樹木希林一覧/11ページ

【樹木希林】に関するニュースを集めたページです。

「全身がんだらけ」の樹木希林 それでもなぜ元気なのか
「全身がんだらけ」の樹木希林 それでもなぜ元気なのか
 女優・樹木希林(73)の口から「全身がん宣言」が飛び出したのは2013年3月のことだった。あれから3年。樹木は精力的に映画やイベントに出演を続け、「本当にがんなの?」という声さえ上がるほど。なんでそんなに元気なのだろうか?「治療 選べる時代 人生最期をどう生きる」をテーマにした、2月9日放送のNHK『クローズアップ現代』。ゲスト出演した樹木は、キャスターの国谷裕子氏に「全身にがんが転移しているとはまったく思えないが?」と問われると、いつもの自嘲気味な微笑を浮かべながらこう答えた。「来週にはまた治療に入るんですけれども(中略)私は本当、死ぬ死ぬ詐欺なんて笑っているんです」 それにしても何度も再発や転移を繰り返しながら、なぜピンピンしているのか。医療ジャーナリスト・田辺功氏はその秘密について、「四次元ピンポイント照射治療の効果ではないか」と語る。 四次元ピンポイント照射治療とは、がんの放射線治療法の一種だ。縦横奥行きの“立体的照射”に加え、呼吸などによる体の動きのタイムラグ、つまり“時間軸”を計算し、がん細胞を追尾しながらピンポイントで放射線を照射する。 樹木が2007年から治療を受けてきたのは、鹿児島にあるUMSオンコロジークリニックだ。「四次元ピンポイント照射の機械は全国に数台ありますが、同クリニックでは院長の植松稔氏が開発した独自の機械を使っています。患者をベッドに固定したままベッドをスライドさせて放射線を照射するもので、呼吸などによる“ズレ”がないため、狙ったがん細胞に強力な放射線を当てられる」(田辺氏) 樹木自身も『クローズアップ現代』で、「放射線のピンポイントの治療なんで、非常にこれは楽な治療なんですね」と語っていた。 ただし、健康保険のきかない自由診療のため、「治療費は200万~300万円ほどかかる」(田辺氏)という。都内に住む樹木の場合、これに交通費や滞在費用が加わる。 樹木は『女性セブン』2012年9月27日号でのインタビューにこう答えていた。〈(治療は)週に何回じゃなくて毎日で……。通うことはできないから、1か月くらい滞在したんですよ〉 樹木はUMSオンコロジークリニックに定期的に検診に訪れ、再発が判明するたびに四次元ピンポイント照射治療を受けてきたという。前掲のインタビューではこうも語っていた。〈(がんとは)つきあいたくないけど、出てくるものはしょうがないですよね。私の場合、日々の生活の仕方は、がんを受け入れているという形なんですよ〉 がんの発見が遅れて、気づいた時には手遅れになっているケースは珍しくないが、頻繁にチェックしている樹木は、「がんであるがゆえに、早く他のがんが見つかり、結果的に長生きできている」(田辺氏)わけだ。 UMSオンコロジークリニックからは「患者さんからの問い合わせ以外には応じない」とコメントは得られなかったが、クリニックのHPで植松院長は次のように書いている。〈一つだけ確かなことがあります。それは、進行がんや転移がんを確実に治す方法などこの世にはどこにもないのに、現実には治る人と治らない人にはっきりと分かれるということです。 そして治った人、病気を克服した人は、ほぼ全員が無理ない形で医療の力を利用しながらも、最終的には自分の力で病気を克服しているということです。(中略)自分の身体の力でがん細胞と闘う免疫細胞にしっかりとスイッチが入ったということを示しています〉※週刊ポスト2016年3月4日号
2016.02.23 11:00
週刊ポスト
妻・樹木希林と40年別居の内田裕也 最近は帰宅が増える
妻・樹木希林と40年別居の内田裕也 最近は帰宅が増える
「10年前にがんを切ってから今日までのこの時間は、自分の苦しみがあったから、自分を見つめることができたんじゃないかと思っているんです」 2月9日、『クローズアップ現代』(NHK)に出演した樹木希林(73才)は、がんと歩んできた時間をそう振り返った。この日のテーマは『がんを“生ききる”』。集大成となるアルバムを発表した2日後に息を引き取ったイギリスの人気ロックミュージシャンのデヴィッド・ボウイ(享年69)や、亡くなる直前までテレビ出演を続けたジャーナリストの竹田圭吾さん(享年51)などを引き合いに、がん患者の終末期にスポットライトが当てられた。「私の場合は親も死に、子供も自立して、それこそいつどうなっても“大丈夫大丈夫”っていうようなね。うちの旦那さん(内田裕也・76才)が“おれのことは連れて行くなよ。1人で逝ってくれ”って。“わかってますよ”って(笑い)」 そう語る樹木の体に初めてがんが見つかったのは、2004年秋のこと。乳がんだった。翌年1月、医師のすすめもあり右乳房を全摘出。だが、2007年に切除したはずの右乳房の近くでがんが再発した。「全摘出しても、残った乳腺や関連部位でがんが再発することもあるということでした。別の医者にかかった樹木さんは、切らずにピンポイントでがん細胞を攻撃する放射線治療を受けた。これがかなり効果的だったそうです」(樹木の知人) 一時は「乳がんが消えた」と公表できるまでの状態になったが、2012年頃に副腎や脊椎への転移が発覚した。「私はがんができる体質になっちゃって。(がんとは)つきあいたくないけど、出てくるものはしょうがないですよね。私の場合、日々の生活の仕方は、がんを受け入れているという形なんですよ」 当時、女性セブンの取材にそう答えていた樹木。その後、ここ数年は治療も一段落していたが、「またここんとこへ来て治療が必要になりました。来週にはまた治療に入ります」と同番組では近々再開する必要に迫られていることをあっけらかんと明かした。 1973年10月に出会って5か月でスピード婚をした樹木と内田。しかし、すぐに内田のDVが始まり、結婚から1年半後には別居状態となる。そして別居したまま約40年夫婦関係を続けてきた理由を、樹木は昨年5月の新聞のインタビューでこう明かしていた。「私にとっては大事な重しなんですよ。最近はだいぶ私の変なところも知られてきたけど、内田さんがおかしくて、私がちゃんとしてるふうに思われた時期もあるのね。だけど本当は、どこに飛んでっちゃうかわからないような人生を送るはずだったんです、私が。だから、いい重し」 都内の高級住宅街の一角に、樹木が本木夫婦と暮らす家がある。その家の表札には金色の文字で「UCHIDA YUHYA」と刻まれている。「本木さんの名前をいちばん上に入れてあげてもいいと思うんですが、表札はずっとあのまま。いろいろいわれても、樹木さんと内田さんはしっかりつながっているんだろうな…と思いますね」(近隣住民) 数か月顔を合わせないのも当たり前で、内田を“回遊魚”と呼んでいた樹木。だが、最近の様子を近隣住民はこう続ける。「夕方の時間が多いですが、内田さんがタクシーで帰ってくる姿をよく見かけるようになりました。ふたりでどこか食事に出て行くところも見ますね」 明るく、ただ達観して生き切ろうとする超人なわけではない。樹木は冒頭の番組内でこんな心情も吐露した。「ズーンと落ち込むことはあるわけです。仕事では落ち込まないけど、命というものがなくなるんだと思った時なんかは(中略)そういう時は笑うの。笑うの。そして自分の頭を撫でるの」 ジタバタしてみっともなくても、「あの婆さんはあんなふうに死んだんだね」と孫に見せたいとも話していた。※女性セブン2016年3月3日号
2016.02.19 16:00
女性セブン
山路ふみ子新人女優賞を受賞した広瀬すず
山路ふみ子新人女優賞受賞の広瀬すず「出会いが財産になった」
 第39回山路ふみ子映画賞贈呈式が11月27日、東京・新橋ヤクルトホールで開催された。作品賞にあたる「山路ふみ子映画賞」は『海街diary』の是枝裕和監督が受賞。さらに、同作に出演した広瀬すず(17才)が新人女優賞を、同じく『海街diary』に出演した樹木希林(72才)が女優賞を受賞した。 贈呈式に出席した広瀬は「たくさんの人との出会いが財産になった」と『海街diary』の撮影を振り返る。さらに、1年かけて撮影したということで、自らの成長ぶりをここまで記録してもらえる作品は最初で最後と、特別な1作品であることを強調していた。撮影■小彼英一
2015.12.22 16:00
NEWSポストセブン
映画『海街diary』では姉妹役を演じた綾瀬はるかと広瀬すず
授賞式で再会、綾瀬はるか&広瀬すず 姉妹のように仲良い姿
 第7回TAMA映画賞の授賞式が11月21日、パルテノン多摩で開催され、最優秀女優賞を受賞した綾瀬はるか(30才)、最優秀新進女優賞を受賞した広瀬すず(17才)らが出席した。 綾瀬は、四姉妹の長女役で出演した『海街diary』(是枝裕和監督)で最優秀女優賞を受賞。同じく『海街diary』 で四姉妹の四女を演じた広瀬は、同作について「たくさん勉強させていただきました」とコメントした。久々の再会となった綾瀬と広瀬は、まるで本当の姉妹のように楽しげな様子だった。 ちなみに、最優秀作品賞は『海街diary』 と、『きみはいい子』(呉美保監督)が受賞。最優秀女優賞は綾瀬とともに樹木希林(72才)が、最優秀新進女優賞は広瀬とともに杉咲花(18才)が受賞した。撮影■浅野剛
2015.11.29 16:00
NEWSポストセブン
アンジー、アグネス、邦子、希林… 乳がんと闘った女性たち
アンジー、アグネス、邦子、希林… 乳がんと闘った女性たち
 健康そのものの北斗晶(48才)が、ブログで6366字の衝撃の告白を、病床から綴ったのが9月23日。乳がんに侵され、右乳房摘出手術を受ける前日のこと。 七夕の夜に胸の細胞からがんの陽性反応があり、セカンドオピニオンでも乳がんは陽性。それから彼女の葛藤が始まった。「元気な埼玉のおばちゃんだから仕事があるのに…」と病気のことを秘密にしようと考えたが、主治医に「胸の事より今は5年先、10年先を生きることを考えましょう」といわれ、「私だからこそみんなが乳がんの話に耳を傾けてくれるかもしれない」と公表を決意する。そして手術は、無事終了した。これから北斗の長い闘病生活が始まるが、家族の支えでその日々を乗り越えてくれることを信じたい。 女性の12人に1人は罹るといわれる乳がん。有名人の中でも、乳がんと闘った女性は少なくない。 たとえば母が乳がんにかかり、10年近く闘病生活を送った末に逝去した過去を持つアンジェリーナ・ジョリー(40才)。変形遺伝子の検査を受け、将来乳がんになる可能性は87%と知らされ、予防のため2013年2月、両乳房の切除手術を受けた。精密検査の結果、病巣はなく乳首・乳房を温存できることが判明。3か月、4回の手術でインプラントを詰め込む乳房再建手術も完了。当時まだ結婚はせずパートナーだったブラッド・ピット(51)がずっと病室につき添っていた。 山田邦子(55才)は、がんを発症しやすい家系に生まれたのだという。自分で触診をしていたときにシコリを感じ、乳がんの検査を受けたところ2007年に3つのがん細胞が見つかった。2度の摘出手術の後、ホルモン治療を続けた結果、5年後に乳がんを克服。乳がんの早期発見、早期治療を呼びかけている。 樹木希林(72才)は、2005年に乳がんの切除をしたが、2年後くらいから数か所に転移。医師から、“全身がん”と説明され、ピンポイントで放射線治療をしている。死への覚悟は常にあるそうで、「孫の声の聞こえるところで死にたい」と娘婿の本木雅弘(49才)に伝えてある、とテレビ番組で明かした。 2007年、体内の粘液の中にがんが浮いているという乳がんにかかり摘出手術を受けたのは、アグネス・チャン(60才)。三男のスタンフォード大の入学式から帰り、北斗の乳がん手術について聞かれ、「精神的に負けないこと。元気になったら早めに仕事復帰すること」とアドバイスをした。 麻木久仁子(52才)は、2012年に人間ドックでマンモグラフィーと超音波検査を受け、早期の乳がんと判明。特に右乳房はがんが乳首の近くだったので再手術となり、ギリギリのところで乳首は残った。今もホルモン治療と3か月に1度の検診を受けている。※女性セブン2015年10月15日号
2015.10.02 07:00
女性セブン
女性の願い叶える三重の神社 紀子さまはお守り献上後ご懐妊
女性の願い叶える三重の神社 紀子さまはお守り献上後ご懐妊
 古来、地元の海女が足繁く通い、大漁と安全を祈願してきた三重県鳥羽市にある神明神社。そこに祀られる「石神さん」は“女性の願いを必ずひとつ叶えてくれる”とされる。藤原紀香(44才)も、片岡愛之助(43才)との交際前に参拝していたという。 紀香に神明神社を教えたのは事務所の後輩である西山茉希(29才)だという。「西山さんが『石神さん』を参拝した後、すぐに早乙女太一さん(23才)とデキ婚しました。喜んだ西山さんが『すごいご利益の神社がある』と紀香さんに教えたようです」(紀香の知人)「石神さん」を頼る有名人は彼女たちだけではない。「ここにはプライベートで多くの芸能人がいらっしゃいます。道端ジェシカさん(30才)はお友達といらして、その後すぐにF1レーサーのジェンソン・バトン(35才)との交際が始まりました。樹木希林さん(72才)がおひとりでみえたこともあるし、最近では黒田知永子さん(54才)が来ました」(神社関係者) 2006年8月に放送された番組のロケで訪れた吉岡美穂(35才)は同年11月にIZAM(39才)との結婚を発表した。同じロケに参加していたオセロの松嶋尚美(43才)も2008年6月にロックバンドのボーカリストと結婚。「元バレーボール選手の益子直美さん(49才)は、2006年に番組ロケで訪れた翌日にプロポーズされました。その後、結婚してからお礼参りも欠かしていないそうです」(芸能関係者) スポーツ選手で大願成就したのはマラソン選手の野口みずき(37才)。「石神さん」のお守りを携帯して2004年のアテネ五輪女子マラソンに臨み、見事金メダルを獲得した。 さらに――。「2005年6月に相差町の会議所会頭が秋篠宮殿下に面会した際、紀子さま、眞子さま、佳子さまに神明神社のお守りを献上しました。その8か月後、紀子さまが悠仁さまをご懐妊されたと報じられました」(相差町関係者)※女性セブン2015年10月1日号
2015.09.22 07:00
女性セブン
激ヤセ姿には心配の声も
川島なお美 露出の多いワンピースで深刻な様子ナシと目撃談
 9月上旬、シャンパンに関する記者発表で6月以来公の場に姿を見せた川島なお美(54才)。3か月間という短い間での激やせぶりに心配の声が挙がっている。川島は、昨年1月に行われた肝内胆管がんの手術を受けた。その後再発などは報告されていないが、体重は30kg台前半にまで落ちた。川島の代名詞だったワインもずっと断っている状態だという。 過去にも川島さながらの女優がいた。 名脇役としてならした深浦加奈子さん(享年48)は胆管がんに侵されながらも女優業を優先。全身にがんが転移した後も、死ぬ間際までがんを隠して演技を続け、2008年8月、椅子に座りながら絶命した。 乳がんを患った田中好子さん(享年55)は抗がん剤の副作用で髪の毛が抜け落ち、やせ衰えて、かつらの着用を公にしながらも芸能活動を続け、2011年4月に亡くなった。 樹木希林(72才)もまた、全身がんに侵されながら、手術や抗がん剤治療を拒否して活動を続けている。がんが発覚して以降、「ジタバタしなくても勝手に死ぬ」という諦念を持って人生を歩んでいる。 医学が進歩し、がん治療の選択肢が増えた現在、川島や樹木のように、従来の医学的治療を拒否する人も増えている。 元慶応大学医学部専任講師の近藤誠氏は、「抗がん剤は効かない」「がんは放置しておくべき」という独自の理論をメディアで展開し、著作は軒並み大ベストセラーになっている。 今では乳がん患者の6割が乳房の全摘出手術をしない乳房温存療法を希望するという。 医学博士の狭間研至氏(医療法人大鵬会千本病院の院長代行)が語る。「近年の研究や治療法の進歩によって、がんの状態に応じて、手術や抗がん剤、放射線治療を適切に選択できる時代になってきました。場合によっては緩和療法へとシフトする状況もでてきます。 免疫療法という新しい選択肢もでてきていますが、抗がん剤や放射線治療は副作用へのフォローをきちんとすれば、予後が期待できる場合も増えてきています。セカンドオピニオンも一般的になりましたので、主治医とよく相談しながら、患者が自分なりにいちばん良いと思う治療法を選ぶことが、なによりも大事なことです」 抗がん剤などの副作用に苦しみ、いたずらに「生活の質(QOL=クオリティー・オブ・ライフ)」を下げるのではなく、QOLの向上のための最善策を医者と相談して患者自身が決める──そんな時代にあって、「治療しない」こともまた、それを選んだ患者にとっては1つの“闘病”なのかもしれない。 川島のブログを見ると、このひと月は、友人とお気にいりのビストロに行ったり、愛犬と近所を散歩したり、夫との居酒屋デートを楽しんだりと、日常生活を満喫する姿が印象的だ。 行きつけの都内イタリアンでは、こんな目撃情報もある。「川島さんは今も女友達や仕事仲間とよく来て、お食事されていますよ。ワインは飲まれていませんが、香りだけを楽しむことはあります。たしかに傍目にもはっきりわかるほどやせてしまって、最初は心配でした。でも、ほかならぬ川島さん自身が、いつも本当に明るいんです。この前も堂々と露出の多いワンピースで来ていましたしね(笑い)。深刻な雰囲気はまったくありません」(店員の一人)※女性セブン2015年10月3日号
2015.09.20 07:00
女性セブン
樹木希林「ほっときゃいつか死ぬ、急がないで」とメッセージ
樹木希林「ほっときゃいつか死ぬ、急がないで」とメッセージ
 1万8048人――。 これは、1972年から2013年までの42年間に自殺した18才以下の子供の総数である。 日にち別に見ると、最も自殺者が多かったのは、9月1日の131人。2番目の4月11日(99人)、3番目の4月8日の95人と比べても突出している。《もうすぐ二学期。学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい。一日いても誰もなにも言わないよ》 8月下旬に鎌倉市中央図書館の職員が綴ったこんなツイッターが大きな反響を呼んだように、夏休み明けというのは、全国各地で子供の自殺が相次ぐ魔の季節である。 この時期を前に、8月18日、ニュースサイト「不登校新聞」(NPO法人全国不登校新聞社)が緊急号外を発表した。 同サイトではその後、東ちづる(55才)、上野千鶴子(67才)、茂木健一郎(52才)ら複数の著名人の言葉が次々と掲載されたが、中でも最も反響を呼んだのが、樹木希林(72才)の882文字の命のメッセージだった。《この言葉、一人でも多くの子供に届けて欲しい》《なんて優しい言葉なんだろう。希望の光になりました》 ネット上でそんな感想が溢れた樹木のメッセージには、古希を超えて悟った生と死の真理が淡々と書かれていた。《大丈夫。私みたいに歳をとれば、ガンとか脳卒中とか、死ぬ理由はいっぱいあるから。無理して、いま死ななくていいじゃない。だからさ、それまでずっと居てよ、フラフラとさ》(『不登校新聞』より) 樹木の死生観が見事に表れた文章だと、彼女を知る芸能関係者は語る。「2013年に全身がんが発覚してから、希林さんはいい意味で諦念を持って生きるようになりました。“ジタバタしなくたって、そのうち自動的に死ぬわよ”って…。いまだに手術も抗がん剤治療も受けていませんからね。 無理に生きようとすることも、逆に無理に死のうとすることも、等しく意味がない。そんな考えの希林さんからすると、子供の自殺っていうのはいちばんの悲劇なんです。“ほっときゃいつか死ぬのに、なんでこんなに急ぐのよ…”って。今回のメッセージには、希林さんのそんな想いが詰まったものでした」 学校が嫌なら別の場所に行けばいい。フラフラしていれば、生きる場所はそのうち見つかる。※女性セブン2015年9月17日号
2015.09.06 07:00
女性セブン
海外ドラマの人気声優・津田健次郎「女性の美しさは死ぬまで」
海外ドラマの人気声優・津田健次郎「女性の美しさは死ぬまで」
 海外ドラマの吹き替えなどで、低音で甘いボイスが人気の津田健次郎(44才)は、見た目も声も色気が有り余るまさにオトナの男。 1971年6月11日生まれ、O型、大阪府出身。明治大学在学中に演劇活動を開始。舞台、ドラマ、映画など幅広く活動中。1995年アニメ『H2』で声優デビュー。海外ドラマ『SUPERNATURAL』などに出演している。「ぼくはロリコンじゃないんで(笑い)。女性には年代ごとのそれ相当の美しさがあって、それは70代、80代、死ぬまで続くと思ってます。樹木希林さんとか、まとっている空気とか色気とか、もうめちゃくちゃかっこいいですよね」 声優ワールドに入るためには、顔形のマイク“ダミーヘッド”で収録されたCD専用ドラマがオススメだという。「本当に耳元で話しているような声に、ぞくぞくしてもらえるはず。そのあとは声優という新しい沼にズボズボハマってもらいたいですね」※女性セブン2015年7月2日号
2015.06.24 07:00
女性セブン
マドンナ・ガガ・美輪・樹木希林 夢に近づくための過去の発言
マドンナ・ガガ・美輪・樹木希林 夢に近づくための過去の発言
 新年は自身の目標や夢について改めて考える時期。有言実行で、夢を実現したいものである。有名人や著名人はどんな言葉によって力を得て、夢を叶えたのだろうか。◆マドンナ「自分で自分にプレッシャーをかけるの。他人のプレッシャーにはびくともしないわ」(『マドンナの真実』/ディスカヴァー・トゥエンティワンより)◆レディー・ガガ「高校の時、友達はみんな将来Googleで働きたいって言ってた。けど、私はそこで検索される人になりたいと思ってたの」(Googleのマリッサ・メイヤー氏とのトークショーより)◆美輪明宏「妄想しているだけならただの怠け者。浮かんだアイディアを書き留めて、面白く整理できれば妄想癖も才能になる」(2007/6/16放送『オーラの泉』より)◆樹木希林「井戸のポンプでも、動かしていればそのうち水が出てくるでしょう。同じように、面白くなくてもにっこり笑っていると、だんだん嬉しい感情が湧いてくるの」(2007年2月、乳がんの手術後のコメント)※女性セブン2015年1月8・15日号
2015.01.01 07:00
女性セブン
壇蜜「何があってもいいように」と遺影用写真をファイル保存
壇蜜「何があってもいいように」と遺影用写真をファイル保存
 老後の計画を立てるツールとして注目されている「エンディングノート」など、死後の準備「終活」をする人が増えている。自分にはまだ早いわ…と思うなかれ。芸能人の中には、自らの遺影を準備している人もいる。 葬祭専門学校に通った経験を持つ壇蜜(33才)もそのひとりだ。「いつ何があってもいいように、遺影にしてほしい写真はファイルにして持っています。有名な先生が撮ってくれたものとか、気に入っているグラビアとか…。かなりセクシーに全身を写したものもありますが、絶対に顔だけ切り取って遺影に使ってください!と強くお願いしています(笑い)。ちゃんとした写真がなくて遺影が証明写真になってしまうかたもいますが、残された人が見る最後の姿ですから、ちゃんとしたものを用意したいんです」(壇蜜) また、昨年、全身がんであることを告白した樹木希林(70才)は、娘婿の本木雅弘(48才)と死後のことを話し合い、遺影は映画『東京タワー』のときのものを使用すると決めている。 遺影は、人生の最後に示す“自分らしさ”。自分も周囲も納得できるものをあらかじめ選んでおきたいものだ。※女性セブン2014年1月23日号
2014.01.13 07:00
女性セブン
有働由美子 NHK若手に「あの人は芸能人だから」と称される
有働由美子 NHK若手に「あの人は芸能人だから」と称される
 日本テレビの鈴江奈々アナ(33)や石田エレーヌアナ(31)、テレビ朝日の武内絵美アナ(37)、フジテレビの西山喜久恵アナ(44)など、各局で出産アナたちが活躍する中、ゴーイングマイウェイなのが未婚の44歳、NHKの有働由美子アナである。 有働アナといえば先日、女性誌で「お泊まり愛」が報じられたばかり。しかしこの人、スキャンダルすらネタにするから凄い。『あさイチ』では、司会の井ノ原快彦(V6)に「妙に“男”って言葉に反応しますね」とイジられてニヤリ。ゲストとして出演した樹木希林も「有働さんも週刊誌で手をつないでいたでしょ」と突っ込んだ。 お堅いNHKでこんなやり取りを実現させてしまうのだから、有働アナのタレント性はもはや女子アナの域を超えている。しかし、彼女のこのテンションの高さ、若い女子アナたちからは評判が悪い。NHKの職員がいう。 「ある若手が“あの人、どうせ騒がれて喜んでるんでしょ”って冷ややかな目で見てました。別の女子アナは“あの人は私たちと違って芸能人ですから”ともいっていた。NHKのアナウンサーは、堅実というか、地に足のついた生き方をしている人が多いですからね。交友関係も、性格も華やかすぎる有働さんは、正直浮いているんです」  その点、若手から憧れの目で見られているのが、双子を含む3児の母であり、『連続クイズ ホールドオン!』など複数のレギュラー番組をこなす武内陶子アナ(48)である。 「3人の子供を育てながら仕事もバリバリこなして、フレンドリーな武内アナを“理想”と慕う女子社員は多いんです。『紅白』の総合司会、『スタジオパークからこんにちは』など、有働さんと経歴は重なっていますが、好対照の人生ですよね」(前出の職員)※週刊ポスト2013年12月20・27日号
2013.12.11 07:00
週刊ポスト
前田敦子らのクオカード
ソフトバンク 「白戸家」6年目で抜きん出るCM作りの発想
NTTドコモが、マスコットキャラクター「ドコモダケ」が人間になるというコンセプトの新テレビCMシリーズ「ドコモ田家」を開始したのは、今年1月。これがソフトバンクの「白戸家」のコンセプトにそっくりだと話題になったものだが、別バージョンでAKBが出演しているNTTドコモに対し、ソフトバンクは元AKBの前田敦子を起用。“対抗”したのでは? とこちらも注目を集めた。 一方KDDIは剛力彩芽がCMキャラクターを務めている。CMのなかではアニメ「巨人の星」の主人公・星飛雄馬との結婚話が飛び出たり、大奥ドラマの撮影現場になったりと、さまざまな共演者とのCMを展開してきたが、新CMではセーラー服姿の森三中が登場し、剛力とともに「学割」を訴えている。 いずれも「学割」「家族」を訴求したいための構成だが、CMづくりに定評があるのはソフトバンク。白い犬が「お父さん」という設定の「白戸家」CMは、2007年6月からスタートして以来ユニークな設定と内容で人気を博し続け、今年になってからは、出演者に前田のほか樹木希林、ゴールデンボンバーも加わった。なかでもネット上で大きな話題となったのは、前田敦子の「フライングゲット」だ。 前田敦子のモノ真似芸人として大ブレイクしたキンタロー。の「フライングゲット」を、前田がCM中で取り入れたことにより、「公認」されたとして、前田の評価がアップ。しかもその場がテレビ番組ではなく、「一企業のCM」のなかで行われたことだったため、大きな反響をよんだのだ。 また、樹木希林やゴールデンボンバーにも制服を着せてしまうというソフトバンクのCMは、他社と比較すると、やはり発想にインパクトがある。お父さん犬はすっかり定着し、いまや契約時にもらえる「お父さんグッズ」も人気で、ネット上にはユーザーが独自にまとめたページも多数存在するほど。 自転車や扇風機など、こちらもユニークなプレゼントを企画してきた同社だが、この春、オンラインショップではオリジナルキャンペーンを用意。「Springキャンペーン vol.2」では、新規・MNP・機種変更のユーザー全員を対象に、CMに出演しているタレントのクオカードとして、上戸彩らの「白戸家」編と前田・ゴールデンボンバーらの「学割ゲスト」編の2種類がもらえるほか、新規・MNPを対象に「お父さんグラス」がもらえる。さらに学割加入する場合、「学生・家族トク得プレゼントvol.3」としてアマゾンギフト券最大9,000円がもらえるなどお得感を出す。これまでにも割引はもとより、グッズキャンペーンを得意としてきた同社だが、「タレントもの」のプレゼントはあまりなかっただけに、クオカードはかなり貴重といえそうだ。
2013.04.23 16:00
NEWSポストセブン
がん患って依願退職・解雇 34.7%が離職せざるを得ぬ状況に
がん患って依願退職・解雇 34.7%が離職せざるを得ぬ状況に
 がんは日本人の「国民病」ともいわれ、男性の54%、女性の41%が罹るといわれる。いつあなたやあなたの家族が冒されてもおかしくない病だが、がんが脅かすのは、私たちの命だけにとどまらない。 検診で肺がんが見つかった40代の男性会社員・Aさん。幸いにも、がんがあまり進行していない「ステージ1」の段階で発見することができ、そのことを会社の人事や上司に相談すると、「会社を休め」と指示された。営業職のAさんは会社の配慮に感謝しつつ、休職して治療に専念した。 それから3か月後、がんが癒えたAさんは仕事に復帰。ところが会社にはもう、Aさんの席はなかった。Aさんは就業規則に定めてある2週間の休職期間を過ぎても出社しなかったとして会社から「解雇」されていたのである――。「私は全身がんなので、来年の仕事はお約束できない」 女優・樹木希林(70)のがん告白が大きな波紋を呼んだのは記憶に新しいが、「がん闘病と仕事の両立」という問題は、今や私たちにとって極めて深刻な事態となっているのだ。 厚生労働省研究班の調査によると、がんを患った勤労者のうち、それまで働いていた職場を「依願退職した」という人が30.5%、「解雇された」という人が4.2%。両者を合わせると34.7%、つまり3分の1以上の人が、がんを発病したために離職せざるを得なくなっていることになる。 また、ソニー生命が2011年に実施した調査では、がんを患った人の42.0%が、発病後、「収入が減少した」とも回答している。「日本企業の多くが業績を回復できていない現況をみると、がん患者をめぐる雇用の実態は、さらに悪化していると予想されます」(社会保険労務士) 今やがん患者の「5年生存率」は5割を超え、長期入院をせずとも通院によって治療可能なケースも増えている。こうした医学の進歩で、仕事をしながらがん治療をしようと考えたり、がんが治ってから仕事に戻ろうとする人は多いだろう。しかし、現実は“職がない”という事態に陥りかねない厳しいものなのだ。 がんになったうえに、もし仕事をも失うことになれば、精神的にも経済的にも追い込まれることは間違いない。 iPS細胞の応用など、「がん特効薬」開発の研究が注目を浴びているが、多くのがん患者にとっては、治療代や日々の生活を支える職を失う「がん失業」が、切実な問題となっているのである。※週刊ポスト2013年4月5日号
2013.03.30 07:00
週刊ポスト
全身がん告白の樹木希林 遺影も準備し葬儀参列者も指定ずみ
全身がん告白の樹木希林 遺影も準備し葬儀参列者も指定ずみ
 3月8日、第36回日本アカデミー賞授賞式で最優秀主演女優賞に輝いた樹木希林(70才)。そのスピーチで、「私は全身がんですから」と衝撃告白した。 現在、樹木は3か月に1回程度、鹿児島にある『UASオンコロジーセンター』の植松稔医師を訪ねている。手術も抗がん剤治療もせず、適宜ピンポイント放射線治療を行っているという。「人はがんに向き合って自分を知るということじゃないかと思うんです。(がんが)治ることのためのがんじゃない」 本誌のインタビューにそう語っていた樹木。彼女の場合、自分を知ることになった結果、夫婦関係を見直すことにもなったし、自分の体を知るきっかけともなった。 樹木と親しい、ある映画関係者がこう話す。「樹木さんは死ぬときに“納得がいかない”と思いたくないから、今を大事に生きるようにもなったし、周囲も自分と真剣に向き合ってくれるようになったと嬉しそうに話していたことがありました。樹木さんに言わせると、がんはありがたい病気で面白いんだそうです。いろんなよじれが見えてきて、人生が変わる。そういった意味で“賜りもの”なんだって」 そんな樹木が死の支度を託しているのが、娘婿の本木雅弘(47才)だ。2001年に都内に構えた二世帯住宅の1階部分に樹木が、2階部分に本木一家が住んでいる。1、2階はエレベーターのみでつながれており、互いの空間を大切にした構造となっている。 つい最近、ある番組で、樹木は命の始末について、本木とこんなやりとりがあったと明かした。本木:「樹木さんはどういうふうに死にたいですか? 家ですか? 病院ですか?」樹木:「できれば家で死なせてもらいたい」本木:「わかりました」 前出の映画関係者によれば、樹木は本木に、亡くなった後のこともひと通り話してあるそうだ。 いくつか具体的にあげると、●遺影はもう準備ずみ。映画『東京タワー』の時のものを使う。●現在、家の中もきれいにしているくらいなので、棺の中にはなるだけ物を入れないでほしい。●葬儀に来てほしい人も指定したい。●死んだ後は、あんまり思い出してくれなくていい。自分のことは放っておいてくれていい。 など。遺書を書き、6畳分ほどあった本も処分するなど死への準備をしていく生活の中で、本木が「それにしても樹木さんは死なないですね」と言ったことがあった。樹木は「大丈夫よ、そのうち死ぬから」と笑って答えたという。※女性セブン2013年3月28日号
2013.03.16 07:00
女性セブン

トピックス

町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
宮澤エマ(公式HPより)
『鎌倉殿の13人』、事件のカギともなる“乳母力”を時代劇研究家が解説
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン