城島茂一覧/5ページ

【城島茂】に関するニュースを集めたページです。

SUUMO調べ、DIYを一緒にやりたい芸能人、1位は技術・センスともにピカイチのあのパパタレント
SUUMO調べ、DIYを一緒にやりたい芸能人、1位は技術・センスともにピカイチのあのパパタレント
(株)リクルート住まいカンパニー(東京都千代田区)が運営する不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』は、住まいや暮らしに関する様々なテーマについてアンケート調査を実施し、調査結果を「SUUMOなんでもランキング」として紹介している。最近、流行りのDIY。テレビでは独身女性タレントやパパタレントが、DIYで部屋をオシャレに変身させていたりもする。そこで今回は、一緒にDIYをしてくれるお父さん、この芸能人だったらうれしい!と思う人は?をテーマに行った調査結果のランキング。【調査概要】●実施時期:2016年4月6日~4月7日●調査対象者:全国の20~59歳までの男性208名・女性208名●調査方法:インターネット●有効回答数:416【調査結果】Q.一緒にDIYをしてくれるお父さん、この芸能人だったらうれしい!と思う人は?1位:ヒロミ 19.2%2位:所ジョージ 17.1%3位:山口達也(TOKIO)13.7%4位:山口智充 7.2%5位:城島茂(TOKIO)6.0%6位:佐々木健介 4.8%7位:長瀬智也(TOKIO)4.3%8位:木梨憲武(とんねるず)3.8%9位:松岡昌宏(TOKIO)3.6%10位:つるの剛士 2.9%第1位はヒロミ。「テレビでリフォームをやっているから。なんでも作れそう」「細かい所まで丁寧に器用にやっているのをテレビで見たので」など、やはりテレビの印象が強いみたい。しかも、「すごく丁寧でオシャレで上手」なのが理由のよう。2位は所ジョージ。1位のヒロミが技術、センスに長けているのに比べ、所ジョージは「ひょうきんな性格で一緒に楽しく作れそう」「頭ごなしに怒ったりしないで、色々なことを一緒に楽しんでくれそう」など、一緒に作る過程が楽しめそうだという意見が多い。3位は山口達也(TOKIO)。TOKIOのメンバーは10位までに4人もランクイン。TOKIOはやはり、DASH村での奮闘が影響しているようだ。特に山口達也には宮大工のスキルを求めるコメントが多く見られた。一方、5位の城島茂は「優しく教えてくれそう」「優しそうだし必死になって頑張ってくれそう」など、人柄で選ばれているようで、メンバーによってキャラの違いが出ていて面白い結果に。また、4位の山口智充、6位の佐々木健介、10位のつるの剛士は、「マイホームパパのイメージがある」という理由から選ばれているようだ。もうすぐ父の日。家族で一緒に笑いながら、楽しくDIYをするのもお父さんへの最高のプレゼントかも。今週末は、家族でホームセンターへ遊びに行くのもいいかもしれない。【主な回答】●ヒロミ:センスが良いので、安心してまかせられる。(50歳・女性)●ヒロミ:テレビで芸能人の部屋のリフォーム風景を見た時、細かなところも抜かりなくやっていてすごいと思ったから。(20歳・女性)●所ジョージ:遊び心があるDIYになって楽しそう。(37歳・男性)●山口達也(TOKIO):宮大工を習っているので、頑丈なものを作ってくれそう。(40歳・女性)●山口智充:合間にギャグをかましてくれるから退屈しなさそう。(41歳・男性)●城島茂(TOKIO):TOKIOのメンバーなら誰でもできそうだが、特に人柄が良さそうな人だから。(29歳・男性)●佐々木健介:優しそうで体格がいいので、大きい家具や重い家具も作ってくれそう。(37歳・女性)●長瀬智也(TOKIO):DASH村で慣れてそうだし、カッコいいお父さんになりそう。(50歳・女性)●木梨憲武(とんねるず):アーティストなので素敵な部屋になりそう。(32歳・女性)●松岡昌宏(TOKIO):アニキならかっこよくてきぱきとやってくれそう。(36歳・男性)●つるの剛士:優しそうだし、子どもの意見もまじめに聞いてくれそう。(46歳・男性)「SUUMOなんでもランキング」コーナー:住まいに関する様々なテーマについてアンケートを実施し、結果をまとめた記事を隔週で発表。
2016.06.08 11:03
SUUMOジャーナル
イケメンを投入する『みんなのニュース』(公式HPより)
報道・情報番組が「ビジュアル」強化 フジは日テレを意識か
 一昔前は、ニュース番組や情報番組にタレントが起用されるというのは考えられなかったが、今ではそれが一般化しつつある。しかも、ルックス抜群の人気女優やイケメン俳優たちが続々と登用されているのだ。この4月の改変期、報道・情報番組で顕著だった「ビジュアル強化」の動きについてテレビ解説者の木村隆志さんが指摘する。 * * * 春の改編期はテレビ業界にとって最大の節目であり、新番組や既存番組のリニューアルが多く見られる時期。今年は報道・情報番組にイケメンや美女が大量起用されるなど、ビジュアルを意識したキャスティングが目立ちます。 特に驚かされたのが、夕方放送の『みんなのニュース』(フジテレビ系)が日替わりコメンテーターとしてイケメン若手俳優を起用すること。月曜の鈴木勝大さんは戦隊シリーズ出身、火曜の渡部秀さん、水曜の白石隼也さん、金曜の永瀬匡さんは仮面ライダーシリーズ出身、木曜の中尾明慶さんは学園ドラマ出身のパパ俳優であり、「主婦ウケ」狙いは明確です。裏番組の『news every.』(日本テレビ系)がアイドルグループ・NEWSの小山慶一郎さんを起用して成功したことも起用理由のひとつでしょう。 深夜の新報道番組『ユアタイム~あなたの時間~』(フジテレビ系)のMCにハーフモデル・市川紗椰さんを起用したこともビジュアルを意識したキャスティング。また、同番組を経歴詐称騒動で降板したショーンKさんも、ビジュアルが起用理由の1つと言われていました。こちらもアイドルグループ・嵐の櫻井翔さん、女優の桐谷美玲さんと板谷由夏さんが出演する裏番組の『NEWS ZERO』(日本テレビ系)を強烈に意識しているのは間違いありません。ちなみに同番組もこの春から元ミス東大で元NHKアナウンサーの小正裕佳子さんを起用し、さらなるビジュアル強化を図っています。 その他の報道・情報番組での注目ポイントは、現役女性大生を起用した朝番組の新お天気キャスター。『めざましテレビ』(フジテレビ系)は早稲田大1年の阿部華也子さん、『ZIP!』(日本テレビ系)は立教大4年の長沢裕さん、『NEWS ZERO』は立教大2年の良原安美さんと青山学院大2年の井上清華さんの就任をそれぞれ発表しました。“現役女性大生”という着眼点が同じなのは、番組に多くの美女タレントや女子アナが出演する中で、「彼女たちよりも、初々しさと親近感のあるビジュアルを投入しよう」ということでしょう。「美女タレントや女子アナよりも、初々しさと親近感のあるビジュアル」という意味では、『スッキリ!!』(日本テレビ系)の新MCに就任したハリセンボン・近藤春菜さんも該当します。元non-noモデルである岩本乃蒼アナなど、もともと美女の多い番組でしたが、この春から新コメンテーターに本上まなみさんや久保純子さんなどの聡明な美女タレントを起用して、さらにビジュアル強化。そこに初々しさと親近感を感じる春菜さんを投入することで、いいコントラストが生まれています。 また、『めざましテレビ』の木曜レギュラーにHey!Say!JUMP・伊野尾慧さんが選ばれたのも、ビジュアル化を象徴するトピック。これまで、『ZIP!』のTOKIO・山口達也さん、『あさイチ』(NHK)のV6・井ノ原快彦さん、『ビビット』(TBS系)の国分太一さんとNEWS・加藤シゲアキさん、『週刊ニュースリーダー』(テレビ朝日系)のTOKIO・城島茂さん、『シューイチ』(日本テレビ系)のKAT-TUN・中丸雄一さん、『サタデープラス』(TBS系)の関ジャニ∞・丸山隆平さんと、朝の報道・情報番組だけでも多くのジャニーズ所属アイドルが起用されてきましたが、まだ25才と若い伊野尾さんが選ばれたのは、ビジュアル優先の流れを受けていると思われます。 こうして全体を見てみると、「日本テレビのビジュアル化は徹底していて、その流れをフジテレビが追いかけている」という図式に気づきます。ライト層も含め、多くの人々に見てもらうためにビジュアルの美しさは大切ですが、重視しすぎると「肝心の中身で勝負できない」と認めているようなもの。知識や視点で専門家に劣る美形タレントが感想のような薄いコメントをすると、せっかくのニュースや情報が台なしになってしまいます。 それだけにビジュアル化のポイントは、「美形タレントが猛勉強で一定レベルのコメント力を身につけられるか」どうか。「私は専門家ではないから」という逃げ腰のスタンスではなく、プライドを持って臨んでいることが伝われば受け入れられると思います。 もともと美形タレントは、性格の良さ、庶民的な感覚、挫折や苦労などを感じさせなければ親近感を抱かれにくく、視聴者との距離を縮めることは難しいもの。各番組とも単にビジュアル化を進めるのではなく、男性なら羽鳥慎一さんやDAIGOさん、女性なら宇賀なつみアナや山崎夕貴アナのように「ビジュアルの良さと親近感をどう両立させていくか」が成否の鍵を握っている気がします。【木村隆志】コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』などに出演。さらに、タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。
2016.04.04 07:00
NEWSポストセブン
元モー娘。保田圭に テレビ局関係者が「何か持っている」評
元モー娘。保田圭に テレビ局関係者が「何か持っている」評
「何かを持っている」芸能人というのは、存在するのだろうか。8月30日、31日に放送された『24時間テレビ37 愛は地球を救う』(日本テレビ系)の番組全体の平均視聴率は17.3%という歴代6位を記録。瞬間最高視聴率は31日の午後8時50分、チャリティーマラソンランナーであるTOKIO城島茂がゴールした直後の41.9%だった。 会場の日本武道館が感動に包まれているとき、インタビューを受ける城島の後ろに映り込んでいたのが、太川陽介と保田圭の2人だった。テレビ局関係者が話す。「やっぱり、2人は何か持っているんでしょう。保田は『笑っていいとも!』(フジテレビ系)終了発表時にも画面に映っていた。太川はその翌日に『テレフォンショッキング』のゲストに呼ばれていた。 正直、保田はテレビ番組表に名前を打てるほどの引きはない。でも、こうやって注目される場面に何度も出てくると、『何か持っている』と思われるんですよ。これは、芸能人にとってすごく大事なこと。テレビマンは、必要以上に運を気にしますから。たとえば、ひな壇や元モー娘。で誰を呼ぼうかと迷ったとき、『保田圭は持ってる』とプロデューサーが思えば、その運に頼ろうと考える人もなかにはいるんです」 モーニング娘。のなかでは、どちらかと言えば目立たないポジションだった保田が、いまだに芸能界で生き残っている理由は何か。芸能記者はこう分析する。「トップアイドルグループで人気ナンバーワンを何年も続けていると、必ず休養したくなる時期が来る。背負っている重荷が必然的に違い、プレッシャーも半端じゃない。反動で、あまり表舞台に出たいと思わなくなるのです。 また、変に“格”が出来上がってしまうから、解散や卒業した後、過去を振り返るような企画やひな壇の扱いでは呼びづらくなるし、事務所サイドも出させなくなる。それに、全盛期が素晴らしければ素晴らしいほど、年齢を重ねた時に当時とのギャップが大きくなってしまう。 失礼ながら、保田はどれにも当てはまらない。ワン・オブ・ゼムでしかなかったグループ時代とは違い、ソロとしてテレビ出演すると、場合によっては一手に注目を受ける。グループ在籍時にはなかった快感を味わえる時もある。 思えば、太川もアイドル時代に大ブレイクとまではいかなかった。それでも、地道に活動を続けてきたことが、今のブレイクにつながっているのではないでしょうか」“あの人”が去ったことも、保田に光が差した原因ではないか、という意見もある。前出・テレビ局関係者が語る。「ワイプ芸に定評のある矢口真里が“健在”であれば、『24時間テレビ』のエンディングでも、矢口が映っていたかもしれません。保田はあの立ち位置にはいなかったと思います。実際、今までなら矢口がいたポジションに、同じ事務所所属の保田がいることもある。そういう意味でも、やっぱり何か持っていると思います」 モー娘。時代から休止期間もなく、地道に活動を続けてきた保田に今、スポットライトが当たろうとしているのかもしれない。
2014.09.15 16:00
NEWSポストセブン
「DASH村の父」 一生懸命なTOKIOに農業教えることを楽しんだ
「DASH村の父」 一生懸命なTOKIOに農業教えることを楽しんだ
 ときおり肩を震わせながら、TOKIOのリーダー・城島茂(43才)は、棺の中で安らかに眠る“DASH村の父”の顔を覗き込み、別れの言葉をかけながら大粒の涙を流していた。 6月9日、『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)の人気コーナー『DASH村』で、“農業の達人”としてTOKIOの指導役を務め、6日朝に急性骨髄性白血病のため亡くなった三瓶明雄さん(享年84)の通夜が福島市内の斎場で、しめやかに執り行われた。 200人ほどが集まった広い会場の祭壇には、山のようにかたどられた青々とした木々と、たくさんの白い花やひまわりに囲まれ、トレードマークの白い手ぬぐいを頭に巻き、青空をバックににっこりと笑顔を浮かべる三瓶さんの遺影が飾られていた。 会場へと続く通路には、何十枚もの写真が並べられ、そのほとんどが、三瓶さんの人生ともいうべき、農作業に勤しんでいる姿だった。 喪服姿でその会場に現れた城島は、14年に及ぶ三瓶さんとの交流を、ひとつひとつ思い出すように語りかけていたのだろう。 三瓶さんの知人が、こう振り返る。「『DASH村』に出演するようになった直後に、三瓶さんは奥さんを亡くしました。大事な人を失い、子供たちも独立していたため、ひとりになってしまった。三瓶さんは憔悴しきっていました。でも、『DASH村』にかかわっていたおかげで“大変な時期だったけど、村に新しい生きる目的を見つけられた”“一生懸命な彼らに教えるのが、すごく楽しい”なんて嬉しそうに話していました」 70才を超えてから見つけた、新たな生きがいだった。 そんな三瓶さんだが、仕事に対する厳しさも持ち合わせていた。口癖だった「まだまだ」という言葉。これは「満足したら、それ以上向上しない」という思いからで、どんなにいい仕事ができたと思っても「まだまだ」と言うようにしていたという。 その思いは、TOKIOのメンバーにも伝わり、彼らは多忙のなか、車で往復8時間の道のりを10年以上通い続けた。そんな5人に対し、三瓶さんはこんなことを語っていた。「最初はみんな小さな虫を怖がっていたほどだったけど、一生懸命勉強して、今ではとても頼もしい存在になったね。息子に教えている感じだよ」“5人の息子たち”も三瓶さんを「明雄さん」と呼び、父親のように慕った。彼らはコンサートに三瓶さんを招待、三瓶さんも自宅の自分の部屋には、TOKIOのポスターを飾っていたという。※女性セブン2014年6月26日号
2014.06.12 07:00
女性セブン
日本に5、6人しかいない技術をもつ美容院にはネコが3匹いる
日本に5、6人しかいない技術をもつ美容院にはネコが3匹いる
 阪急神戸本線武庫之荘駅から徒歩5分、大井戸公園を臨む住宅街にあるこのサロンは、3匹の看板猫、ルチル(白の三毛猫)、チロル(黒)、モナカ(茶の三毛猫)が出迎えてくれる猫好きにはたまらないサロン。3匹はカット中のお客さんの膝の上で抱かれたり、お気にいりのワゴンの中にはいったりと愛嬌たっぷり! もちろん、魅力は猫ちゃんだけではありません。2才から90代のおばあちゃんまで、実に幅広いリピーター客を持つ地域で愛される人気店。わざわざ他府県から通って来るファンがいるのも、オーナーである樫本さん夫妻のあたたかな雰囲気と確かな技術によるところが大きい。 ここは現在、日本でも5、6人しかいないという「フレンチカットグラン」というヘアカット技術のゴールドライセンスを持つサロン! この技術はデビューイベントの開催から約6年、新しい理論による世界初のカット技術で、髪の量、太さや硬さ、くせなどの髪質に関係なく、あらゆる髪の悩みをパーマやトリートメントに頼らずカットだけで解決できるという優れ技なのだとか! 樫本雅弘さんはこう解説する。「毛先部分だけをカットする従来のカット法に対し、長さは変えずに根元から毛量を一定に整えていくというカット技術なんです。その結果、クセも取れ、指通りもよくなるし、おさまりもよくなる、もちもいいといういろんなおまけがついてくるんですよ」 一度体験したお客さんからは“髪の触り心地がよくなった!”“まとまりやすくなった”“ツヤが出た!”など感動の声が続々と。「一度試して頭を触ってみたら、違いが実感できます。これまでできなかったロングヘアにしてみたりするなど、いろんなスタイルに挑戦できる可能性が広がります」   ちなみに、オーナーの樫本雅弘さんはTOKIOの城島茂似と評判!※美容室Diafull(ディアフル)住所:兵庫県尼崎市南武庫之荘1-16-11松崎マンション1F ※女性セブン2012年9月6日号
2012.08.28 16:02
女性セブン

トピックス

町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
宮澤エマ(公式HPより)
『鎌倉殿の13人』、事件のカギともなる“乳母力”を時代劇研究家が解説
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン