小沢健二一覧

【小沢健二】に関するニュースを集めたページです。

DAIGOとジョン・レノンなど 有名人「驚きの親戚関係」あれこれ
DAIGOとジョン・レノンなど 有名人「驚きの親戚関係」あれこれ
 ドラマで夫婦役を演じる女優と俳優。バラエティー番組でひな壇に座るタレント同士が、実は“遠い親戚さん”かもしれない──2月末に放送されたバラエティー番組『はじめまして!一番遠い親戚さん』(日本テレビ系)で…
2021.03.21 19:00
女性セブン
予算や用途に応じて使い分けする人も多い音楽聴き放題サービス
音楽サブスクの魅力 SpotifyとAWA、使いやすいのはどっち?
 音楽サブスクリプション(定額聴き放題サービス)が人気だ。総利用者数は有料無料合わせて1980万人(有料のみだと1010万人)と右肩上がりで増えている(2019年/ICT総研調べ)。「Prime Music(Amazon)」や「App…
2019.06.29 07:00
NEWSポストセブン
朝ドラ美少女・古畑星夏とドキドキ妄想フェスグラビア
朝ドラ美少女・古畑星夏とドキドキ妄想フェスグラビア
 NHK『半分、青い。』に出演中、伊藤清(さや)役を好演した注目女優・古畑星夏が、7月9日(月)発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」32号の巻頭グラビアに登場。同誌では、小沢健二が20年ぶりに雑誌表紙を飾る…
2018.07.09 16:00
NEWSポストセブン
舞台降板の満島ひかり 「注意できる人がいない」
舞台降板の満島ひかり 「注意できる人がいない」
 6月2日、満島ひかり(32才)が11月に開幕予定の舞台『ロミオとジュリエット』から降板すると報じられた。「いいものを作るために、妥協しない。その上かなりハッキリと意見を言う。最近は小沢健二さん(50才)の…
2018.06.09 07:00
女性セブン
テラハで毒舌吐く山里亮太 不遇仲間だった若林正恭とも乖離
テラハで毒舌吐く山里亮太 不遇仲間だった若林正恭とも乖離
 非モテ・非リア充であることは、一般的には敬遠される属性だが、芸人の面白さとしてはプラスに働く。そのジャンルで頂点に立ってきた南海キャンディーズの山里亮太とオードリーの若林正恭は、それぞれ恋愛をテー…
2018.01.21 16:00
NEWSポストセブン
【著者に訊け】樋口毅宏新作『ドルフィン・ソングを救え!』
【著者に訊け】樋口毅宏新作『ドルフィン・ソングを救え!』
【著者に訊け】樋口毅宏氏『ドルフィン・ソングを救え!』/マガジンハウス/1300円+税〈愛があればオマージュ。なければただのパクリ〉『民宿雪国』や『テロルのすべて』、『タモリ論』等々、樋口毅宏氏(44)の…
2015.12.17 16:00
週刊ポスト
復活のウルフルズ トータス松本だけじゃない新たな魅力が多数
復活のウルフルズ トータス松本だけじゃない新たな魅力が多数
“らしさ”全開の新曲『どうでもよすぎ』を引っさげて、約4年半振りに活動を再開したロックバンド・ウルフルズ。ファンにとっては万々歳だが、一方で、シャ乱Q、プリンセスプリンセス、LUNA SEAなどなど、解散・休止…
2014.04.02 07:00
NEWSポストセブン
2013年重大ニュース【芸能】中野美奈子、加藤茶、前髪クネ男
2013年重大ニュース【芸能】中野美奈子、加藤茶、前髪クネ男
 2013年も『NEWSポストセブン』では多くの記事を紹介し続けてきた。その中から編集部が、ネットでの反響の大きかった記事を中心に、ジャンル別に2013年の「重大ニュース」を厳選。ここでは【芸能】編ベスト10を紹…
2013.12.22 16:00
NEWSポストセブン
タモリの凄さ 小沢健二が『いいとも!』出演時の一言にあり
タモリの凄さ 小沢健二が『いいとも!』出演時の一言にあり
『さらば雑司ヶ谷』や『民宿雪国』などの小説で知られる作家・樋口毅宏氏が書いた『タモリ論』(新潮新書)が話題だ。発売1週間で6万部を超えるベストセラーとなっている。 樋口氏は本書でタモリを<絶望大王>と…
2013.07.31 07:00
週刊ポスト
韓国の化粧法「オルチャンメイク」 涙袋強調が女子に人気
韓国の化粧法「オルチャンメイク」 涙袋強調が女子に人気
円高で、韓国に行く女性が後をたたないという。グルメや観光も人気だが、韓国コスメの人気は依然として高い。最近は、KARAや少女時代といったK-POPアイドルのような化粧を真似する女性も新大久保を中心に出現したそ…
2012.01.02 07:00
NEWSポストセブン

トピックス

二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン