのときは伊藤アナに対する批判がネットでは殺到しまくりでした。それは、伊藤アナが二宮と交際している形跡を彼女のブログに時々残していたからなのですね。一方小川アナはそんなことは一切せず、『小川アナで安心した』的な声も多く、対照的な扱いを受けていた印象です」【3位】■芳本美代子、目が覚めたら田代まさしの顔が目の前にあり仰天(8月)「かつてテレビ番組の定番に“芸能人水泳大会”がありましたが、昭和の香りがプンプンするこの番組、“ポロリ要員”がいたことなど、色々振り返ったシリーズ。その中でも『起きたら田代まさしがいたらそりゃビビるだろうよ!』という声が多数上がったのがこの記事です。中年世代以降にはこのシリーズは懐かしかったようで、他にも〈おりも政夫も唖然! 芸能人水泳大会での松本伊代の驚愕行動〉〈ダンプ松本 国生さゆりと小泉今日子に潰された思い出〉などの記事が多数読んでいただけました」●以下、4~10位■中居正広 32歳振付師との「6年熱愛」スクープ撮(3月)■船越英一郎 松居一代との離婚を決めた息子の一言(7月)■専門家も衝撃の「隠れ」は土屋太鳳 最強・石原さとみを凌駕(11月)■脳卒中で倒れたチョコボール向井氏 リハビリの日々を語る(8月)■切らない選択をした麻央さん 「できれば3人目」という思い(6月)■木村拓哉 誰も突っ込まない夫婦の「シザーサラダ」騒動(1月)■落合福嗣氏が人気声優に 「想像以上の実力」と生島ヒロシ氏(4月)
2017.12.29 16:00
NEWSポストセブン
脳卒中で倒れたチョコボール向井氏 リハビリの日々を語る
脳卒中で倒れたチョコボール向井氏 リハビリの日々を語る
「急に喋れなくなり、左半身が麻痺して、気がついたらそのまま病院に……」──車椅子に乗ってそう話すのは元AV男優・プロレスラーのチョコボール向井氏(50)だ。1990年にAV男優デビューした向井氏は、加藤鷹氏とともにそれまで日の目を浴びなかった「AV男優」の知名度を上げた“功労者”だった。 2007年でAVを引退後は飲食店などの経営者として活躍していたが、この6月末、自身のバーで脳卒中で倒れてしまったという。後遺症で左半身に麻痺が残り、現在はリハビリに励む毎日を過ごしている。「飲みすぎと塩分の取りすぎが原因。お客さん相手の商売ということもあり、それまで飲めなかったのに、毎日ビールを10本飲んで、食事といえば肉ばかり。今になって、もう少し節制していればと後悔するばかりです」 約1か月寝たきりだったこともあり、体重も激減。呂律も回らず、口調もややぎこちない。ファンにお馴染みの、あの黒光りした、筋骨隆々な“チョコボール”の面影はない。 リハビリの糧になっているのがファンからの励ましのメールだ。SNSで病状について公表したところ、多くのメッセージが寄せられた。また、かつての“盟友”もお見舞いに駆けつけてくれたという。「AV男優時代の先輩である加藤鷹さんがお見舞いに来て、『チョコ元気だせよ!』と励ましてくれたのには感激しました」 リハビリの進行状況は良好。短い距離なら1人でも歩けるようになるなど、徐々に回復しているという。順調なら年末までに退院できる見込みということもあり、表情は明るい。「脳の病気は怖いですが、リハビリすれば良くなります。また復活できるようにがんばります!」
2017.08.29 16:00
NEWSポストセブン
安めぐみとベッドイン経験のチョコボール向井 安の結婚祝う
安めぐみとベッドイン経験のチョコボール向井 安の結婚祝う
10月8日のスポーツ紙が安めぐみと“東MAX”こと東貴博の結婚をスクープとして報じたが、それより半年前の3月18日号にて、本誌は「通い同棲&結婚間近」といち早く報じた。記事では安が東の高級マンションに足繁く通って半同棲状態なこと、昨年3月に安の母親が亡くなった際に東が彼女を支えて絆が深まったことなどを報じた。本誌発売後、東は出演するラジオ番組で、高田文夫に記事の件を突っ込まれながらも最後までシラを切り通していた。関係者によると、本誌が熱愛を報じたことで、ふたりが真剣に結婚を考えるきっかけになったという。かねてから安は「20代のうちに結婚したい」と公言していたために、12月22日の誕生日前にも婚姻届が提出されると見られる。披露宴ではきっと、東の父・八郎の名曲『娘へのバラード』が奏でられることだろう。ところで、ふたりが交際を開始した2007年よりもはるか前に、安と「ベッドを共にした」男性がいる。元AV男優のチョコボール向井氏だ。現在は新宿2丁目でスナックを営んでいる。安とチョコ氏の出会いは、2001年放送の深夜番組『トゥナイト2』。売り出し中のタレントとして出演していた当時19歳の安は、人気絶頂の有名男優に体当たり取材を敢行していた。インタビューはふたり並んでベッドの中。「初体験はいつですか?」と安はチョコ氏に問いかけるも、「自分はどうなの? 2人? 3人?」と逆質問で迫られ、「自分はまだまだですよ~、ヤッてないってば~」と愛らしくはぐらかしていた。チョコ氏が監督するAVの撮影現場にも憶することなく飛び込み、レポーター役を見事にこなしていた。チョコ氏はいう。「あの時の女の子が安さんだと知ったのは、6年ほど前。すでにグラビアアイドルとして大活躍していました。僕の撮影現場取材の経験を、夜の新婚生活に生かしてほしいですね」※週刊ポスト2011年12月23日号
2011.12.14 07:00
週刊ポスト

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン